おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

YiFang 5080LPI ペンタブは高品質でも低価格?

   

デジタルのイラストを容易に製作できるペンタブは、高品質になっている機種の場合では値段が高くなっているケースが多いです。

そのため、値段が安くなっているペンタブは、あまり品質がよくない機種が多くなっています。

所が、数多くあるペンタブの中には『YiFang 5080LPI ペンタブ』のように、低価格でも高品質な機種もあるので、その魅力に迫ってみましょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

YiFang 5080LPI ペンタブの魅力

本製品には、魅力的なポイントが4つあって、それが、筆圧レベル・ショートカットキー・レポートレード・作業領域です。

そこで、コストパフォーマンスの高いペンタブを探している方のために、この4つのポイントについて紹介するので、確認してみて下さい。

筆圧レベル

本製品の『筆圧』は2048レベルもあって、イメージ通りの線画を製作しやすくなっています。

なぜなら、筆圧レベルが高ければ、専用ペンにかける力加減によって、線や色の太さを変えやすくなっているからです。

そのため、本製品を利用すれば、極細から極太まで描き分ける事が可能です。

そのように優れた筆圧機能を活用したら、眉毛もひと塗りで描き終える事ができます。

そのため、イラストの製作時間を短縮させたい方には、本製品はおすすめです。

ショートカットキー

ペンタブを利用する際には、線を引いたり、着色をしたりする時に、作業を切り替える必要があります。

しかし、作業を切り替えるために、専用ペンからマウスに持ち替えて、専用ソフトのツールをクリックする事は面倒な作業になってしまいます。

そのような事をしていたら、手間暇をかけてしまうので、イラストの作業時間が長引いてしまうので、注意しなければいけません。

そこで本製品は『ショートカットキー機能』を搭載していて、ペンタブ本体のボタンをワンタッチする事によって、様々な作業へ切り替える事を実現しました。

レポートレード

ペンタブには『レポートレード』というものがあって、これは、あなたが専用ペンを利用して操作した行動を、ペンタブが反応する際にかかる時間を表しています。

そして、本製品は『230PPS』もあるので、短時間で、あなたの作業を認識する事が可能です。

もしも、作業を認識するのに時間をかけてしまえば、ペンタブは正確な位置を認識しようとする前に、専用ペンが動いてしまうので、線がズレてしまう可能性があります。

そのため、レポートレードまで優れているのは、本製品の大きな魅力です。

作業領域

ペンタブを操作する際には、ペンタブ本体の作業領域と呼ばれる画面に、専用ペンを引いていく必要があります。

そのため、作業領域の狭いペンタブを利用していたら、勢いよく線を引く事ができないので、力強いイラストを製作する事が難しいので、注意する必要があるのです。

そこで本製品は、作業領域を『10×6インチ』にする事によって、勢いよく線をひく事ができるようになっています。

ただし、ペンタブの操作に慣れていない場合には、イメージしたように線を引くまで、時間をかけてしまう可能性もあるので注意して下さい。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ペンタブを利用するメリット

今までアナログのイラストを製作してきた方は、ペンタブを利用するメリットが分からないでしょう。

そこで、ペンタブを利用するメリットを紹介するので、それが分かれば、本製品を利用する重要性も理解できるはずです。

なめらかな線

デジタルのイラストを製作する場合には、大きく分けて2つの周辺機器の中から1つを選ぶ事になります。

まず1つ目は『マウス』です。

このマウスは長方形の形をしている事から、アナログの絵筆とは違って、なめらかな線を引く事が難しくなっています。

2つ目はペンタブです。

ペンタブは、アナログの絵筆と同じように、ペンタイプの機器を利用する事になるので、なめらかな線を引く事が可能です。

実際に、デジタルのイラストを製作する際に、線がつながっていなければ、着色しようとした時に色が線から外へハミ出てしまいます。

そのため、なめらかな線を描けるようになって、線が途中で途切れないようにする事は重要です。

修正が容易

デジタルのイラストを製作する場合には、アナログとは違って、色が乾くのを待つ必要がありません。

そのため、ペンタブを利用して、デジタルのイラストを製作する場合には、次々に色を重ねていっても、濁る事がないのです。

さらに、デジタルのイラストを製作するソフトには『レイヤー機能』を備えているものが多くあります。

このレイヤー機能を活用したら、修正したい所だけを簡単に手を加える事ができるのです。

そのため、アナログのイラストで思うように修正できない場合には、本製品を試してみる価値はあります。

本製品の基本情報

ペンタブを購入する際には『パッケージ内容』や『価格』などを把握する事も重要です。

そこで、本製品の基本情報も紹介するので、このペンタブを詳しく知りたい方は見ていきましょう。

パッケージ内容

本製品を注文したら、ペンタブ本体の他に、専用ペン・USBケーブル・ドライバCD-ROM・ペンスタンド・替え芯8本・ユーザーマニュアルなども付いてきます。

この中でも注目すべき付属品が、替え芯8本です。

なぜなら、専用ペンのペン先は利用していくうちに磨耗していくからです。

そのため、専用ペンにかける力が強い場合には、短期間で専用ペンの芯を交換する必要があります。

実際に、替え芯が8本もあれば、当分の間は替え芯を購入する必要がないので、あまりお金をかける必要がありません。

リーズナブルな価格

ペンタブレットと言えば、多くの方たちが高額な機種というイメージを抱いています。

実際に、数多くあるペンタブレットの中には、200,000円を超えてしまう高額な機種はいくつもあるのです。

そのため、本製品がリーズナブルな価格になっている事について、半信半疑になってしまうかもしれません。

所が、本製品は、Amazonでは送料無料で、税込価格6,588円で購入する事ができます(2018年4月16日時点)。

そのため、コストパフォーマンスの高いペンタブを探している方には、本製品はおすすめです。

本製品のレビュー

本製品は魅力的なポイントの多いペンタブですが、意外にも利用者たちの中には、満足している方だけではなく、不満を抱いている方もいるのです。

そこで、本製品のレビューを紹介するので、このペンタブを購入するべきか、参考にしてみて下さい。

好意的なレビュー

本製品は筆圧レベルが高くなっている事もあって、細かい所を描けて満足している方がいました。

実際に、現在の日本は、未だにリアルな絵画やイラストが高い人気を集めています(2018年4月16日時点)。

絵画やイラストを製作する現場では「神は細部に宿る」という言葉があります。

これは細かい作業をしっかり行う事の重要性を説いた言葉です。

そのため、細かい所を描きやすくなっているのは、本製品の大きな魅力です。

さらに、本製品がスタイリッシュなデザインになっている所を気に入っている方もいました。

そのため、デザインにこだわりたい方にも、本製品はおすすめのペンタブです。

否定的なレビュー

本製品は、レポートレードが優れていますが、専用ペンが反応しないケースがありました。

実際に専用ペンが反応しなくなったら、ペンタブとして機能していないようなものですから、取り扱いには注意して下さい。

さらに、本製品を利用してみたら、なめらかな線を引く事ができないケースもありました。

しかし、本来であればペンタブは、なめらかな線を引く事ができるので、本製品の操作方法に慣れていない可能性があります。

そのため、ペンタブの操作に慣れていない方は、なめらかな線を引くまで時間をかけてしまう可能性が高いです。

まとめ

アナログのイラストばかりを製作してきた方は、ペンタブを利用するべきか悩んでしまうかもしれません。

実際に、200,000円を超えてしまうペンタブを購入しても、その性能に満足できなかったら、後悔する事になってしまいます。

そのため、今までペンタブを利用した事がない方は、まず低価格な本製品を試してみる事をおすすめします。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)