おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

デザイナーになりたい!アルバイトをしながらデザイン専門学校で学ぶ方法

   

デザイナーになりたいという夢を描いている方の中には、現在アルバイトをしている方がいるかもしれません。

専門学校の多くはカリキュラムに沿って授業を行っているので、働きながら学校で学ぶのは難しいのではないかと悩むこともあるでしょう。

働きながらデザイン専門学校に通うにはどうしたら良いのでしょうか。

ここでは、アルバイトをしながらデザイン専門学校で学ぶ方法をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザイナーになるためのシンプルなステップ

プロのデザイナーに必要な知識と技術を身につける

デザイナーになるには、仕事をする上で必要なデザインに関する知識と技術を身につける必要があります。

デザインの世界はファッションやプロダクト、WEBやキャラクターデザインなど幅広い分野があるので、まずは自分が進みたい方向性を選ぶことが大切です。

必要な事柄を基礎から応用まで学べる専門学校なら、プロへの道を少しずつ歩むことができます。

自分の個性を生かした作品のポートフォリオを作る

専門学校のカリキュラムは初めてデザインを学ぶ方でも無理のない内容となっているので、基礎から応用までデザインに必要なスキルを身につけることができます。

応用の段階に入ると自分の個性を作品に生かせるようになりますが、授業の流れの中に個性を生かした作品のポートフォリオ制作が組み込まれていることがあります。

ポートフォリオは就職活動をする時に欠かせないもので、履歴書と共に自分のこれまでの実績を見せる重要なツールとなるので完成度が高いものを作成しておくことが大切です。

デザイナーの求人をもとに就職活動をする

デザイン専門学校にはデザイン業界の求人情報が多く入ってくるので、効率良く就職活動をすることができます。

学校を通した求人なので、自分に最適な就職先を安心して探せる点が大きなメリットですが、専門学校にはプロの講師が在籍しているので就職に関する相談ができるなど、デザイナーになるために何が必要か貴重なアドバイスがもらえます。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

アルバイトをしている方におすすめの専門学校の特徴

短期間で効率よく学べる専門学校

一般的な専門学校は、デザイナーに必要な知識や技術を学ぶためのカリキュラムをもとに2~3年間の学習期間を経て就職活動を始めます。

高校を卒業後、専門学校の学生として集中的に学ぶには最適ですが、アルバイトなど働きながらだと仕事と授業の両立が大変な場合があります。

そんな時、凝縮されたカリキュラムになっており、1年間など短期間で集中的に学べる専門学校なら働きながらでも限られた時間内に効率良く学ぶことができるのでおすすめです。

夜間クラスに対応している専門学校

一般的な専門学校は昼間に授業が入っているので、アルバイトをしながらでは授業に参加できないことがあります。

また、授業に参加できないとクラスについていけなくなる可能性があるので、対策をとることが大切です。

そんな時、夜間クラスに対応している専門学校を選ぶことで無理なく授業に参加できます。

夕方から夜にかけての短時間で効率良くデザインを学べるので、働きながら専門学校に通いたい方におすすめです。

駅に近い場所にある専門学校

アルバイトをしながら専門学校に通う場合、便利な場所にあるか確認することが大切です。

その日の忙しさによって仕事が終わる時間が遅くなってしまうこともあるので、通学しにくい場所にある専門学校だと移動に時間がかかり思うように授業に参加できないことがあります。

駅に近い場所にある専門学校なら最寄の駅から学校まですぐに移動できるのでゆとりを持って行動できます。

就職率が高い専門学校を選ぶ

デザイナーになる夢を持っている場合、専門学校を通して必要なことを学び就職することで夢を実現する可能性が高まります。

デザイン専門学校にはデザイナーの求人情報が多く集まってくるので、自分に最適な就職先を探すことができます。

デザイナーの就職率が高い専門学校で学べば、プロとしての即戦力を身につけた上で安心して就職活動できます。

アルバイトをしている方の専門学校の探し方

アルバイト先に近い地域にある専門学校を検索する

アルバイトの内容によっては、仕事が終わって定時にすぐに帰宅できないものもあります。

そのような場合、アルバイト先に近い地域にある専門学校を選んでおけば、スムーズに通学できるのですべての授業に参加しやすくなります。

インターネットを利用すれば、数多くのデザイン専門学校の情報について調べることができるので、まずは、アルバイト先に近い地域にある専門学校を検索して情報を絞り込むと良いでしょう。

専門学校の公式サイトで夜間クラスについて確認する

アルバイトをしながらデザインの勉強をする場合には、専門学校の公式サイトに目を通して夜間クラスがあるか確認しましょう。

昼間のクラスしかないデザイン専門学校は、仕事の都合に合わせて学校に通うことができません。

仕事のスケジュールを優先しながら専門学校で学ぶなら、夜間クラスがある専門学校がおすすめです。

専門学校の公式サイトで学費や学習期間を確認する

専門学校の公式サイトには、学科ごとの学費や学習期間が分かりやすく掲載されています。

アルバイトをしながら専門学校に通う方の中には、自分自身で学費を支払う方がいるかもしれないので、あらかじめ学費を把握しておくことで安心して入学申込みをすることができます。

教育ローンに対応しているデザイン専門学校もあるので、無理のない支払い方法を選ぶことで働きながらデザインについて学ぶことができます。

働きながら専門学校に通うことのメリット

社会人としての経験を身につけた上で学べる

高校を卒業して社会に出て働くことで、社会人としての経験を身につけることができます。

デザインに直接関係のない職種であったとしても、礼儀作法や社会人としてのコミュニケーションの取り方、接客技術などはデザイナーになってクライアントとコミュニケーションをとる時に役立ちます。

デザイナーの仕事はクライアントの意向を忠実に形にすることが大切なので、社会性やコミュニケーション能力は必要不可欠なものです。

同じ目標を持っている多くの人と出会える

働きながらデザイン専門学校に通うことで、同じ目標を持つ多くの人と出会えます。

特に夜間クラスは働きながらデザイナーを目指す方が多くいるので、様々な経験を持つ幅広い年齢層の方と出会う可能性が高くなります。

クラスメイトとのコミュニケーションを通して貴重な人間関係を築くことができるので、デザインを学びながら有意義な時間を過ごすことができます。

将来に必要な資金を貯めることができる

一般的な専門学校はぎっしりと授業が詰まっていることがあるので、デザインを学びながら働くなどほかのことができない場合があります。

その点、夜間クラスを設けているデザイン専門学校なら、アルバイトをしながら学べるので将来に必要な資金を貯めることができます。

デザイナーとして就職後に数年したらフリーランスのデザイナーを目指すなど、将来の計画に合わせて資金を貯めることで気持ちにゆとりができます。

まとめ

専門学校は高校を卒業してすぐに専門学校に入学する場合と、社会人としての経験を経て専門学校で学ぶ場合があります。

アルバイトをしながらデザイン専門学校に通う場合には、社会人が多い専門学校を選ぶようにすると、共通の生活環境や話題によってクラスメイトとの仲が深まりやすくなります。

専門学校という場所は、学ぶだけではなく同じ目標を持つ仲間や友人を作るのに最適な環境なので、自分が馴染みやすいと感じる学校を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ