おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

漫画の専門学校の闇は本当? プロになるために必要なものを紹介!

   

インターネットでは、多くのサイトで「専門学校へ通ってもプロの漫画家になれない」という情報が掲載されています。

漫画家を目指している方たちの中には、不利な情報が掲載されているので、専門学校へ通学するべきか悩んでいる方も多いでしょう。

確かに、漫画の専門学校へ通ってもプロになれないケースもありますが、プロデビューできる方もいるので、漫画専門学校の闇が本当なのか詳しく解説していきます。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)

スポンサーリンク

漫画の専門学校の闇

漫画の専門学校に通学しても、プロになれない生徒が出てくるのは、様々な原因があるからです。

その原因を理解できたら、専門学校に通学してもプロになれる可能性がある事が分かると思うので、プロになれない原因について説明しましょう。

不利な情報

インターネットでは、漫画の専門学校で教えている講師は、プロになれないから学校で生徒たちにスキルを教えているという情報が掲載されています。

確かに、そのような講師たちがいるのは事実ですが、数多くある専門学校の中には、プロの講師陣がいる所もあるのです。

不利な情報を知った後に、思ったように画力が上達できなかったら、そのような情報ばかりを考えてしまって、プロデビューできるキッカケを失ってしまいます。

そのような事態に陥らないようにするためには、プロの講師たちがいる専門学校を選ぶようにしましょう。

現在では多くの学校で、ホームページを公開しているので、そのホームページを確認したら、優秀な講師がいるのか把握する事ができます。

挫折してしまったケース

専門学校は、美大に比べたらレベルは低くなっていますが、それでも絵を書く事が好きな生徒たちが集まっているので、ある程度までレベルが高い人間が多いです。

レベルが高い生徒がいれば、自分の実力が低い事を自覚して、挫折をしてしまうケースがあります。

さらに、講師からレベルが低い事を指摘されてしまって、在学中に挫折をしてしまうケースもあるのです。

このようなケースもありますが、逆の言い方をすれば、挫折をしなければプロになれる可能性はあります。

努力をしなかったケース

専門学校は、小学校とは違って学習期間が短くなっていて、多くの学校が2~3年の学習期間しかないので、スキルアップしないうちに卒業してしまうケースがあります。

実際に、専門学校へ入学する際には、プロの漫画家になる事を目標にしていたのに、あまり努力をしないでプロデビューできなかったケースもあるので注意しなければいけません。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)

スポンサーリンク

漫画家になるための方法

専門学校を卒業してもプロになれないケースもありますが、そのようなケースになったとしても、時間をかけてプロになる方法があるので、詳しく紹介しましょう。

社会人でプロを目指す方法

専門学校を卒業してもプロの漫画家になれなかった場合には、社会人になりながらプロを目指す方法があります。

この時に注意して欲しいのは、あまりにも漫画に関係のない会社で働いてしまえば、画力をアップできる時間が限られてしまうので、イラストまたは漫画を描ける職業に就く事が重要です。

日本には、イラストやアニメを制作する企業もあるので、そこで働きながらスキルアップする方法がおすすめです。

もしも、漫画やイラストに関係のない会社で働く場合には、自宅で作品制作をする時間を確保するために、労働時間の少ない会社で働く方法もあります。

独学でプロになる方法

社会人にならないでプロになる方法もあって、それは自宅で作品制作を続けていくしかありません。

途中から独学で漫画家になる方法もありますが、この場合には両親の支援が必要になるので、行える方もいれば、行えない方もいます。

実家でプロを目指す方法であれば、それほどお金をかける事がないので、支援してくる親御さんもいるでしょう。

独学と聞いたら、プロになる可能性は低いように感じるかもしれませんが、専門学校である程度まで作品制作する方法を学んでいるので、プロになる可能性はそれほど低くありません。

インターネットを利用

漫画家になるためには、出版社に認めてもらうしかないと思ってしまう方は多いかもしれません。

ところが、インターネットを利用する事によって、出版社に顔を出さないでプロデビューできる可能性もあるのです。

自分のホームページに漫画を掲載して、そのページに広告を掲載しておけば、アクセス数さえ多くなれば、広告料だけで生活をする事もできます。

実際にGoogleアドセンスとうい広告を掲載すれば、ホームページまたはブログのアクセスが月間100万PVもあれば、月間20万円前後の報酬をもらう事ができるのです(PVとはページが開かれた回数)。

多様化する漫画

私たちが子供の頃は、少年サンデーや少年ジャンプなどの書籍に掲載されるのが、漫画作品というのが常識でした。

ところが、最近では漫画作品も多様化してきたので、詳しく紹介しましょう。

多様化されている漫画作品を知る事ができれば、プロデビューできなかったとしても、それほど焦る必要がない事がよく分かるはずです。

書籍に掲載されるケース

昔であれば、出版社に足を運んだり、コンクールに受賞したりして漫画家になる事が常識でした。

しかし、最近ではブログのアクセスが多い所が注目をされて、出版社のほうから書籍化してみないかという動きもあるのです。

実際に、はてなブログで多くのアクセスを数えていた『警察官クビになってからブログ』から、書籍化されたケースもあるのです。

このように、ブログの注目度によって、書籍化できるケースもあるので、自分のブログからアピールする方法もあります。

WEBの漫画

ブログに漫画を掲載して、その漫画が書籍化するケースもあります。

それが『中国嫁日記』です。

この中国嫁日記では、日本人のオタク男性40代と、中国人の美人女性20代の女性が結婚する内容になっています。

ブログに掲載されている4コマ漫画は、奥さんに知られないうちに大人気になってしまうほどでした。

このように、ブログ自体が認められて書籍化されるケースがある一方で、ブログに掲載されている漫画が認められて書籍化されるケースもあるのです。

もしも、自分から出版社へ足を運ぶ勇気がない場合には、まずはブログを開設して、そこに自分の漫画を掲載する方法も有効でしょう。

漫画家に必要なスキル

プロの漫画になる方法はいくつもありますが、その方法も失敗してしまう可能性もあります。

多くの方たちに注目してもらうためには、いくつか必要なものがあるので詳しく紹介しましょう。

作品のバランス

人気の高い漫画は大きく分けて3つあります。

1つ目は画力が高くて魅力的なスートーリの場合です。

2つ目は画力が低くても魅力的なストーリーの場合で、3つ目はストーリーがあまり魅力的ではなくても画力が高い場合です。

本来であれば、画力も高くて魅力的なストーリーのある漫画を制作する事が理想ですが、それを制作する事は簡単ではありません。

そのため、自分の持ち味が何かを把握した上で、作品を制作していったほうが良いでしょう。

読者の感想を重視

専門学校を卒業してもプロになれない場合には、インターネットを利用する方法は有効ですが、その場合には読者の感想を重視する必要があります。

読者の中には、優しい方もいれば、厳しい事を言ってくる方もいるので、目を背けたくなる場合もあります。

しかし、読者の感想から逃げずに、そこから学びとっていけば作品に磨きをかける事ができるので、インターネットを利用する場合には読者の感想を重視するようにしましょう。

まとめ

漫画の専門学校を卒業しても、プロになれない方たちの中には、その不満をインターネット上のサイトに書き込む事によって、不満を晴らしている場合があります。

そのような情報を見たら、専門学校へ入学するべきか悩んでしまうかもしれませんが、学習方法によってはプロデビューできる可能性は十分にあります。

さらに、漫画家になる方法はいくつもあるので、まずは専門学校で学んでみて、スキルアップする方法は有効です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校