Warning: chmod(): No such file or directory in /home/it-kaden2/it-kaden.com/public_html/pentabu/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-direct.php on line 168
プログラミングスクール選びは目標設定が重要!種類が多いからこそはじめが肝心 | ILLUSTAB

プログラミングスクール選びは目標設定が重要!種類が多いからこそはじめが肝心

プログラミングスクール

社会のIT化が進み、プログラマーの需要は増えつつづけています。

付加価値の高い仕事をこなすためにプログラミングスクールで学ぼうと考える人も増えていて、転職に生かそうという例も珍しくなくなっています。

ただし、プログラミングと一言で言っても様々な言語や開発分野が存在し、どのように将来図を描くかが大切になります。

利用される分野も広がっているからこそ自分が何をしたいか、何を目指すかを考える必要があるのです。

>>おすすめのプログラミングスクールランキング


プログラミングスクールにいくのなら目的をはっきりさせることから

プログラミングスクールにいくのであれば、目的をはっきりさせる必要があります。

これはプログラミングを学ぶ人の目的がそれぞれ異なり、スクール側も様々なカリキュラムを用意しているからです。

オーダーメイド感覚でカリキュラムを組みたててくれるプログラミングスクールも存在し、どのような目的で学びたいかを決めておかなければ講義を受ける意味が薄くなります。

年齢層も様々で趣味的に学ぶ人もいれば実務に生かす人もいるからこそ、しっかりと考える必要があるのです。

目的から目標を設定して学び、必要に応じて追加などを考えるのは基本になります。

実務に生かすのであればどう生かすか、転職などに使うのであればどのような職を目指すかまで考えて通う必要があるのです。

目標設定で失敗してしまう人が多いのもポイントになる

プログラミングの世界は広く様々な言語や開発環境が存在します。

漠然と仕事に生かしたい、転職を有利にしたいという姿勢で学んでも役に立たないケースや、必要なスキルが身につかないケースがあるのもポイントです。

自分でハードルを上げすぎて講義についていけなくなる人も珍しくなく、ミスマッチがおきやすい理由にもなっているのです。

仕事に生かすのであれば、今後仕事の環境がどう変わっていくのか、転職に生かすのであればどのような言語を学ぶのがプラスになるのかをしっかりチェックするのがおすすめです。

IT市場は技術の進歩が早くトレンドがすぐに変わってしまいます。

そのため将来的な視点で物事を見ることと、自分のスキルでどこまでできるかを客観的に把握しておく必要があるのです。

新たな技術を学ぶための基礎を整えて現場で覚えるという手法もあるため、どこでバランスをとるかも含めて目標設定をすることが大切なのです。

>>おすすめのプログラミングスクールランキング


プログラミングスクールのタイプから選ぶことも大切になる

プログラミングスクールと一言で言っても、オンライン型とオフライン型の2種類があります。

オンライン型の特徴は全国各地の優秀な講師から学べることです。

スキルの高い人から学びたい場合はオンライン型を選ぶのがおすすめで、オンライン型でもマンツーマンで学べるようなプログラミングスクールも存在します。

ただし、気軽にオンラインでつながれるためスケジュール管理が苦手な人は活用しきれなくなる部分もあります。

オフライン型のスクールはオンラインスクールと比べて講師の質が運営もとの力量に大きく依存します。

もちろんよい講師もいますが、スキルで比較するとオンラインスクールに劣るケースが多いため注意が必要です。

メリットになるのは友人作りなどの横のつながりをつくりやすくなることです。

人付き合いがあることがモチベーションにつながりやすい人にはオフライン型のスクールの方がむいているケースもあります。

効率よりも自分の向き不向きで考えることも大切に

プログラミングは効率が重視される分野ですが、学ぶスタイルはそれぞれです。

オンラインスクールで学んで一人でコツコツ課題をこなして成長するタイプもいれば、オフラインスクールで人と話しながらアイディアを練った方が伸びる人もいます。

講師との相性やカリキュラムの質などにも影響を受けるため、自分の向き不向きといった要素を考えながら学ぶことは大切なのです。

適性をチェックしながら学ぶ先をかえる人もいます。

プログラミングは複数の言語を学ぶ人も珍しくなく、興味がある言語を優先して学ぶ人や、実用性重視で学ぶ人もいます。

プログラミングスクールに通ってあわないと思ったら解約して別のスクールに通うという方法もあるため、途中の方向転換も含めて柔軟に考えることも大切なのです。

料金よりも何を学べるかが重要になるのがポイント

プログラミングスクールはどのような内容を学ぶのか、どんな企業などが主催するかで料金が大きく変わります。

プログラミングスクールの中には無料で学べるものも存在し、趣味的に学びたい人や知識を広げたい人にとっては大きなプラスになります。

しかし、スキルアップを目指すのであれば無料のスクールにいっても学べるものがあるかどうかも大切になります。

効率よくスキルアップを目指すのであればある程度お金を払ってもしっかりと学べる場所を探す必要が出てくるのです。

高度なスキルを学ぼうとすればするほど教えられる講師が少なくなるのもポイントになります。

学費が高いほど高度な技術を学べるケースが増える

プログラミングスクールは学費が高いほど高度な技術が学べるケースが増えていきます。

注意したいのはプログラミングの専門学校と、プログラミングスクールの分類は分かれることです。

専門学校は資格の取得を中心としたカリキュラムが組まれていて、実務から外れる場合があるからです。

専門学校は学費が高い傾向がありますが、実務のプログラミングを学ぶプログラミングスクールとは切り離して考える必要があります。

プログラミングスクールの場合は現役プログラマーが講師として在籍していることが多く、最新情報にも触れやすくなっています。

学費が高額なオンラインスクールには多言語での開発経験がある人や、大型のプロジェクト経験があるなど、能力に優れた講師が多いのもポイントです。

職場で学べるスキルが少ない場合やステップアップを考える場合は高度なスキルを学べるプログラミングスクールを視野に入れた方がいいのです。

積極的に質問して学習していくことが重要に

プログラミングスクールで学ぶ場合は、積極的に質問していくことが大切になります。

テキストを読んで課題をこなすだけであれば独学で学ぶのと余り代わらないケースも出てきます。

わからないことは実際に質問して確認する、どのような応用が考えられるかなど自分の知識やスキルアップに繋がることは積極的に聞かないと学費が無駄になる可能性もあります。

特に多人数のスクールの場合はどれだけ理解が追いついているかのチェックを講師が行いきれない場合もあります。

実務であってもコミュニケーションをとることは大切なため、積極的に伝えることを学ぶ必要もあるのです。

マンツーマン形式を選ぶのも方法に

高度なスキルを学びたい場合や、他の人間と一緒に授業を受けるのに抵抗がある場合はマンツーマン形式のプログラミングスクールを選択する方法もあります。

他人の目が気になると質問ができない人でもマンツーマンなら質問のハードルが下がります。

コミュニケーション能力が必要といっても、向き合い方は人それぞれです。

長所を伸ばしてカバーするというのも1つの方法になります。

学費は高くなりますが時間当たりの学習効率は上がる傾向があるため、あわせて考えたいポイントになります。

まとめ

プログラミングスクールは様々な種類があり、学べることはスクールごとに大きく異なります。

プログラミング言語の種類だけでなく、オンライン型、オフライン型、マンツーマン形式か否かなど、選び方の基準は人によって大きく異なります。

学習効率や自分の向き不向きをあわせて考えることも大切で、後悔しないためにも下調べが重要になるのです。

無料にこだわって中身のない勉強をしてもプラスにはならないため、どの程度自分の人生に有益かも考えて選ぶことも大切です。