おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

デザイン専門学校にダブルスクールで通うメリットは何?

   

デザインの専門学校にはダブルスクールで通っている人も一定数います。

ということは当然、ダブルスクールでデザインの専門学校に通うことにメリットがあるからそうしているということになります。

では、デザイン専門学校にダブルスクールで通うことには、どんなメリットがあるでしょうか?

ここではそのメリットについてみていきます。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

就職率がぐっと高くなる

デザイン専門学校にダブルスクールで通うと、就職率がぐっと高くなります。

それは、ダブルスクールの最大の特徴であり、最大のメリットです。

ただ、デザイン専門学校にダブルスクールで通うと就職率が高くなるというのは、何も必ずしもデザイン関係への就職率が高くなるというわけではありません。

ここでいう就職率とは、とにかく就職ができるということの率になります。

それは、ダブルスクールの方が確実に高くなります。

選択肢の広さが桁違い

なぜなら、ダブルスクールでデザイン専門学校に通うのと、ダブルスクールではなく普通にデザイン専門学校だけに通うのでは、選択肢の広さが桁違いになるからです。

デザイン専門学校だけを出ていると、基本的にはデザイン系以外への就職は難しいです。

でも、ダブルスクールの場合は違います。

ダブルスクールの場合は、多くの場合で、大学とデザイン専門学校のダブルスクールになります。

だから、一般企業の一般職への就職の確率がぐんと高くなるのです。

デザイン系の企業や仕事というのは、基本的にはそこまで数が多くありません。

たいして一般企業の一般職というのは、仕事の数も桁違いになります。

結構、就職率はだいぶ変わってくるのです。

デザイン系の就職は簡単ではない

また、こうしてダブルスクールで就職先の選択肢を広げると就職率が上がるというのは、デザイン系の就職が簡単ではないということも関係しています。

デザイン系への就職では、高いスキルが求められます。

そしてそもそも数が少ないという時点で、ライバルも多いことになります。

ということは当然その分就職は難しくなるのです。

少なくとも、よい条件のところは、かなりの倍率になります。

だから、できれば間口を広げておいた方が就職はしやすくなります。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

色々なことに興味が持てる

デザインの専門学校にだけ行っていると、基本的にはデザインに関すること以外には興味が持ちづらいです。

でも、ダブルスクールでデザインの専門学校に行っている場合は話が別です。

ダブルスクールでデザイン専門学校に行っている場合であれば、大学でさまざまなことに触れることができます。

そうして色々なことに触れていき、色々なことに興味を持っていけば、その分興味の幅も広がっていきます。

だから、いざ就職する頃には、デザインよりももっとやりたいことに出会えている可能性も出てきます。

そうして本当にやりたいことに出会うことができるのであれば、それに越したことはありません。

デザインの専門学校に通うほとんどの方は、デザインが好きだからデザイン専門学校に通っているはずです。

でも、好きとやりたいは似ていながらも異なるものになります。

だから、いざやってみたら思っていたのと違って、やめたくなることも多々あります。

それがもし本当にやりたいと思えることに出会えて、それをすることができていたら、やり始めて辛いことがあったり、思ったのと違うことがあったりしても、問題なくやり遂げることができます。

なので、デザイン専門学校に行く際には、ダブルスクールで行くのがおすすめになります。

デザインの幅も広がる

またそうして色々なものに触れていけば、その分だけデザインの幅も広がります。

デザインのことだけ考えているよりも、色々なところから少しずつアイデアを受けて、そしてそれをひとまとめにするようなデザインをしていった方が、よりオリジナリティのあるデザインができるようになるものです。

よりオリジナリティのあるデザインができるようになるのであれば、それに越したことはありません。

そういうことからも、ダブルスクールでデザイン専門学校に行くのはおすすめになります。

学歴が大卒になる

ダブルスクールでデザイン専門学校にいけば、学歴が大卒になります。

そうして学歴を高くすることができるというのは、実はすごく大きなメリットになります。

残念ながら未だに日本は学歴社会なところがあります。

だから、大学卒業という肩書きがないと、就職のための試験を受けるだけの資格が持てなかったりするのです。

でも、逆に言えば大卒という肩書きがあれば、それだけで就職のための資格がないということはほぼなくなります。

そうして就職のための資格がないということがなくなることは、就職時にはもちろんのこと、転職時にもいきてきます。

デザイン系に就職してもやめたくなることはある

デザインの専門学校を出て、いざデザイン系の仕事に就職できたとしても、それをやめたくなることはあります。

そうしてそれをやめてしまった時、デザイン専門学校卒業という肩書きだけだと、どうしても次の仕事もまたデザインの仕事になりがちになります。

でも、そこに大卒という肩書きがあれば、別に仕事自体は未経験であったとしても、転職できることは多くなっていきます。

実際にそうして違う仕事に就くかどうかはおいておいても、こうして色々な仕事を選ぶことができるようにしておいた方が良いことは確実です。

集中して学べるようにもなる

ダブルスクールでデザイン専門学校にいけば、集中してデザインを学べるようにもなります。

デザイン専門学校だけに通い、そしてそこでデザインだけを学んでいると、どうしてもあまり身が入らないことも出てきます。

しかし、ダブルスクールで忙しい中でデザインを学んでいこうとすると、その分集中して学ぼうという意識が高まり、結果デザイン専門学校だけに通う時よりも集中してデザインを学んでいけるようになったりするのです。

意外としっかり学べるということ

それはつまり、ダブルスクールでデザイン専門学校に通うのであっても、意外としっかりと学べるということになります。

ダブルスクールでデザイン専門学校に行く時に不安になるのが、本当にダブルスクールであってもデザインの力がついていくのかということです。

でも、このように意外としっかりデザインのことを学んでいけるわけになりますから、それに関しては心配することがないということになります。

むしろ逆にデザイン力が高くなることすらあります。

学校で学ぶ時間があまりない分、余った時間を利用して自主的に勉強したりもするようになりますから。

そうしてより自発的に時間を費やすようになれば、ただただ学校で教わっているよりも、成長率は高くなります。

なので、逆にデザイン専門学校だけに通うよりも、デザイン力が上がって行くことがあるのです。

そうしてデザイン力が上がるのであれば、それに越したことはありません。

だからやはり、ダブルスクールでデザイン専門学校な通うというのはおすすめできることになります。

まとめ

ダブルスクールでデザイン専門学校に通うことには、就職や転職がしやすくなったり、デザインの幅が 広がったりと、将来のことにおいてさまざまな良い点があります。

だから、それは十分におすすめできます。

忙しくなってしまい、その分だけお金がかかるというデメリットもありますが、特にお金の面をパスできるなら、ダブルスクールは大いにアリです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ