おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

イラスト通信講座で学びながらイラストレーターとして仕事をする準備とは?

   

将来はイラストレーターとして仕事をしたいと思っている方の中には、現在は別の仕事で生計を立てている方がいるかもしれません。

仕事をしながらイラストについて学ぶなら自宅でレッスンできるイラスト通信講座がおすすめですが、イラスト通信講座で学びながらイラストレーターとして仕事をするにはどのような準備をしたら良いのでしょうか。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

どのような方向性でプロになるかを決める

イラストレーターになりたい方の中には、始めの一歩をどう踏み出せば良いかわからないという方が多くいます。

まずは、プロとしての高いスキルを身につけることが大切ですが、どのような方向性でプロになるかを決めることでプロを目指すために必要な準備内容に違いが出てきます。

デザイン会社に就職することでプロを目指す時には

イラストレーターの仕事のやり方のひとつに、デザイン会社の正社員のイラストレーターとして就職する方法があります。

会社が様々なクライアントから仕事を請け負い、その中から自分のスキルに適した仕事を割り振られることがありますが、必ずしも自分のイラストの個性が必要とされるわけではありません。

その代わりに安定的に給料が支払われるので安心して生活することができます。

フリーのイラストレーターを目指す時には

フリーのイラストレーターを目指す場合、自分の作品を様々な方向にアピールしていく必要があります。

デザイン会社に作品を持ち込んだり、イラスト通信講座の受講期間中にイラストコンテストに応募して受賞することで業界から注目されることを目指すなどの方法があります。

自分の個性を生かしてお金を稼ぐためには、作品が世間から必要とされる必要があるので実力さえあれば自由に好きなイラストを描くことが仕事となります。

現在の仕事とイラストの仕事を掛け持ちする時には

イラストの仕事だけでやっていくのは不安があるという場合には、現在の仕事とイラストの仕事を掛け持ちする方法があります。

仕事が終わり帰宅した後で単発の仕事を請け負うなどして、生活のベースは現在の仕事で補いながら、好きな仕事で少しでもお金を稼ぐ喜びを実感しながら過ごせるのでイラストのスキルを日常で役立てることができます。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

通信講座で学びながらイラストの仕事をするための準備

イラスト通信講座は専門学校と違って自宅で好きな時間にレッスンできるので、現在別の仕事をしながらイラストレーターを目指している方におすすめです。

イラスト通信講座の中には短期のものもあるので、受講期間中にレッスンと並行してプロとして仕事をするための準備を整えておくことが大切ですが、どのような準備をしたら良いのでしょうか。

イラストの添削指導を通して苦手な科目を克服しておく

イラスト通信講座でプロレベルのスキルを身につけるためには、真剣にレッスンに励むことが大切です。

イラスト通信講座では課題作品を提出するとプロの講師から添削指導してもらえるので、自分のスキルのレベルを確認しながら上達のための貴重なアドバイスがもらえます。

苦手なイラストの科目を克服しておくことで、プロとして仕事を始めた時に幅広い仕事を請け負うことができます。

自分の作風が生まれたらポートフォリオを作る

イラスト通信講座を始めたばかりの頃は、基礎と応用を学ぶのに忙しく自分の作風を生み出す余裕がないかもしれません。

しかし、講座の後半に入る頃になれば自然と自分の作風が生まれることがあるので、個性を生かした作品のポートフォリオを制作しておくと良いでしょう。

ポートフォリオは就職活動や自分の作品の売り込みの際に必ず必要となるので、日頃から少しずつ作品を描き貯めておくことをおすすめします。

イラストの作品の売り込みを開始する

イラスト通信講座で高いスキルが身についたら、ポートフォリオを持って作品の売り込みを始めると良いでしょう。

デザイン会社に持ち込みをするなどして、作品を多くの人に見てもらうことが仕事の依頼に繋がります。

すぐに仕事の依頼に繋がらないこともありますが、諦めずに地道な売り込み活動を続けることが大切です。

イラストレーターの求人情報に目を通しておく

正社員のイラストレーターとしてデザイン会社に就職したい場合には、作品の売り込みではなく求人情報に目を通すことが大切です。

雑誌の求人やネットの求人など、幅広い情報に常に目を通しておくことが自分が希望する職場を見つけることに繋がります。

忙しくて思うように準備ができない時の対策法

現在の仕事で忙しく、思うようにイラストレーターを目指すための準備ができない時でも、ネットを活用して自宅に居ながらイラストの仕事を請け負うための準備を整えることができます。

まずは、自分のイラスト作品を描き貯めておくことが大切ですが、ネットを使った対策法について見ていきたいと思います。

イラストレーター登録サイトを活用する

現在の仕事が忙しく、イラストレーターとして仕事を請け負うための準備がまったくできない場合には、イラストレーター登録サイトを利用すると良いでしょう。

プロフィールや作品を登録しておけばイラストを依頼したい数多くの方が登録サイトを訪れるので、作品が目に留まり仕事の依頼に繋がる可能性があります。

クラウドソージングを活用する

クラウドソージングサイトは、サービスを提供する会社が仕事を依頼したい人と仕事をしたい人を結びつけるきっかけとなるので、サイトを通してイラストの仕事を請け負うことができる可能性があります。

実績がある方に仕事が集中することもありますが、イラストの作風がクライアントのイメージに合っていれば仕事に繋がることがあるので、まずは登録してみることが大切です。

ブログで作品を発表しながらチャンスを待つ

ブログでイラストの作品を発表することで、多くの方から作品を見てもらえます。

知名度が高いブログサイトは様々なジャンルの方が訪れるので、そのサイトを通してブログをコツコツ更新していけば、イメージ通りのイラストが描けるイラストレーターを探していたクライアントの目に留まる可能性があります。

イラストレーターで安定した収入を得るには

現在の仕事で生計を立てている場合、今の仕事を辞めてイラストレーターになることに不安を感じる方が多いことでしょう。

イラストの仕事の依頼を安定的に受ける見込みがないまま現在の仕事を辞めるのは危険なので、進路の選び方には慎重になることをおすすめします。

イラストレーターで安定した収入を得る方法について見ていきたいと思います。

デザイン会社に就職するのがおすすめ

イラスト業界は浮き沈みが激しい業界のひとつなので、売れっ子のイラストレーターになったとしても何年も人気が続かないこともあります。

安定的にイラストの仕事をしながら収入を得たい場合には、デザイン会社に就職するのがおすすめです。

イラストのスキルを生かしながら固定給がもらえれば、目の前の仕事に集中することができます。

イラストの講師を目指すのがおすすめ

イラストレーターの仕事を安定的に請け負うには、高いスキルと確かな実績が必要となりますが、イラストの講師を目指せば授業料という形で収入を得ることができます。

講師をする傍ら好きなイラスト作品を制作していけば、充実した気持ちで毎日を過ごすことができます。

まとめ

プロのイラストレーターを目指すには、イラスト通信講座で学ぶことでスキルを身につけるだけではなく、イラストレーターとして仕事をするための準備を整えておくことが大切です。

イラスト通信講座の中にはプロに必要な高いスキルが身につくものがあるので、カリキュラム内容によく目を通して自分が必要とするレッスンができるものを選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ