おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

オリジナルアクセサリーを販売したい!ジュエリーデザイン専門学校で学ぶ必要はある?

   

自分がデザインしたアクセサリーを作って身につけることができたら、お洒落がもっと楽しくなります。

現在はサイト上で自分のショップを持つことが可能なので、手作りアクセを販売する夢を持っている方がいるかもしれません。

中にはジュエリーデザイン専門学校で本格的にアクセサリー作りについて学ぶことを迷っている方がいるかもしれませんが、このような場合、必ず専門学校で学ぶ必要があるのか見ていきたいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

手作りアクセとショップのアクセの違いとは

オリジナルアクセサリーとひと言で言っても様々な種類があります。

自分がショップオーナーとなってサイトやアプリ上で販売するタイプのアクセサリーもあれば、自分がデザインしたアクセサリーが大手のアクセサリーショップで販売されることもあります。

両者の違いを比較してみることにしましょう。

アクセサリーを制作するスタッフの数に違いがある

ひとつずつ手作りでアクセサリーを作るやり方は、制作・商品の管理・販売のすべてを自分が担当して、サイトやアプリのショップを通して販売することになります。

しかし、大手のアクセサリー会社でデザイナーとして活動する場合、自分が制作したデザインをもとに職人による手作業か工場などで一定の数のアクセサリーが制作されます。

このように、両者にはアクセサリー制作に携わるスタッフの数に違いがあります。

アクセサリーを販売する規模に違いがある

自分一人でひとつずつのアクセサリーを制作する場合、サイトやアプリなどのいくつかのショップを通してアクセサリーを販売することになります。

しかし、アクセサリーブランドの会社に所属してジュエリーデザイナーとして活動する場合には、全国のショップで自分がデザインしたアクセサリーが取り扱われるので、販売の規模に違いがあります。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

ジュエリーデザイン専門学校はこんな人におすすめ

ジュエリーデザイン専門学校では、アクセサリーデザインの基本や応用、制作の工程などを丁寧に学びます。

プロに必要なスキルを身につけることができますが、ジュエリーデザイン専門学校で学ぶのが最適な人の特徴について見てみることにしましょう。

アクセサリーデザイナーとして会社に入社したい

自分一人でコツコツと手作りアクセサリーを制作して販売をこなすというような活動よりも、ジュエリー関連の会社に所属して正社員として安定的にアクセサリーデザイナーとして活動したい場合には、ジュエリーデザイン専門学校で学ぶのがおすすめです。

プロのアクセサリーデザイナーに必要な知識と技術を身につけた上で、専門学校を通して就職活動をすることができるので効率良く夢を目指せます。

有名なアクセサリーブランドのデザイナーになりたい

有名なアクセサリーブランドのデザイナーとして働きたい場合には、独学ではなくきちんとアクセサリーの基礎と応用を身につけておく必要があります。

有名なブランドであるほど就職の際の競争率が高いので、在学中にジュエリーデザインのコンテストで賞をとるなど様々な準備をしておくと就職で有利になります。

金属の素材を使った本格的なアクセサリーを作りたい

金属の素材を自分自身で扱うためには確かな技術が必要となります。

専用の設備や道具が必要となるので、それらの使い方を学ぶためにもジュエリーデザイン専門学校で必要な技術を身につけておくことをおすすめします。

デザインから制作までの一通りのスキルを持っていれば、イメージをアクセサリーに反映しやすくなります。

ジュエリーデザイン専門学校で学ぶことのメリット

ジュエリーデザイン専門学校では、アクセサリーデザインに必要な知識や技術を併せて学ぶことができるので本格的にプロを目指したい方におすすめです。

手作りキットなどを使ったアクセサリーを小規模に販売する夢をお持ちであれば独学でも可能ですが、プロとして広く活動するためには幅広いスキルを身につける必要があります。

ジュエリーデザイン専門学校で学ぶことにはどんなメリットがあるのでしょうか。

プロのアクセサリーデザイナーに必要な技術が身につく

ジュエリーデザイン専門学校では、ジュエリーについて基礎から応用までを段階に応じて学んでいくのでプロのアクセサリーデザイナーを目指す方におすすめです。

アクセサリーデザイン画の描き方だけではなく、宝石や金属素材などの知識を身につけたり、様々な素材を使って実際にアクセサリーの制作を行うなど幅広い授業内容で確かなスキルが身につきます。

アクセサリーの金属素材を扱う技術が身につく

アクセサリーは宝石だけではなく金属と組み合わせることでより美しさを増します。

ジュエリーデザイン専門学校には金属素材を使ってデザイン通りの形にするための専用の設備や道具が揃っているので、本格的なアクセサリー制作が可能です。

プロ同様の技術を身につけることができるので、将来はデザインだけではなく制作の分野に携わることを目指せます。

ジュエリー関連の会社への就職を目指せる

アクセサリーが好きな方は、憧れのアクセサリーブランドがあるかもしれません。

国内や海外にはアクセサリーブランドが無数にありますが、一流のアクセサリーブランドの会社への就職を目指すことで、デザイナーとしてアクセサリーのデザインを担当することも夢ではないかもしれません。

ジュエリー業界との繋がりが深いジュエリーデザイン専門学校で学ぶことで就職活動しやすくなります。

本格的に学ぶ為ジュエリーデザイン専門学校の選び方

ジュエリーデザインについて学べる専門学校がたくさんあるので、その中から自分の目的に応じて最適な学校を選ぶことが大切です。

どのデザイン専門学校もアクセサリーの幅広い知識や技術について学べますが、何を基準にして選べば良いのでしょうか。

アクセサリーデザインのカリキュラム内容で選ぶ

本格的にアクセサリーデザインの全般を学びたい場合には、ジュエリーデザイン専門学校のカリキュラム内容によく目を通す必要があります。

デザイン専門学校の多くが公式サイトを持っているので、カリュラム内容を確認してよく比較した上で専門学校を選ぶようにしましょう。

デザイン画だけではなく、様々な素材を使った制作の技術などを幅広く学んでおいた方が、自分が目指したい方向性を定めやすくなります。

アクセサリーデザインを担当する講師で選ぶ

ジュエリーデザイン専門学校には、プロとして第一線で活躍する講師が在籍しているところがあります。

憧れの講師から直接プロに必要な技術を学ぶことで、プロを目指したいという意志がより強くなるでしょう。

講師とのコミュニケーションを通して業界の様々な情報を耳にする可能性もあるので、将来のビジョンを描きやすくなります。

アクセサリーデザイン業界への就職率で選ぶ

アクセサリーデザイナーを目指して一通りのスキルを身につけたら、アクセサリーデザイン業界への就職を目指すことで本格的にプロとして活動することができます。

アクセサリーの一流ブランドへの就職が決まった場合には、憧れのアクセサリーのデザインを担当するなどのチャンスを得る場合があるので幅広く活動することができます。

まとめ

ジュエリーデザイン専門学校に通うことで、アクセサリーデザイナーとして幅広い活動を目指すことができます。

アクセサリーを自分自身で作りたい場合でも、宝石や金属の知識を学んだ上で制作に取り組むことでイメージ通りの作品を作ることができます。

本格的にプロのアクセサリーデザイナーを目指したい場合には、プロの講師から丁寧な指導が受けられるジュエリーデザイン専門学校で学ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ