おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

YiFang ペンタブレット 極薄は正確性とコスパを両立!

   

ペンタブレット 2048レベル筆圧 10" x 6" 作業領域 極薄 プロフェッショナル ペンタブ 5080LPI 230RPS マンガ イラスト制作用 デザイン Windows/Mac対応

ペンタブレットは、デジタルのイラストを製作しやすいというメリットがありますが、線のズレが生じやすいというデメリットもあります。

高額な機種になれば、線のズレが生じづらいものもありますが、あまりお金をかけたくない方は気軽に購入できないでしょう。

そこで、おすすめしたいのが『YiFang ペンタブレット 極薄』です。

このペンタブレットは低価格なのに線のズレが生じづらくなっているので詳しく紹介します。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

YiFang ペンタブレット 極薄の特徴

ペンタブレット 2048レベル筆圧 10" x 6" 作業領域 極薄 プロフェッショナル ペンタブ 5080LPI 230RPS マンガ イラスト制作用 デザイン Windows/Mac対応

本製品は、デジタルのイラストを製作しやすいポイントが4つあって、それが、230PPS・2048レベル・作業領域・ショートカットです。

このペンタブレットの正確性が優れているのは230PPSが関係していますが、その他にも魅力的なポイントがいくつもあるのです。

そこで、本製品を詳しく知りたい方のために、この4つのポイントについて紹介するので見ていきましょう。

230PPS

ペンタブレットで、デジタルのイラストを製作するためには、専用ペンをペンタブレット本体に接する必要があります。

そして専用ペンがペンタブレット本体に接したら、センサー信号が送受信を繰り返す事になって、この時の送受信の回数が多くなれば、位置を正確に検出できるのです。

これを『読取速度』と言われていて、PPSという単位で表されます。

本製品は230PPSもあるので、線のズレが生じづらくなっているのです。

そのため、できるだけ正確にイラストを製作したい方には、本製品はおすすめです。

2048レベル

ペンタブレットを選ぶ際には、正確性だけではなく、線や色の太さをコントロールできる『筆圧感度』を重視しなければいけません。

なぜなら筆圧感度が優れていなければ、専用ペンに力を入れても線や色が太くならなくて、専用ペンに力をあまり入れなくても線や色が細くならないからです。

そこで本製品は、筆圧感度を2048レベルにする事によって、極細から極太までコントロールしやすくなりました。

そのため、表現力が豊かなイラストを製作したい方には魅力的なポイントです。

作業領域

ペンタブレットを利用する際には『作業領域』も重要で、この領域が狭くなっていたら、勢いのある線を引く事ができません。

なぜなら手首だけで線を引こうとしたら、あまり勢いを付けられないからです。

しかし肘を使って、線を引こうとしたら、作業領域が狭くなっていたら、正確な線を引くのが難しくなります。

そこで本製品は、デジタルのイラストを製作しやすいように作られていて、作業領域が『10×6インチ』も誇っているのです。

ショートカット

デジタルのイラストを製作する際には、線を引いたり、色を塗ったりしなければいけません。

その他にもイラストを拡大したり縮小したりするので、作業方法をいくつも切り替える必要があります。

しかし作業方法を切り替えるためにマウスを使用していたら、手間暇をかけてしまうので、注意しなければいけません。

ところが、本製品は『ショートカット』機能を搭載しているので、数多くの作業をワンタッチで切り替える事ができるのです。

そのため、本製品を利用すれば、イラストを効率よく作業できます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

本製品を利用したイラスト製作

本製品の魅力を紹介してきましたが、今までペンタブレットを利用した事がない方は、どのようにしてイラストを製作すれば良いのか分からないでしょう。

そこで本製品を利用して、イラストを製作する方法をいくつか紹介するので、確認してみて下さい。

入りと抜き

漫画を描いている方たちであれば、多くの方は『入り』と『抜き』を知っているかもしれませんが、イラストしか描いた事がない方はあまり聞いた事がないかもしれません。

この入りと抜きは、ペンを細く書き始めて、途中の線は太くなりますが、最後のところではペンを払って線を再び細くする描き方です。

このような描き方は、輪郭線に強弱を付ける時には重要な技法です。

この技法を行うためには、本製品の専用ペンで力を強めたり弱めたりして、実現できます。

ソフトを併用

本製品は様々なソフトを利用する事ができて、PhotoshopやIllustratorなどを併用できます。

このようなソフトを使用したら『レイヤー機能』を利用する事ができるので、透明・半透明・不透明などを簡単にコントロールできるのです。

その方法は簡単で、イラストを製作しながら、新規レイヤーを作成していき、複数のレイヤーを作り上げます。

1番上のレイヤーには服を描いて、2番目のレイヤーには下着を描いて、3番目のレイヤーに肌を描いたら、透明・半透明・不透明によるキャラクターを製作できるのです。

実は、レイヤーには不透明度をコントロールできるので、服のレイヤーの不透明度を70%ぐらいにして、下着のレイヤーは90%ぐらいにして、肌のレイヤーを100%にすれば、効率よく透明感をコントロールできるので試してみて下さい(不透明度の数値はあなたの好みで変えて下さい)。

商品情報の詳細

本製品の特徴や使用方法などを理解してもらえたところで、次に商品情報も紹介するので、このペンタブレットを購入したくなってきた方は確認してみて下さい。

対応可能なシステム

本製品とパソコンを併用するためには、このペンタブレットに対応可能なOSがパソコンにインストールされている必要があります。

そして本製品に対応可能なOSは、Windowsは7・8・10・XP・Vistaで、MacはOS 10.6以上です。

そのため、このOSがパソコンにインストールされていなければ、メモリの空き容量を確保した上で、パソコンにOSをインストールして下さい。

ただし、あなたが使用しているパソコンに、このOSがインストールできない場合もあるので、念のために家電量販店の店員さんにOSをインストールできるのか聞いたほうが良いです。

リーズナブルな価格

ペンタブレットは、マウスよりもデジタルのイラストを製作しやすい事もあって、高額な機種が多いです。

しかし本製品は優れた正確性を誇っているペンタブレットなのに、Amazonでは送料無料で、税込価格6,588円で販売されています(2018年2月23日時点)。

そのため、コスパの高いペンタブレットを探している方にも、本製品はおすすめです。

商品情報の内容

本製品は正確性が優れているのに、低価格になっていますが、実際に利用している方たちが満足しているのか、知りたい方は多いでしょう。

実際に本製品を利用している方たちの多くは、本製品について満足しているのです。

その中には、コンパクトなサイズになっている所を気に入っている方がいました。

本製品は、作業領域は広めになっていますが、全体的のサイズは358×210×10mmになっています。

そのため、自宅だけではなく、旅行先にも持っていきたい場合でも、本製品であれば簡単に持ち運べます。

さらに本製品に映し出されるイラストが見やすい所を気に入っている方もいたのです。

そして本製品はブラックカラーになっていて、シックで落ち着いたデザインになっている所を気に入っている方もいました。

まとめ

ペンタブレットは、デジタルのイラストを製作しやすくなっていますが、線のズレが生じてしまえば、何回もイラストを描き直す必要があります。

そのような事になれば、集中力も低下するので、注意しなければいけません。

ところが、本製品は低価格なのに正確性が優れているので、そのような事態を避ける事ができます。

そのため、集中力をできるだけ低下しないで、イラストを製作したい方は、本製品はおすすめです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)