おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

イラストを学ぶには専門学校に通うことが近道。選び方とその理由

   

「小さい頃から絵を描くのが好きで…」と言われていた方の中には、本気で絵の勉強をしたりイラストを描いて職業にしたいと本気で思い描いている方も少なくないでしょう。

しかし、一度は心に決めたけれど難関と言われるイラストの世界に、今の技術で勝負できるのだろうかと悩んではいませんか。

そんな悩める方におすすめするのが、イラスト専門学校です。

まだ未熟な技量を磨き、さらに就職する方法や可能性を見いだしてくれます。

ここでは、イラストの専門学校の選び方や、なぜイラスト専門学校を勧めるのかなどをイラストレーター卵の皆さんに伝えていきたいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラスト専門学校を卒業が役立つ3つの職業

卒業後の進路には、どのような職業への道が開けるかというと、大きくわけて3つあります。

1つめはイラストを書く誰もが憧れる漫画家です。

特に、もともと絵が上手くないのが悩みでストーリーはしっかり頭の中で構築できていると言うような方は在学中からも有名な出版社へ漫画を持ち込んだりと積極的に活動する事もできます。

2つめは、イラストレーターでクライアントからの仕事を受けて、要望に沿ったイラストを期日までに仕上げ納品する仕事になります。

イラストレーターの仕事は、ポップやポスター、お店のロゴなど多岐に渡ることが多く、募集を行っている企業も多いため、比較的窓口が広い職業といえますね。

3つめは、グラフィックデザイナーです。

近年ではパソコンを使用したデジタルイラストが主流になっているので、3つの中で一番敷居の低い職業です。

広告代理店や企業のプロジェクトチームなど、グラフィックデザイナーは比較的多くの分野で活躍できるので、専門学校で技術をしっかり身に付ければ、就職することは可能です。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラストを独学で学ぶには限界がある

得意稀な才能を持ち合わせている人の場合、独学で絵の勉強をするだけでプロの世界でも通用することがありますが、それはほんの一握りの逸材のみです。

厳しいようですが「ちょっと上手に絵が描ける」という人は世の中には数えきれないほどいます。

そして、肝心なのは絵が上手いだけでは人を惹き付ける事が出来ないということなんですね。

ファッションなどと同様にイラスト業界にも流行りや最新の技法など、独学で学ぶことが難しいことが実は沢山あります。

専門学校では、そんな時流の移り変わりでどのような手法や技法が取り入れられるかなどのイラスト業界についても詳しく知ることができるのです。

イラスト専門学校を選ぶときに気を付けたい4つのポイント

デザインやイラストの基礎をしっかりと身に付ける為には専門学校に通うことをおすすめしていますが、学校によって強みとしていることが違ったり学費にも差があるのは事実です。

いざ通うことを決心しても、どの基準で選べば良いのかが解らないという方も多いでしょう。

適当に選んでしまうと、身に付けたいスキルが全く習えなかったり、自分がなりたい職業の募集はあまりなく目標としていた職に就けないという壁にぶつかってしまうことがあります。

イラストの専門学校を選ぶポイントをしっかりと押さえて、より自分にぴったりの学校を選びましょう。

入校後に習うカリキュラムは、自分の習得したいものとマッチしているかを考える

イラストの専門学校の多くは、入校してから卒業までは2年間で、その2年間の間にイラストの基礎をはじめ様々な技法について学んでいきます。

大きくは、デザインの方法、デッサン、着色のしかた、CGなどのグラフィックなどが挙げられます。

卒業後にすぐ企業で通用する最低限をしっかり学ぶことができるカリキュラムになっています。

ただ、技法の学習を優先し演習が少なめであったり、そのウェイトは専門学校ごとに異なっています。

また、外部講師(実際に現場で活躍されているプロの方)をたくさん招いて、リアルな現状や企業での活躍方法など生の声を聞くことができる機会が多い所もあります。

どの部分に重点をおいてカリキュラムが組まれているかをしっかりとリサーチする必要があります。

専門学校を卒業後のこれまでの実績

ただ趣味のためだけに専門学校に通うことを決める方はごく稀で、ほとんどの方は将来の職業としての勉強の為に通うことが多いですよね。

ただ、せっかく2年間しっかりと勉強をしたのに、いざ就職のタイミングになった時に、選んだ専門学校にはイラストレーターとして活躍をされた先輩卒業生の実績があまりにも少なく、就職先に困ってしまうというもともナイとは言えません。

学校見学やパンフレット、ホームページなどで事前に卒業生がどのような企業や進路で活躍しているのかを調べてみましょう。

専門学校によって、出版社に強い所やイラスト関連の企業とのパイプが太く就職率が高いなど様々異なっています。

自分が思い描くイラストレーターとしての将来に近い就職実績がある専門学校を選びましょう。

通いやすく首都圏とのパイプがしっかりしている学校を

出版社やクリエイティブ企業のほとんどの本社については、東京や大阪に集中しています。

イラストの専門学校は大手から小規模まで日本全国にあるので、地元で探すことも難しくはありません。

その時に注意してほしいのは、支店や本社が主要都市に所在しているかどうかを確認することです。

主要都市県内に本社のある学校は、出版社やクリエーターなどとのコネクションも多くパイプをしっかりと持っていることが多いので、後々の就職活動で有利になるとともに、最新の技法もしっかり学ぶことができます。

学費の年間平均は120万円。無理なく払える計画を

専門学校は、その名の通り「専門的な知識を身に付ける学校」であるので、その知識を得るためには費用がかさむことはあります。

もちろん、イラスト専門学校の中には低価格で卒業までが可能になっている所もありますが、だいたい平均的に見ると年間120万円、卒業までに300万円前後が必要と言われています。

また、その他に道具の費用や学校までの交通費などもプラスされていきますので、専門学校の中でも高額な部類に入ります。

その分、専門的な知識が身に付きますので本気で将来を考えて打ち込む2年間と考えれば、けして高いとはいえないかもひれません。

こういった金銭面からも、高校を卒業してからすぐに入学する若い世代だけではなく、社会人となりしっかり貯蓄を蓄えた上で入学する方も多いです。

最新設備は整っていると、より高度な技術が学べる

開講してから設備投資を行っていない学校は、学費が安く設定されていることもありますが、中には高い学費であっても古いソフトを使用している場合もあります。

学校の備え付けの設備次第で、学べる幅は大幅に変わってきますので重要なポイントです。

デリケートな画材を扱ったり、指先や目を使うことも多いので、施設全体の居心地も大切な要素のひとつになるため、なるべく学校を選ぶ段階から直接足を運んで見学することをおすすめします。

イラストを学ぶ心構え

イラストは、専門学校へ通い様々な技法や手法を身に付けることで、それなりのレベルには成長することができます。

もちろん、このレベルでの職業も実際にはあるのですが、イラストレーターとして活躍するには、技術だけではないイラスト事態の魅力やオリジナリティが必要になります。

今の自分らしいイラストは、その「オリジナリティ」の塊と言えるかもしれませんので、専門学校で習うことを全てを模写するのではなく、自分らしさをしっかりと持つことが何よりも大切なことです。

しっかりと基礎や応用をプロの講師から学び、より自分のイラストに命を吹き込みたいと思う心構えが大切です。

まとめ

イラストは独学で学ぶより、専門学校でしっかりと知識をつけることが将来の職業としての近道であること言われています。

同じ道に進みたい仲間がいることは、悩みや辛さを共感できる心のゆとりとなりますよね。

これからイラストを職業にしたいと考えている方には、専門学校に通うことをおすすめします。

仲間同士で作りあげていく楽しさや、新たな技術を身に付けることで、あなたのモチベーションも今以上に向上するはずです。

参考URL・参考文献・根拠など

http://pentabu.it-kaden.com/%E7%A7%…
https://spxpanbp6sofeyr2tf4mr4k3utt…
https://spxpanbp6sofeyr2tf4mr4k3utt…
http://pentabu.it-kaden.com/%E3%81%…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ