おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

表現者として活動する!声優専門学校で声優とクリエイターを目指す方法

   

アニメが好きな方の中には、将来はアニメ業界に進んで好きなことを仕事にしたいという方がいます。

アニメ業界の仕事と言えば、アニメーターやキャラクターデザインなどの制作に携わるクリエイターとしての仕事や声優などのアニメ作品に声を入れる仕事があります。

クリエイターと声優のどちらの仕事も挑戦してみたい場合、どのような学び方をすれば良いのでしょうか。

ここでは、声優専門学校で声優とクリエイターを目指す方法をご紹介したいと思います。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

アニメ業界のクリエイターと声優の仕事の共通点とは

アニメ業界にも様々な分野の仕事がありますが、クリエイターの分野はアニメーター・キャラクターデザイン・アニメ監督・イラストレーターなどの分野があり、声優の分野は声優をしながら演劇や歌手の仕事をすることもあります。

それぞれの仕事にはどのような共通点があるのでしょうか。

高い表現力や独自のセンスが必要となる

アニメ業界でクリエイターか声優で仕事をする場合には、高い表現力や独自のセンスが必要となります。

両者とも表現力が必要となる職種だという共通点があるので、日々の中で感性を磨き自分ならではの表現の仕方を研究することが大切です。

プロの指導を受けることで表現力が高まることもあるので、将来の夢に備えて専門学校に通うなどして必要なスキルを磨くことをおすすめします。

アニメ関連の知識が必要となる

アニメ業界でクリエイターとして仕事をする場合、アニメ関連の知識がある程度必要となります。

どんなアニメ作品が受け入れられているか、どんなキャラクターが人気があるのか、また、そういった情報だけではなく過去のアニメ作品の歴史なども合わせて学ぶようにするなど、アニメ業界で新しい作品を生み出すヒントを得るためにはアニメ関連の知識は必要不可欠です。

そして、声優もキャラクターに合わせた表現力を心がける必要があるので、アニメ関連の知識を入れておくことで役作りのヒントになるでしょう。

プロが集結してアニメ作品を手掛ける

アニメ業界のクリエイターと声優は、どちらもプロが集結してひとつの作品を作り上げる職種です。

たくさんのスタッフと共に仕事をする場合、協調性だけではなく自分の個性をうまく発揮することが大切です。

現場で通用する確かなスキルをもとに個性をうまく生かすことができれば、より良い作品が完成します。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

クリエイターと声優を同時に目指す方法

クリエイターと声優ではまったく異なるスキルが必要となるので、プロを目指す場合には本格的に学校などを通して必要なスキルを学ぶことが大切です。

クリエイターと声優の両方のスキルを身につけようとすると、スケジュール管理にも気を配る必要性が出てきますが、どのような方法でそれぞれのスキルを身につけたら良いのでしょうか。

クリエイター系の学校と声優の学校に同時に通う

アニメ業界のクリエイターと声優の仕事のどちらにも興味がある場合には、クリエイター系の学校と声優の学校を同時に通う方法があります。

たとえば昼間は声優の学校に通いながら夜間はクリエイター系の学校に通うなど、1日の時間をうまく使うことで両方のスキルを同時に身につけることができます。

夜間の学校は短期間で集中的にスキルを身につけるので、時間をうまく使いたい方におすすめです。

声優学校に通いながら制作系の通信講座を受講する

声優のスキルを身につけたい場合には、プロの講師について直接指導を受けることが大切です。

実践的なレッスンを積み重ねることでアフレコなどのスキルや表現力を身につけることができますが、クリエイターとしてのスキルは通信講座を受講することでも習得が可能です。

昼間は声優の学校に通いながら、空いた時間を利用してクリエイターとしてのスキルを通信講座で学ぶなど、異なる学習方法をうまく組み合わせることで両方のスキルの習得が目指せます。

短期の声優学校卒業後に短期の制作系の学校で学ぶ

声優とクリエイターのスキルを同時に学ぶのが難しい場合には、まずは、短期の声優学校でスキルを習得することに集中します。

声優は発声・表現・演技などのレッスンを積み重ねていきますが、レッスン以外でも自主的に苦手とするスキルの習得を目指す必要があります。

まずは、声優の学校で集中的に学んで、それから短期の制作系の学校で学ぶようにすれば、必要なスキルを丁寧に身につけていくことができます。

声優専門学校で声優とクリエイターを目指す方法

声優専門学校は本来声優のスキルの基礎から応用までを身につけるための学校です。

近年では声優の活動の幅が広がっており、声優本人が注目されることが多いので声優以外にも演劇やライブ、またはクリエイティブなセンスを生かしてグッズデザインを手掛けるなどその活動も多岐に渡ります。

声優とクリエイターとしてのスキルを身につけておけば、チャンスが巡ってきた時に大きく飛躍することができますが、さっそく声優専門学校で声優とクリエイターを目指す方法を見ていくことにしましょう。

声優とクリエイターのどちらも目指せるコースで学ぶ

声優専門学校には様々な種類のコースがあり、声優のスキルを専門的に学ぶコースもあれば、声優とクリエイターのどちらも目指せるコースもあります。

毎日の授業にバランス良く両方の授業が組み込まれているので、在学中に二つの分野のスキルを同時に身につけていくことができます。

一通りの授業を受けた後で専門的なコースで学ぶ

声優専門学校の中には、1年目には授業を通して幅広い内容を学び、2年目にはより専門的な内容を学んでいくところがあります。

クリエイターと声優の両方のスキルの習得を目指す場合でも、どちらのスキルをより深く学びたいかによって選ぶコースに違いが出てきます。

1年間の基礎的な学習が済んだ後、声優のスキル習得に力を入れたい場合には2年目は声優のコースを選び、クリエイターのスキル習得に力を入れたい場合には2年目はクリエイターのコースを選ぶようにするなど、より力を入れたいスキルに合わせて学び方を変えると良いでしょう。

声優とクリエイターのスキルを身につけるメリット

声優とクリエイターはそれぞれ共通点はあるものの違った分野の仕事なので、人によっては両方のスキルを身につけることを難しく感じることもあるでしょう。

確かにスキルを身につけるまでは、異なる内容の授業を受けるなどの苦労があるかもしれませんが、声優とクリエイターのスキルを同時に身につけておくことにはいくつかのメリットがあるのです。

アニメ業界でプロとして幅広い活動ができる

アニメ業界で声優として活動する中で人気が出てくれば、様々な方向から好奇心が刺激されるような仕事の依頼が舞い込むことがあるかもしれません。

たとえば、自分のファンサイトのオリジナルグッズ制作など、自分のアイディアを仕事に生かすチャンスを得る可能性もあるので、クリエイターとしてのスキルを持っていれば、デザイン制作に直接携わることができます。

二つの職種のどちらからも収入が得られる

声優とクリエイターの二つの仕事を持っていれば、二つの職種から収入を得ることができます。

特に声優は正社員のように毎月の給料が決まっていないこともあるので、複数のスキルを持っていればいくつかの仕事をうまく組み合わせて継続的に収入を得ることができるでしょう。

まとめ

声優とクリエイターは一見すると共通点がないように感じますが、意外にも似た部分があるのです。

声優専門学校によっては、声優だけのスキルではなく選択するコースによって声優とクリエイターの両方のスキルが身につく学校もあります。

アニメ業界に興味がある方で幅広く活躍したい場合には、思い切って気になる分野両方のスキル習得を目指してみると良いかもしれません。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校