おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

これからペンタブを購入しようと思っている人へ

      2016/09/15

絵を描く子供

将来の夢は漫画家やイラストレーター、グラフィックデザイナーそんなことを思っている人もそう少なくはないはずです。

また、単純に『絵を描くのが好き!』というひともたくさんいるでしょう。

そんな人なら必ずと言っていいほど欲しくなるペンタブレット!マウスじゃ表現しきれない細かい描写が可能になり、描き手としてのモチベーションもあがります!私自身もマウスでイラストを描いたり、スケッチブックに鉛筆で絵を描いているうちに『ペンタブレットで同じイラストを描いたらどれだけクオリティの上がったものになるだろう…』と思って、少ないバイトの給料を貯めてBambooのComicPen&Touchを購入!最初のうちは力を入れて描きすぎてペン先がものすごい早さで削れてしまったり、ペンについているショートカットボタンのようなものもせっかく付いているのに使えなかったりと扱いに苦労しましたが、慣れてしまえばもの凄く使い勝手がよかったです。

ここで、ペンタブレットを実際に使ってみて思ったことや、これから購入しようと思っている人に少しでも役にたつかなと思うことを紹介していきます!

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

自分にあった大きさのペンタブレットを選びましょう

ペンを走らせるタブレットにも、大きいもの小さいものがありますね。

一般的に手首を動かして描く人は小さいタブレット、肘を動かして描く人は大きいタブレットを選ぶのがセオリーです。

また、手元で描いたものがほぼ垂直な液晶画面に表示されるわけですから、そうなるとイラストを描くスタイルが多少変わる人もいるでしょう。

なので買う前に、お店のお試しやすでにタブレットを持っている人に協力してもらって、自分にあったタブレットのサイズを模索するのが最良だと思います。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ペンタブレットでイラストを描きたい人へおすすめソフトウェア

さて、ペンタブレットがいくら優れものでも、タブレット自身が活躍できる環境がなくては宝の持ち腐れです。

タブレットと同じようにイラストを描くためのソフトウェアも、機能的で尚且つ自分に合ったものを選びましょう。

多くの絵師さんは『SAI』や『Illuststudio』を使っています。

私は後者を使っていますが、前者後者ともに長所短所があります。

私の個人的な感想だと『SAI』のほうが滑らかな線を描くことができろような気がします。

『Illuststudio』 のほうはベクターレイヤーを扱えるところが利点だと思います。

動画サイトなどに各ソフトでのイラストメイキング動画などたくさんあるので、選ぶ際の参考にしてみるといいかもしれません。

力の入れすぎには注意、筆圧の設定

冒頭でも述べたように、タブレットを使い始めた頃の私はペン先に力を込めすぎて描いていたため、ペン先が削れるのはもちろん、タブレット自体にもキズをつけてしまいました。

このままでは大切なタブレットが!と思い、説明書を取り出して筆圧設定をすることに。

特に複雑な仕様ではないのですんなりと自分の筆圧にあった設定に変えることができます。

ペンタブレットを購入したら必ず筆圧設定はしましょう。

しかし、使っていれば少しずつながらもいずれはペン先が削れていきます。

ペンタブレットを買った際、ペン先の替え芯がついているはずなので、ペン先が削れてきてしまったら、付属の道具を使って正しい方法で交換しましょう。

ペンタブレットが欲しい!おすすめのメーカー、シリーズは

ペンタブが欲しいけどどんなのをかえばいいのかわからない!ペンタブレットのメーカーには、プリンストンやKanvusなどのメーカーがありますが、安価で使い勝手のいいペンタブレットは私的に『ワコム』が出しているペンタブレットだと思います。

安価というのは、ワコムのペンタブレットは安いものから高いものまでさまざまなシリーズがあり、安価なものでも十分性能がいいという意味です。

カラーバリエーションやタブレットのサイズも豊富で自分にあったタブレットも探しやすいと思います。

また、このメーカーからは液晶タブレットも販売されていて、より使いやすく性能のいいものが欲しいという方には、少々値は張りますがそちらもおすすめだと思います。

まとめ

ペンタブレットは私たちのお絵描きをより楽しく、そして完成した作品をよりクオリティの高いものにしてくれます。

しかし、タブレットを使ったから絵が上手く描けるようになるわけではありません。

絵を上手く描くにはタブレットどうこうの以前に描写力が必要になります。

タブレットは私たちの持つ描写力を活かしてくれる道具に過ぎません。

あなたの持つ力でペンタブレットを使いこなしてください!絵を描くことが今まで以上に楽しくなるはずです!

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ), 全件