ペンタブをmacで使う時の特徴

2016年2月5日ペンタブレット(板タブ), 全件

ペンタブ mac

クリエイターさんの中にはmacをメインパソコンにしている人も多くいます。macのパソコンはwindowsと比べると描画性能が高く、動作も快適で、かつデザインも洗練されているということで根強い人気があります。

現在ではwindowsでもmacと同等の能力を持っていますが、macを使い続ける人はmacしか使わないという強いポリシーを持っている方が多いと思います。

Amazonタイムセール開催中!(9/19~9/21)>>私が絶対おすすめする液タブ・ペンタブランキングはこちら


macとwindowsではドライバ更新時期が違う場合がある

もちろんクリエイターに人気のあるmacですので、ペンタブも対応しています。ただし気をつけて欲しいのはドライバはmac専用のドライバが必要になるということです。windowsのドライバをインストールしても、macでは動作しませんので注意していください。

さらに、macとwindowsではドライバのアップデートの時期に差があるようです。基本的にユーザーの多いwindowsの方がドライバのアップデートが多いように感じます。といっても不具合などが起こった場合はちゃんとドライバがアップされるので心配は無用です。

Amazonタイムセール開催中!(9/19~9/21)>>私が絶対おすすめする液タブ・ペンタブランキングはこちら


macとwindowsの両刀よりはハードルが高い

macをメインパソコンにする場合、気をつけて欲しいのが利用できるソフトです。

最近ではmacのOSでもwindowsのOSを読み込めるようになったようですが、スペックの高いmacのパソコンであってもwindowsと一緒に起動しながら作業を行うのはかなり負荷がかかる作業です。

さらにOSを購入する費用やセキュリティソフトを買い増ししなければいけないことを考えるとmacにwindowsを入れて両刀で作業するのはかなりハードルが高いといえそうです。

基本的にAdobeのPhotoshopやIllustratorを始めとした基本的なソフトやセルシスのクリップスタジオなどはmac版が提供されているのでこちらを利用するのが堅実だと思います。

大手企業の出しているイラストソフトではmacに対応しているところも多いのですが、無料のソフトなどはまだ少ないように思います。

プロの現場ではmacが使われていることが多い

といいつつも、windowsもmacもどちらかが優れているというわけではありませんので自分の予算を趣向を考慮した上でどちらをメインに使うか選べばいいと思います。windowsの場合は、自分でパーツの組み換えなどが容易にできること、対応ソフトが多いことなどの利点があります。

macとwinではできることにそれほど差は大きくありません。大きな違いといえば、やはり機種の代金だと思います。

クリエイターようにバリバリにペンタブを使ってデザインしようというのであればmacproやimacを購入するのがおすすめです。どちらも正規店舗で買う場合は10万円以上の価格がしますが、その価格に見合う機能は兼ね備えた機種ですので安心して購入することはできると思います。

また、実際にプロの現場ではmacが使われていることが多いですので、macの操作に慣れているのは就職する際のアピールポイントとしても有効に働いてくれます。

まとめ

今回は、macでペンタブを使うことの特徴についてご説明してきました。

macはプロの現場でも多く使われており、ペンタブの使い方を含め、インターネットにも情報が多くありますので、参考にして見て下さい。




2016年2月5日ペンタブレット(板タブ), 全件