おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

アニメ専門学校を出た後の進路ではどんな進路が多い?

   

アニメ専門学校に入るかどうか悩んでいる時には、アニメ専門学校を出た後の進路のことがあるから、そうして悩んでいるということが多いです。

実際問題、アニメ専門学校に入った後の進路は、どういう進路になることが多いのでしょうか?

ここではそんな、アニメ専門学校に入った後の進路について紹介していきたいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

アニメ制作会社に入ることが一番多い

まず進路として圧倒的に多いのは、アニメ制作会社に入るということです。

たとえばアニメーターだったり、キャラクターデザインだったり、実際にそこのアニメ制作会社で何をするのかということは別にして、ほとんどの場合でアニメ制作会社に入ることになります。

なので、アニメ専門学校に入ることが出来て、そこでしっかりと勉強に励むことが出来れば、少なくともアニメを仕事にするという夢はかなえることが出来ます。

アニメ専門学校に行こうと考える時点で、アニメに関する仕事がしたいと考えるものです。

その夢は、アニメ専門学校に行けば叶うことになるのです。

就職できない専門学校も少なくない

他ジャンルの専門学校の場合、そこを卒業しても就職出来ないということも珍しいことではありません。

たとえばイラストの専門学校です。

イラストの仕事というのは、すごく需要が少ないです。

ないとは言いませんが、すごく少ないことは間違いありません。

だから、イラストレーターとしてどこかの会社に入ることができる方は多くはないのです。

でも、アニメの専門学校であればそうなることはありません。

少なくともプロにはなれることがほとんどです。

需要がすごく多いから

何故アニメ専門学校の場合はきちんとプロになれることが多いのかというと、アニメの仕事の場合は、需要がすごく多いからです。

アニメの仕事は、基本的に人手不足です。

でも、仕事量自体はすごく多いです。

特に今の時代は、アニメイコール日本の文化だと認められているところがありますし、固定ファンもすごく多いです。

だから、仕事量はすごく多いのです。

仕事量がすごく多いのに人手不足だとなると、当然アニメの仕事をする人の需要は高まります。

なので、アニメ界ではすごく人材の需要があるのです。

専門学校を卒業しているとなると、基礎的な実力があるのは当然になりますから、その分採用しやすいです。

結果、ほとんどの方がアニメ制作会社に入社することになるのです。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

アニメ関連の会社も多い

アニメ制作会社以外では、アニメ関連の会会社も多いです。

たとえばアニメのグッズ製作会社とかそういうところです。

そういうところでは、アニメの専門学校で学んできたことを直接的に活かせるわけではありません。

でもアニメに携わる仕事ではあります。

あえてこういう進路を選ぶ方もいるのです。

アニメ制作会社は大変

なぜなら、アニメ制作会社はすごく大変だからです。

実際働けば、大変なのは何もアニメ制作会社だけではありません。

どこで働くにしても大変なことは間違いありません。

しかし、アニメ制作会社の場合は、特に大変な仕事になるのです。

たとえば徹夜で何かを仕上げないとならないということなんてざらにあります。

実際にアニメ専門学校を出て、アニメ制作会社に入るという夢をかなえたのに、辞めてしまうという方はすごく多いです。

そしてその辛さはアニメ専門学校にいる間に多少はわかるものですが、それでもなんとかなると思ってしまうものです。

でも結果何ともならないことも多いのです。

そんな辛さに、アニメ専門学校に通っている間にしっかりと気が付き、このままこれを仕事にしていくのは無理だと考えた方が、途中で進路を変えていくのです。

そして、そういう方が選ぶのが、アニメ関連の会社になります。

給料もよいことが多い

確かに思い描いていたクリエイティブな仕事ではありませんが、休みはきっちり取れて、多少激務な日はあっても、寝れないほどしんどいことはそうそうないということが多いです。

また、アニメ制作会社に比べて給料が高いことも多いです。

アニメ制作会社での仕事は、激務であるにもかかわらず、給料はすごく安いことが多いです。

だから人が集まらないで需要が高くなるのです。

それでも夢を仕事にしているわけですから、頑張れる人は頑張れるものですが、頑張れない人はアニメ関連の会社に入ることが多いです。

デザインを仕事にすることもある

アニメ専門学校で学んでいると、デザイン力も高くなっていきます。

だから、そのデザイン力の高さを活かして、デザイン系の会社に就職していくという選択をする人もいます。

ただこの進路は、決して簡単な道ではありません。

アニメ関連の会社に入るよりも全然大変な進路ではあります。

デザインにはデザインの専門があるから

なぜなら、デザインにはデザインの専門学校があるからです。

デザインにはデザインの専門学校があるのであれば、そういうデザインの専門学校で学んでいた方が、王道のデザインはできます。

そしてデザインの基礎力も高くなります。

そういう方たちと、椅子を争っていかないとならなくなるのです。

需要は決して高くない

しかも、需要は決して高くないのです。

デザイン系の会社はそもそも数が多いわけではないですし、そこまで人が必要だということもあまりありません。

需要があまり高くないのに、その椅子を狙っている人はたくさんいるという状況になります。

なのでやはり、そこの椅子をとるのは難しいです。

でも、逆にアニメ関係の知識があるからこそのデザイン力に繋がったりもするので、そういうところを面白がってもらえたら、その進路に行ける可能性も出てきます。

そうして、この進路に進んでいく人がまずまずいるということになるのです。

映像制作会社に入る方もいる

アニメ制作会社ではなく、もっと幅の広い、映像制作会社に入る方もいます。

映像制作会社とはたとえば、広告を制作したり、あるいは結婚式の映像を制作したり、そういう会社になります。

そういう会社では、アニメが必要になることもあります。

でも、そういう会社にいる方のほとんどは実写での映像制作のプロになります。

アニメを作ろうとしてもアニメを作ることが出来ない方が多いです。

でも、アニメが必要になることがあるのです。

そういう経験が何度かあった映像制作会社が、アニメができる人を探して求人を出すことがあるのです。

それを見たアニメ専門学校の人が、そういう映像制作会社に入ることも多いです。

アニメ制作よりも待遇はよい

実際にアニメは作ることが出来ますし、そしてがっつりとしたアニメ制作とは異なり、そこまで激務ではないことが多いです。

さらに給料も、そこまで良いわけではないところが多いですが、悪いわけではありません。

なので、映像制作会社に入るという進路は、おすすめできる進路になります。

そこまで求人の数が多いわけではないのがたまに傷ですが、夢も叶えることが出来て、待遇もよいなんていう環境は、ほかにはそうそうありません。

夢の形はちょっと違うかもしれませんが、それでも進む価値はある進路です。

まとめ

アニメ専門学校を出た後の進路として多いのは、やはりアニメ制作会社になります。

5年後にそのアニメ専門学校からアニメ制作会社に入った方がどれくらいいるかというと微妙なところになりますが、それでも卒業時の進路として多いのはやはりアニメ制作会社なのです。

そして幅は狭いですが、ぎりぎりつぶしも効きそうですし、将来の進路はあまり心配することはありません。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ