プログラミングスクール『ヒューマンアカデミー』は学びやすい環境!

プログラミングスクール

IT業界で働きたいと思っても、肝心のプログラミングの知識を覚えておかなければ、就職をする事は難しいです。

日本国内には、プログラミングスクールは多くありますが、学びづらい環境になっている所が多いので注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『ヒューマンアカデミー』です。

本校は、多くの方たちが学びやすい環境になっているので、詳しく紹介しましょう。

Amazonブラックフライデー開催中!(最大10000ポイント)(12/2まで)

>>おすすめのプログラミングスクールランキング


ヒューマンアカデミーで学ぶメリット

本校は、多くの方たちが学びやすいように、様々なシステムが用意されています。

さらにカウンセラーが丁寧に対応してくれるので、自信を失わないで学ぶ事も可能です。

そのようなプログラミングスクールには、どのようなメリットがあるのか解説するので、確認してみてください。

映像で学習する事が可能

本校の大きな特徴として『映像』で学習できる所が挙げられます。

実際に、多くの学校では、講師が大勢の生徒たちに指導していくスタイルが主流になっているのが実情です。

しかし、それでは理解できない箇所があったら、授業についていくことができないので注意しなければいけません。

それに引き換え、本校では映像で学習することができるので、分からない箇所は何回でも見直す事ができるのです。

映像で学習できるスタイルであれば、集中力が続かない方でも、学びやすいスタイルなので、本校はおすすめのプログラミングスクールです。

カウンセラー

プログラミングを学ぼうと思っても、プログラムには様々な種類があるので、あなたが希望する職種に合っているプログラムもあれば、合わないものもあります。

ところが、本校ではカウンセラーがいるので、あなたの希望する企業へ就職できるようにサポートしてくれます。

カウンセラーは、生徒の相談に乗るだけではなく、学習プランの策定までおこなってくれるのです。

課題ファイル

本校では、インターネットを通じて学習することができるので、自宅から『課題ファイル』を提出することができます。

そのため、課題を作成するために時間をかけてしまっても、夜の時間帯に課題ファイルを提出することできるのです。

自宅でも提出できるので、本校まで通学することができなくても、プログラミングのスキルを習得していくことができます。

通学する必要がないので、社会人で忙しい日々を送っている方でも、授業を進めることが可能です。

Amazonブラックフライデー開催中!(最大10000ポイント)(12/2まで)

>>おすすめのプログラミングスクールランキング


プログラミングに関連するコース

本校には、プログラミングに関係するコースが2つあって、それが『WEBデザイナースタンドコース』と『Javaプログラミングコース』などです。

それぞれ学べるカリキュラムに大きな違いがあるので、詳しく解説しましょう。

WEBデザイナースタンドコース

WEBデザイナースタンドコースでは、WEBサイトをデザインするためのソフトの操作方法を学べる上に、簡易的なプログラムを打ち込むスキルを習得できます。

実際に、このコースで学べる『Photoshop』や『Illustrator』は、画像を作成したり編集したりできるソフトです。

さらに『HTML』や『CSS』のコードを打ち込めるようになれば、WEBサイトのデザインだけではなく、画像や文章の配置まで行うことができます。

つまり、WEBサイトの全てを制作できるようになるので、趣味で自分のWEBサイトを作る事も可能です。

JavaScriptプログラミングコース

WEBデザイナースタンドコースでも、WEBサイトを作ることはできますが、それだけでは動きのあるWEBサイトを作る事は難しいので注意しなければいけません。

もしも、高度なWEBサイトを作ってみたいと思っている方には、JavaScriptプログラミングコースがおすすめです。

JavaScriptプログラミングコースでは、動きのあるWEBサイトを作るために必要な『JavaScript』を学ぶ事ができます。

このスキルを習得できれば、多くの方たちから注目されるWEBサイトを作ることが可能になるので、就職活動を有利に進める事が可能です。

本校の3つのスタイル

本校の授業では、クラス担任スタイル・オンラインスタイル・ブレンドスタイルなどの3つのスタイルが用意されています。

生徒たちは、この3つの中から、自分の好みに合うスタイルを選ぶことができます。

そこで、これらのスタイルについて詳しく紹介するので、参考にしてみてください。

クラス担任スタイル

クラス担任スタイルでは、プロのクリエイターが生徒へ丁寧に指導してくれます。

さらに、このスタイルは『少人数制』を採用しているので、プログラミングが苦手な方でも授業に追いつくことは十分に可能です。

義務教育の時では、生徒の人数が多かったので講師に質問をすることが恥ずかしかった方でも、少人数制であれば質問しやすい雰囲気になっています。

そのため、自分が学びやすいペースでプログラミングを学ぶことができるので、クラス担任スタイルはプログラミング初心者でも学びやすいスタイルです。

オンラインスタイル

オンラインスタイルでは、インターネットを使って勉強できるスタイルになります。

このスタイルの素晴らしい所は、学校へ通わなくても学べる所です。

実際にインターネットを利用できる環境であれば、学校・自宅・カフェでも関係がなくて、様々な場所で勉強することが可能です。

ただし、カフェで長い間に渡って勉強をしていたら、他のお客に迷惑をかけてしまうので注意しなければいけません。

そして、全国29校で質問をすることもできるので、オンラインだけでは分かりづらい所でも、納得ができるまで勉強することも可能です(2018年12月30日時点)。

ブレンドスタイル

クラス担任スタイルとオンラインスタイルは、特徴が大きく違うので、それぞれ一長一短あります。

そのため、どちらのスタイルを選ぶべきか悩んでしまう方は多いかもしれません。

そこで、本校では、クラス担任スタイルとオンラインスタイルの両方を合わせたブレンドスタイルもあります。

このブレンドスタイルであれば、講師に直に会って聞きたい所では質問ができて、自宅で学びたい時には学校まで通学する必要がありません。

本校の注意すべきポイント

本校は、多くの方たちが学びやすいプログラミングスクールになっていますが、いくつか注意すべきポイントもあります。

その注意点を知らないで本校で学ぼうとしたら後悔することもあり得るので、詳しく解説します。

校舎の数

本校は、オンラインスタイルがあるとは言っても、クラス担任スタイルやブレンドスタイルを選びたい方もいるでしょう。

しかし、本校の校舎は全ての県にあるわけではないので注意しなければいけません。

そのため、本校でプログラミングを学びたい場合には、あなたの自宅の近くに校舎があるのか確認しておくことが重要です。

もしも、校舎が近くにあるのか確認しないで学び始めた場合には、1日も早く、オンラインスタイルの学び方に慣れた方が良いです。

校舎に在籍する講師

私は、ヒューマンアカデミーでWEBデザインを習っていたことがあるので、よく分かりますが、全ての校舎でプログラムに詳しい講師がいるわけではありません。

実際に、私が通っていた校舎では、PhotoshopやIllustratorの操作方法に詳しい講師はいましたが、JavaScriptに詳しい講師は残念ながら在籍していませんでした。

そのような場合では、オンラインスクールで質問をした方が良いでしょう。

そのようなケースもあるので、本校で学ぶ際には、全ての校舎でプログラミングに詳しい講師がいるわけではないことを、承知した方が良いです。

まとめ

本校は、様々なスタイルを用意しているプログラミングスクールなので、あなたの好みに合う授業方法でプログラミングを勉強することが可能です。

全ての県に校舎があるわけではないのですが、その校舎の数は多くなっているので、多くの方たちが学びやすい環境になっています。

ただし、本校では本格的なプログラマーというよりは、WEBデザイナーになるためのコースが多くなっているので、注意してください。