おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブの線がカクカクしてしまう時の対処方法

      2017/09/08

ペンタブ カクカク

ペンタブを使って絵を描いていると突然、線がカクカクとして思ったように線が描けなくなってしまうことがあります。イラストのコンペや、漫画の投稿などの締め切りが迫っている時にこうしたトラブルにあうと本当にパニックになってしまいます。

今回は線がカクカクになってしまった場合の対処方法について解説していきたいと思います。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

プレスアンドホールドを無効にする

Win7以降のOSでペンタブを使う場合、ジェスチャー機能がオンになっている可能性があります。このジェスチャー機能はタブレットパソコン用の機能の一つで、タップした時に指のストロークで機能を呼び出したりする機能です。

ペンタブを使っても、その機能がオンになっているとペンタブの動作に影響する可能性があります。

解除方法は以下の通りです。

ジェスチャー機能の解除方法

  1. コントロールパネルからハードウェアとサウンドからペンタッチを選択します
  2. フリックタブをクリックします
  3. 「フリックを使用してよく実行する操作を素早く簡単に行う」の部分のチェックを外し適用をクリックします
  4. 次にペンのオプションタブをクリックします
  5. プレスアンドホールドを選択して、設定をクリックします設定画面の「プレスアンドホールドを右クリックとして認識する」をのチェックを外します

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ダブルクリックの距離を調整する

ペンの設定でダブルクリックの距離が大きすぎると、ペンを動かしたときにダブルクリックと判断されて不要な画面がでてしまう時があります。

スタートボタン、すべてのプログラムからワコムタブレット、ワコムタブレットのプロパティからペンのタブを選んで、ダブルクリックの距離を小さいに設定してみましょう。

ドライバーを消去する

ソフトがアップデートした場合、ドライバとの間で誤作動が生じることがあります。以前までのペンタブのデーターを消去するとそうした誤作動が解消する場合があります。

スタートボタンから、すべてのプログラム、ワコムタブレットの設定ファイルユーティリティを開き、ログインユーザーの設定ファイルを削除します。ソフトを再起動させ、線がちゃんと描けるかチェックしてみてください。

ドライバーを新しいものにアップデート、もしくはダウンさせる

ソフトがアップデートした際に以前と思ったように線が引けなくなった、カクカクしてしまう場合はまずワコムのドライバを新しいものに変更してみましょう。新しいものにして、不具合が出た場合は新しいものをアンイストールし、古いドライバーにもどしてみましょう。

USBを抜き差しする

ペンタブが誤作動をおこす場合、パソコンとペンタブの接続不良の場合があります。その場合は一度、USBを引きぬい再度刺しこんでみてください。これで解消される場合があります。USBを抜くさいはソフトは一度、閉じておいてください。

まとめ

今回はペンタブの線がカクカクするときの対処方法をご説明してきました。

線がカクカクする原因は色々考えられますが、設定レベルで解消する可能性が高いので、今回説明させていただいた方法を試してみていただければと思います。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ), 全件