プログラミングスクール『isa PCスクール』の特色とは?

プログラミングスクール

プログラミングスクールへ通学すれば、プログラミについて詳しく知る事ができます。

ただし、プログラミングスクールの授業内容やコースによって、転職する事ができない場合もあるのです。

ところが『isa PCスクール』は、多くの生徒たちがプログラムを理解できるような取り組みを行っているので、IT業界の企業へ転職する事も夢ではありません。

そこで、本校はどのようなプログラミングスクールなのか紹介するので、これからプログラムを学ぼうとしている方は、参考にしてみて下さい。

Amazonブラックフライデー開催中!(最大10000ポイント)(12/2まで)

>>おすすめのプログラミングスクールランキング


isa PCスクールの特徴

本校は、今までプログラムを学んでこなかった方でも、理解できるような取り組みを行っています。

その取り組みについて紹介するので、みていきましょう。

個別指導

数学が得意な方であれば、プログラムは覚えやすい場合があるのですが、数学が苦手な場合にはプログラムを理解できない可能性が高いです。

なぜなら、一部のプログラムには『if文』や『for文』などがあって、数式を理解できる知識が必要になります。

数学が苦手な場合には、授業に追いつけない可能性があるので注意しなければいけません。

ところが、本校では『個別指導』を行なっているので、数学が苦手でも授業についていく事が十分に可能です。

オリジナル教材

本校は、個別指導を行なっている上に『オリジナル教材』を用意しています。

オリジナル教材では、本校で学べるだけではなく、自宅で復習する事も可能なので、あなたが納得できるまで勉強できる教材です。

実際に、プログラミングスクールでプログラムを理解できたと思っていても、時間が経ってしまえば忘れてしまう事は多くあります。

そのような場合でも、本校のオリジナル教材であれば、何回も復習する事ができるので、忘れる可能性は低くなっているのです。

Amazonブラックフライデー開催中!(最大10000ポイント)(12/2まで)

>>おすすめのプログラミングスクールランキング


プログラムを学べるコース

本校には、プログラムを学べるコースがいくつかあって、その中でもおすすめなのが、Web制作マスターコース・WebデザイナーProコース・Webデザイナー+プログラマー養成コース・Web業界転職エキスパートコースなどです。

この4つのコースは、それぞれ授業時間・授業料・カリキュラムなどが違うので詳しく紹介します。

Web制作マスターコース

Web制作マスターコースは授業時間が98時間で、授業料は280,000円になっています。

このコースでは、Webデザインを学ぶための基礎的なプログラムや、デザインソフトの操作方法などを学ぶ事ができるのです。

特に『Illustrator』や『Photoshop』などは、イラスト制作や画像編集をするために必要なソフトです。

さらに『Dreamweaver』も学ぶ事ができて、このソフトはWebサイトを作成するために必要なコードを入力します。

そして『HMTL』や『CSS』などの簡易的なプログラムを入力する方法も覚える事が可能なコースです。

WebデザイナーProコース

WebデザイナーProコースは授業時間が149時間で、授業料が400,000円になります。

このコースでも、Illustrator・Photoshop・Dreamweaverなども学ぶ事ができるので、様々なソフトの操作方法を覚える事ができます。

Web制作マスターコースと大きく違うのは『スマホサイト&ポートフォリオ作成演習』も学ぶ事ができる所です。

実際に、現在ではスマホを利用している方は多くいるので、スマホサイトを作成できるようになれば、企業から必要とされる人材になれるでしょう。

Webデザイナー+プログラマー養成コース

Webデザイナー+プログラマー養成コースは授業時間が177時間にもなっているので、授業料が520,000円にもなります。

これほど授業時間が長くなっているコースなので、覚えるものは多くあって、デザインを作成するために必要なPhotoshopだけではなく、JavaScript・PHPなども学ぶ事ができるのです。

そして『WEBサイト制作&ポートフォリオ作成演習』も用意されているので、転職活動を有利に進める事もできます。

なぜなら、IT業界の企業で就職活動するためには、ポートフォリオ(作品集)が、あなたの才能を証明する物だからです。

転職活動を有利に勧めたい場合には、授業料が高くても、Webデザイナー+プログラマー養成コースはおすすめです。

Web業界転職エキスパートコース

4つのコースの中でも、最も授業時間が長くなっているのが、Web業界転職エキスパートコースです。

実際に、このコースの授業時間は237時間にもなっていて、授業料は740,000円にもなります。

ただし『WEBサイト制作&ポートフォリオ作成演習』や『ECサイト制作』などが用意されているので、様々なスキルを習得できます。

ECサイトとは、インターネットで商品を販売するサイトなので、多くの企業から必要とされるスキルを習得する事が可能です。

学びやすい環境

本校は、様々なコースが用意しているだけではなく、学びやすい環境を整えています。

そのため、プログラムを学ぶ事に集中しやすくなっているので、本校の環境について詳しく解説しましょう。

本校の校舎数

オリジナル教材を用意しているプログラミングスクールでも、校舎の数が少なかったら、自宅から遠く離れている場合があります。

そのような場合では、自宅からプログラミングスクールまで通学する時間が長くなってしまうので、勉強時間を確保する事が難しくなってしまうので注意しなければいけません。

そこで、本校は13校もの校舎を用意しているのです(2018年12月24日時点)。

しかも、全ての校舎が駅から徒歩5分以内となっているので、公共交通で通学する事ができます。

フリータイム制

多くの学校では、授業時間が決められているので、その時間に合わせる事は難しい方もいるでしょう。

それでは、本校はどうなっているのかと言えば『完全フリータイム制』を採用しています。

実際に、本校が開校している時間帯であれば、好きな時間に授業を受ける事ができます。

さらにインターネットで授業を受ける時間の予約をする事ができるので、気軽に通学する事が可能です。

プログラムを学ぶメリット

本校へ通学すればプログラムを学ぶ事ができるので、いくつかメリットを得る事ができます。

そこで、どのようなメリットがあるのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

デスクワーク

工場や外で働いている場合では、多くの方たちが立ち仕事になってしまうので、体力を使ってしまいます。

若い方であれば問題はないかもしれませんが、年齢を重ねていけば、仕事を続ける事が難しくなってしまうのです。

さらに工場や外で働いている場合には、注意しなければ怪我をする場合もあるのです。

それに引き換え、IT業界では『デスクワーク』が多いので、体力が低下する年齢でも仕事を続ける事が容易になっています。

必要とされる人材

インターネットをするためには、パソコンが必要でしたが、最近ではスマホでもインターネットができるようになりました。

そのため、多くの方たちがインターネットで商品を注文できるようになったので、多くのサイトが誕生するようになってきたので、プログラミムの知識がある人材が重宝されています。

そのため、本校でプログラムを学べば、転職しやすくなるだけではなく、給料が高い企業へ就職する事も十分に可能です。

まとめ

本校は、4つのコースが用意されているので、あなたの好みに合うコースを見つけられる可能性は高いです。

プログラムが苦手な場合でも、本校は個別指導を行っているので、しっかりとプログラムについて理解する事ができます。

授業料は少し高いプログラミングスクールですが、プログラムを理解できたら、給料の高い企業へ就職する事は十分に可能なので、本校で学んでみる価値があります。