おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ノングレア液晶テレビのよいとろこは?注目したい4つのメリット

   

液晶テレビの画面には、グレアとノングレアの2種類があり、きれいな映像を楽しむには、グレアの方が適しています。

色を鮮やかに再現し、黒い色にもしっかり深みが出すことができるので、美しい映像になるのです。

この点だけに注目すると、液晶テレビはグレア一択のように思えてしまいますが、ノングレアにも優れた点はあります。

ここでは、ノングレアのメリットについて説明していきましょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

反射や映り込みがない

ノングレアとグレアの最も大きな違いは、画面の光沢の有無です。

グレアの商品は、映像を鮮やかに再現できる反面、画面に光沢があるため、常に光を反射することになります。

そのため、窓から入る光や、部屋の中の照明などには注意しなければなりません。

光の反射があると、画面を眩しく感じるようになるのです。

いくら映像がきれいでも、眩しくて見づらい画面になってしまうのでは、純粋に楽しめなくなってしまいます。

これを防ぐためには、なるべく光の影響が少ない位置を探すことが大切です。

真正面から光が当たれば、もろに光を反射してしまいますが、なるべく横から当たる位置に移動させれば、少しは軽減することができます。

また、日光が反射して眩しいようなときは、遮光カーテンなどを使って光をシャットアウトするのもおすすめです。

しかし、そのような反射を防ぐための工夫は、面倒に感じてしまうことも多く、「最初から見やすい画面ならよかったのに」という不満も出てきます。

そこで役立つのが、画面に光沢がないノングレアなのです。

位置を気にせず見られる

ノングレアは画面に光沢がないため、多少光が当たったところで、反射が起こる心配はありません。

日光や部屋の照明など、光の量が多い部屋で見ていても、極端に眩しく感じるようなことはないのです。

したがって、グレア液晶のように、光が当たらない位置を探して部屋の中を動き回らなくても、普通に使うことができます。

あらかじめカーテンを閉めて見やすい環境をつくる必要もなく、見たいときは、ただ電源を入れればよいのです。

「細かいことを気にせず見たい」という人は、ぜひノングレアを試してみてください。

ただし、いくら反射がないとはいえ、直射日光が当たる位置だとさすがに見づらいので、明るすぎる場所は避けるようにしましょう。

映像に集中できる

光の反射がないことのメリットは、眩しさの軽減だけではありません。

画面に余計なものが映り込むこともなくなります。

反射が多いグレア液晶の場合、映像が暗いシーンになったりすると、どうしても映り込みが発生しやすくなるものです。

夜になると、窓ガラスが鏡のようになり、自分の顔を映してしまうことがありますが、それと似たような状態になります。

部屋の中の様子や自分の顔などが、映像の中に映り込んでしまうと、映画やドラマで感動のシーンを見ていても、うまく集中できないことがあるのです。

「見ているうちに気にならなくなる」という人も多いですが、普段はあまり意識していなくても、ふとした瞬間に自分の顔を見て興醒めしてしまうというのは、珍しいことではありません。

そのようなデメリットを回避したいなら、ぜひ反射の少ないノングレアをおすすめします。

映り込みがない画面なら、より没入感が高まり、映画やドラマの世界を存分に楽しむことができるのです。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

目が疲れない

ノングレアの液晶テレビは、グレアと比べて目にかかる負担が少なくなります。

これは、反射が軽減されているためです。

グレアの商品で光が反射しているときは、眩しさを感じてしまうため、長く画面を見つめていると、目が疲れてきます。

少しの間なら負担も少なくなりますが、映画を見たり、ドラマやアニメなどを何話も続けて見たりするときには、多めに休憩を入れるようにしないと、目の疲労がどんどん蓄積されてしまうのです。

しかし、反射を抑えることができるノングレアなら、目に入る光の量が大幅にカットされるため、少しくらい長く見ていても、負担が大きくなることはありません。

もちろん、テレビの見すぎは避けるべきですが、反射が激しい状態に比べれば、疲れにくくなるのです。

PCモニタ代わりに最適

液晶テレビの使い道は、テレビ番組を見るだけではありません。

PCと接続すれば、大きなPCモニタとしても使うことができるのです。

そのときも、ノングレアの商品が役立ちます。

液晶テレビをPCモニタとして使うなら、光の反射が多い状態は避けなければなりません。

PCで何か作業をするとなれば、普通にテレビを見るときよりも、画面との距離は近くなります。

そのときに眩しさを感じるようだと、目の負担はより大きくなってしまうのです。

しかし、反射の少ないノングレアであれば、近い距離から画面を見ても、それほど疲れることはありません。

また、映り込みが少なくなれば、集中力も上がるので、デスクワークも捗ります。

PCモニタとしての利用を考えているなら、ぜひノングレアの導入を検討してみてください。

傷がつきにくい

ノングレアの商品は、光沢のあるツルツルした画面よりも、傷がつきにくいという特徴があります。

そのため、こまめな手入れもしやすくなっているのです。

グレアの場合、適当なもので無造作に画面を拭いたりすると、すぐに細かい傷がついてしまいます。

液晶テレビは、つい手近にあるティッシュなどで拭ってしまうこともありますが、なるべく傷をつけないためには、もっと柔らかいものを使わなければなりません。

繊細なグレアの画面を掃除するなら、カメラや眼鏡などに使われるクリーニングクロスで、優しく丁寧に、何度か繰り返して拭くようにするのがおすすめです。

しかし、「そんな手入れは面倒」「びくびくしながら拭くのは嫌」と感じてしまうこともあります。

そんなときは、傷がつきにくいノングレアにしておきましょう。

少し強めに拭いても大丈夫

ノングレアの商品は、グレアほど気を遣わなくても、傷がつく心配はありません。

ティッシュで拭くのは避けるべきですが、少し強めに擦ったとしても、画面へのダメージは少ないのです。

そのため、落ちにくい汚れがあったときなどは、時間をかけて少しずつ拭き取らなくても、素早く済ませることができます。

また、「今のは強すぎたかな」「もっと優しく擦ればよかった」といった不安もなくなるので、気軽に手入れができるようになるのです。

ただし、いくら傷がつきにくいとはいえ、乱暴に扱ってよいわけではありません。

多少の圧力には耐えられますが、むやみにゴシゴシと擦るのではなく、基本的には丁寧に拭くようにしてください。

指紋が目立たない

グレアの液晶テレビは、光沢のあるツルツルした画面であるために、指紋が目立ってしまうものです。

少し触っただけでも、くっきりと跡が残ってしまうので、かなり気になります。

普通にテレビを見るときは、ある程度の距離をとることになるので、少しくらいの汚れなら見えないこともありますが、先述のようにPCモニタとして使う場合は、距離も近くなるため、余計に目立ってしまいまうのです。

しかし、光沢のないノングレアであれば、指紋がついていても、それほど目立つことはありません。

少しくらいの汚れなら、気にせず使うことができるのです。

とはいえ、あくまでも目立たないだけで、汚れを防ぐ効果があるわけではないため、手入れはしっかり行うようにしましょう。

まとめ

液晶テレビは、現在はグレアの方が主流であり、ノングレアは少なくなっています。

しかし、ここで紹介したように、ノングレアにも多くのメリットがあります。

グレアの商品であっても、画面にノングレアのフィルムを貼れば、同様の効果を得ることができるので、「ノングレアの方がいい」と感じたなら、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ