液晶テレビを選ぶ上で重要なポイントはとても多くのことがある

液晶テレビ

綺麗な画質でテレビを見たいと考えることは、誰でも同じです。

しかし、一口に液晶テレビと言ってもとても多くのモデルがあり、さらに画面サイズまでも考慮して選ぶことになりますので、とても多くのことを考慮する必要が出てきます。

そのため液晶テレビを購入するときには、しっかり時間をかけて検討を行う必要があるのです。

Amazonタイムセール祭り開催中!(ポイントアップキャンペーン)(5/7~9)>>私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら


液晶テレビはなくてはならない存在

テレビで生活は変わる

テレビは生活をも変えてくれる存在です。

テレビがあることで、毎日の生活が楽しくなったり、また必要な情報を余すことなく与えてくれたり、生活の一部になっていることは間違いないと言えます。

しかし、テレビにはさまざまな性能を持っています。

最近では当たり前のようになってきた液晶テレビについても、とても多くの種類がありますので、まずは多くのタイプの特徴について理解を深めていくことをおすすめします。

Amazonタイムセール祭り開催中!(ポイントアップキャンペーン)(5/7~9)>>私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら


液晶テレビのタイプ

アスペクト比

液晶テレビを選ぶ場合、よくアスペクト比と言う言葉を耳にすることになります。

このアスペクト比は液晶テレビを選ぶ上ではとても重要な情報になります。

アスペクト比は、画面の縦横の比率のことであり、16:9のタイプや4:3のタイプがあります。

どちらのタイプにもメリットもデメリットもありますが、設置する状況などに合わせて上手に選んでいくことをおすすめします。

最近ではワイドタイプと呼ばれる16:9の比率が一般的になっていますが、あくまでも設置させる状況に合わせて選んでいくことが重要なのです。

大型画面

液晶テレビは最近では大型画面タイプでも比較的安価に購入することができるようになってきました。

そのため、できるだけ大きな画面タイプを購入したいと言う考えの人が多くなってきた傾向にありますが、画面サイズを選ぶ場合には、あくまでも設置させる部屋の大きさや、実際にどの位置からテレビを見るかによって決めることが大切になります。

大きければ確かに見た目のかっこよさや高級感を手に入れることができますが、近くで見てしまうととても目が疲れてきます。

また、小さすぎる画面サイズの場合には部屋と液晶テレビとのバランスがとても悪くなってしまい、見辛いと感じやすくなります。

ちょうど良い液晶テレビのサイズを選ぶことが重要なのです。

液晶テレビのサイズの目安

フルハイビジョンと4Kから比較

液晶テレビを画面サイズから選ぶ場合には、液晶テレビの性能に就いても考慮して選ぶことが重要になってきます。

ただ、画面サイズから部屋の大きさ、そしてテレビを見る距離だけで考えるのではなく、画質についても考慮する必要があるのです。

例えば、今主流になっているフルハイビジョンと4Kについては、フルハイビジョンの方が画質は悪いため、4Kよりも離れた距離でテレビを見ることになるのです。

フルハイビジョンは画質が粗いため、近くで見るとその画質の粗さが鮮明になってしまうのです。

理想的な液晶画面サイズ

液晶テレビは理想的な画面サイズを選べば、ストレスなく使用することができるようになります。

基本的な画面サイズの選び方を理解しておけば、迷うことなく購入できます。

まず、最も一般的なサイズだと言える43v型液晶テレビについては、4Kの場合には視聴距離はおおよそ1メートルを基準にすれば画質を意識することなく見ることができます。

また、この画面サイズでフルハイビジョンの場合であれば、1.5メートル以上距離を保つことをおすすめします。

こうした考え方で液晶テレビの画面サイズを選んでいけば、購入時の失敗は防ぐことができるようになります。

液晶テレビの弱点も知っておく

画面のチラツキがある

液晶テレビを購入する場合には、液晶テレビ独特の弱点も理解をした上で購入するようにしましょう。

弱点を理解すれば、購入時の失敗は~防ぎやすくなります。

まず、液晶テレビの最大の弱点とも言えるのは、画面のチラツキです。

とくに、液晶テレビは速い動きについていくことが難しいので、スポーツ観戦やゲームでの使用時にはチラツキを感じやすくなります。

しかし、最近ではこうした画面のチラツキを極限まで抑えた液晶テレビも発売されていますので、積極的にこうした機能を備えたモデルを選ぶようにしてみましょう。

視野角が狭く見辛い

また、液晶テレビの特徴として画面の視野角が狭いことがあります。

真っ直ぐから見た場合には、それほどストレスを感じる場面はありませんが、少し角度が付いてしまうことで、急に画面が見え辛くなってしまいます。

大勢で液晶テレビを見る場合には、角度によっては見え辛いと感じてしまう場面も多々ありますので、こうした問題についても解消されているモデルを接客的に選ぶように心がけましょう。

購入するタイミングが難しい

そして、液晶テレビは新しいモデルがすぐに発売されるため購入時のタイミングが分かり辛いと言うこともあります。

購入するタイミングは、人により異なってきますが、常に最新の液晶テレビを購入したいと考えている人にとっては購入時のタイミングは分かりにくいと言えます。

しかし、こうしたタイミングを完全に理解することはマズ無理だと考える方が正解です。

購入したいと考えたときの最新のモデルを購入しておけば、大きな失敗は防ぐことができると考えておきましょう。

おすすめの液晶テレビ3選

BRAVIAKJ-55X9350D

ソニーのBRAVIAKJ-55X9350Dは、世界で高い注目を集めている液晶テレビだと言える存在です。

BRAVIAKJ-55X9350Dは、優れた画質にこだわっていますが、こだわっているのは画質だけではありません。

ソニーらしく、音響にも高い技術が採用されており、最高のサウンドでテレビを見ることができます。

映画鑑賞やゲームに、とても高い能力を発揮してくれますので、レベルの高い液晶テレビを求めている場合には、BRAVIAKJ-55X9350Dは最高におすすめです。

REGZA58Z810X

東芝 58V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 58Z810X

東芝のREGZA58Z810Xも、ソニーに負けない画質で液晶テレビの存在をしっかり示しています。

そしてREGZA58Z810Xは画質もさることながら、使いやすさなどにもこだわって作られています。

録画機能などにも優れており、こうした電化製品が苦手だと考えている人にはおすすめです。

いつまでも長く愛用していきたいと感じさせてくれるモデルです。

VIERATH-55DX850

パナソニック 55V型 液晶 テレビ VIERA TH-55DX850 4K対応 HDR対応 ハイレゾ音源対応

パナソニックのVIERATH-55DX850は、高輝度でありさらに高色域に優れたIPSパネルを採用していることに注目が集まっているモデルです。

バックライトにはLEDを採用しています。

このLEDには白色だけはなく赤色蛍光体もプラスされていますので、液晶テレビが苦手だとされている赤色の発色も綺麗に映し出すことができるようになっています。

パナソニックの技術が終結されているVIERATH-55DX850は、画質にこだわっている人にはとくにおすすめです。

まとめ

液晶テレビを選ぶときには、画面サイズや画質、そして実際に部屋に設置することも考慮して選ぶことになります。

つまり、トータル的なバランスで液晶テレビは選ぶ必要がありますが、こうした選び方は簡単なことではありません。

そさらに高画質な液晶テレビはとても高価になってしまいますので、しっかり吟味を行い選ぶようにすることが重要なのです。






液晶テレビ