おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優のやりがいはどんな部分?専門学校で学ぶ4つのメリット

   

世の中の様々なメディアで活躍する存在が声優です。

アニメーションでは声優の存在はとても重要で、声優はキャラクターに命を吹き込むような存在となっています。

また、アニメーションの他には、英語やテレビでも声優は活躍しています。

そして、声優を目指すなら専門学校で学ぶのがおすすめです。

今回は声優のやりがいと専門学校で学ぶメリットを解説します。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

声優の業務や仕事まとめ

日本で馴染みの深いコンテンツがアニメです。

日本では、鎌倉時代にアニメや漫画の元となるような、技術が既に使われていて、当時は絵巻物の中で漫画のように時系列で物事を表現していました。

現在でもアニメは多くの人を魅了し、世界中の人に日本のアニメは愛されています。

と、そんなアニメを作る時に重要な役割を果たしているのが声優です。

声優さんの力のこもった演技、聞き取りやすい声にほれぼれとしてしまう人も多く、その仕事に憧れる人も沢山います。

具体的に、一般的な声優の仕事は次のようなものがあります。

アニメの吹き替え

声優の仕事の中でも、特に華形と言えるしごとがアニメの吹き替えの仕事です。

日本のテレビでは、ほぼ時間を問わずアニメが放映されていて、民放の19時から22時までの所謂ゴールデンタイムには、人気のアニメが放映され、老若男女を楽しませてくれます。

長いアニメとなると、40年から50年近い歴史があり、いまなお放映されているのでテレビを付ければお年寄りでもアニメをしっていたりします。

また、アニメの声優さんは、基本的にコロコロと変わる事がありませんので、一度キャスティングされれば、そのアニメキャラクターの定番の声として、声優の仕事が回ってきます。

映画

アニメと同じく、映画でも声優は大活躍しています。

実写の映画でも、外国版の場合は日本語に吹き替えをする必要があり、そこで声優さんが活躍しますし、人気アニメはよく映画化されますので、映画業界も声優が活躍するフィールドです。

ゲーム

アニメや映画に他に、最近ではゲームでも声優が活躍しています。

昔のゲームは、容量の問題から効果音のみで、あまり音声は入っていませんでしたが、ゲーム機の性能がアップした現在では、ゲームのキャラクターがゲーム内で話をしていることが多いです。

ですから、ゲーム業界でも声優さんは重宝される存在となっています。

その他

その他には、声優さんは歌手活動や同人活動、ラジオのパーソナリティとして、様々な仕事を受け持っている人がいます。

自身の「声」一つで勝負できますので、声に自身があるという方は、声優を目指してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、テレビ業界ではナレーションの仕事も多いです。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

声優のやりがい

声優のやりがいは沢山あります。

一つは、やはり自身が担当した作品が世の中に出て、大勢の人に見てもらえるという事です。

映画などの場合は、その作品はある意味一生の財産となります。

声には形はありませんが、声優として働けば、作品として後世に残せる形にできるわけです。

そして、もう一つのやりがいは、自身の仕事を誰かに評価してもらえるということです。

映画やアニメーションなどが放映されれば、それに伴い視聴者からの反応が返ってきます。

そこで、大きく評価されれば、仕事をやってよかったというやりがいに繋がってくるでしょう。

また、アニメやテレビなどの放送業界が好きな人は、その業界や業界人と関われるというやりがいがあります。

声優になって働けば、今までテレビ越しでしか見られなかったプロの声優さんと実際に会えたり、コラボしたりすることも出てくるでしょう。

色々と刺激のある仕事が声優です。

声優を生み出す専門学校

そんな声優を目指すなら、専門学校が「声優コース」に行くと、夢の実現へ一歩近づけます。

声優の専門学校で約2年間しっかり勉強や訓練を積んでいけば、将来、声優になることも夢ではなくなってくるでしょう。

また、声優の専門学校は4つのメリットがあります。

プロからの指導

声優の専門学校では、プロの声優から直接指導や講義をしてもらえるのを売りにしている学校がかなりあります。

プロからの指導を受けることで、より実践に近い形で、練習をしていくことが出来ますので、実力もメキメキと上達してきたりします。

また、プロの声優さんから指導を受ければ、やる気も上がってくるでしょう。

現場実習

専門学校の目標は、プロとして通用する力を、学生さんに身に付けてもらう事です。

ですから、実習も本当の現場に近い環境を用意し、そこで行っていたりします。

現場実習をすることで、今まで漠然としていた声優の仕事が、具体的にイメージできるようになります。

また、専門用語なども実践を通して色々と身につけることが可能です。

総合的な力が身に付く

声優の専門学校では、ただ吹き替え(アフレコ)の練習だけをするのではなく、表現の仕方や話し方の勉強、演技力やタレント性を磨く訓練も行われます。

声優の活躍フィールドは広いので、どの業界に行っても活躍できるような、ベースをしっかり身につけられるのが特徴です。

一人で黙々と練習するような独学とは違い、周りには色々な講師がいて、幅広い知識や技術を習得できるのも、専門学校ならではのメリットとなっています。

就活もしやすい

独学で声優になるのは不可能ではありませんが、基本的に難しく、就活でも自身を売り込むための工夫や苦労が必要となります。

しかし、声優の専門学校へ通えば、声優の専門学校に在学中という肩書を利用して就活が出来ます。

それだけでも専門学校に通っている人は、独学で学び就活をする人よりも有利です。

また、専門学校側は卒業生の就職率をよく気にしており、在学生向けに様々なサポート体制を用意している学校も多いです。

就活で困ったことが出てきたら、学校側に相談をすればアドバイスも受けられますので、専門学校の就職サポートはうまく活用して就活をドンドン有利にしていきましょう。

体験入学を活用して学校を決める

声優になるために、専門学校の利用を検討中なら、体験入学がおすすめです。

体験入学がおすすめなのは、パンフレットや資料請求ではわからない、学校の裏側が見られるからです。

高校生から募集を募っている、専門学校の体験入学は基本的に無料で参加することが出来ますし、色々と参加することで学校についての豆知識や資料をもらえたりするので進んで参加してみて下さい。

ちなみに、学校によっては、体験入学を希望される学生さんが使えるバスの無料送迎があったり、交通費サポートをしてくれたりする所もあります。

交通費サポートをしてくれるところなら、お金がない学生さんも気兼ねなく体験入学に参加できるのでおすすめです。

また、学校によっては学生寮もありますので、専門学校の入学と同時に親元を離れる方はそちらも注目です。

体験入学の他には、学校説明会もありそちらも基本的には無料となっています。

学校のことをよく知って、入ってよかったと思えるような専門学校を見つけるのがポイントです。

まとめ

声優になりたい時の近道は専門学校に行くことで、専門学校へ通うと4つのメリットが得られます。

就職にも有利になったり、プロから直接指導を受けられたりと良いことづく目ですので、声優になりたい方は良い専門学校を見つけていきましょう。

最初は体験入学をして、どんな専門学校がありカリキュラムになっているのか比較からしていくと良いです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校