おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ノートパソコンとペンタブは面白いコンビ

      2017/09/08

ノートパソコン

皆さんはペンタブを使う時、デスクトップパソコンで使っていますか?それともノートパソコンですか?
自分はノートパソコンでペンタブを使っています。

「使いにくいんじゃない?」と思う方も居るかもしれませんが、実はそうでもないんですよ。

今回は、自分がやっているペンタブとノートパソコンのコンビの使い方をご紹介します!

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ノートパソコンとデスクトップパソコン

自分の場合、職業柄外出先でPhotoshopを使用するのですが、こういう時持ち運べるノートパソコンは便利です。

そして、Photoshopで画像編集する時、ペンタブを使っています。

ノートパソコン+ペンタブで荷物が多くなりますが、デスクトップパソコンでは出来ないですよね。

ちなみに、自分は少し頑丈目で周辺機器が多く入るタイプのノートパソコンのバッグを活用しています。

その中にペンタブも一緒に入れて持ち運んでいます。

荷物が多くなると言えど、ペンタブ自体はそんなに荷物にならないので、ノートパソコンだけを持ち運ぶときとそんなに変わらないです。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ノートパソコンでのペンタブの使い方

さて、ノートパソコンとペンタブ、どうやって使うか。

自分はノートパソコンと上下に並べて使っています。

実は、ペンタブの作業エリアと画面との距離が長く、最初は非常にやり辛くノートパソコンのキーボードの上にペンタブを置いて使っていたりもしました。

しかし、キーボードの上だとショートカットキーが使えず不便なので、泣く泣く並べて使いました。

そして次にやってみたのが、ノートパソコンの隣に並べて使う方法。

(自分の場合は右利きなので右側に。)

そのうち慣れるのかもしれませんが、あまりにも手が右に行き過ぎていて、画面の左側の操作がやりにくくお蔵入り。

結論は、素直にノートパソコンとペンタブを上下に並べる事。

これが一番でした。

ペンタブの置き場所

自分がデスクトップパソコンでペンタブを使用するときは、キーボードを少し奥に配置し、
ペンタブと画面の距離が少しでも近くになるようにしていました。

でも、ノートパソコンではそうも行きません。

キーボードが画面と固定されていますからね。

結論から言えば、ペンタブをノートパソコンで使うときは「慣れる」のが一番です。

画像編集もイラストも、慣れれば難なく使用出来ます。

ペンタブを持ち運ぶ際、オススメのケースは「マックブックようのケース」です。

マックシリーズは他のパソコンよりもスリムなので、ペンタブには丁度いいサイズです。

ペンタブ単体で持ち運ぶときは、ぜひご検討ください。

ペンタブのサイズ

もし、手元にノートパソコンしか無くてペンタブを購入される方が居れば参考になれば良いのですが、
ノートパソコンの横幅とペンタブの横幅は同じ方が使いやすいかもしれません。

というのも、ノートパソコンよりもペンタブの方が大きい場合、作業面積がノートパソコンの方が狭くなります。

ペンタブでの作業ではノートパソコンの横幅よりもはみ出ているのに、画面では内側にある。

想像してみると、何だか違和感がありませんか?
慣れと個人の感覚によってことなるので断言はできませんが、
ノートパソコンの横幅とペンタブの大きさが殆ど同じ方が画面内の作業と手元の作業の距離感が合いやすいと思うので、
購入させる際はサイズを考えてから購入しみてください。

まとめ

ノートパソコンとペンタブ、面白いコンビですよね。

ノートパソコンとペンタブを一緒に持ち運んで外で作業する人はなかなかいないとは思いますが。

笑い
確かにペンタブはデスクトップパソコンでの方が使いやすいですが、
決してノートパソコンとの相性が悪いというわけではありません!
ノートパソコンしか持ってないという方も、慣れればペンタブは使えますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ), 全件