おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブは今までの紙とペンと同じような感覚でデジタルで描ける

   

今まで紙とペンを使用して絵を描いていた人にとっては、ペンタブへの移行は抵抗を感じてしまうかもしれません。

しかし、ペンタブは慣れれば最高のアイテムになってくれるのです。

自分がイメージしていた絵を、そのままデジタルとして紙とペンと同じような感覚で描くことができますので、ペンタブを積極的に活用していきましょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ペンタブを選ぶ理由

今やペンタブは欠かせない存在

パソコンなどを利用して絵を描く場合、今ではペンタブは欠かせない存在になっています。

とくに本格的な絵を描こうとしているプロの人にとっては、ペンタブがなければ仕事ができないと言うほどになっています。

こうした欠かせない存在になっているペンタブですが、実はとても多くの種類がありビギナーであれば間違いなく購入するときに迷ってしまい、さらに使い方などにも慣れる必要があるため、じっくり時間をかけて慣れていく必要があるのです。

とくに、今までアナログとして絵を描いていた人にとっては、ペンタブに移行しずらいと感じてしまうことは間違いありません。

しかし、慣れていくことで確実にペンタブの方が有利であることが理解できます。

使えば使うほど、多くの魅力を感じることができるペンタブと言う存在をまずは知っていきましょう。

そうすれば、ペンタブを選ぶ理由がはっきり見えてきます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

まずはペンタブに触れてみる

ペンタブを購入する

ペンタブに慣れるには、やはり購入に迷うことなくまずは使用してみることが一番です。

最近ではとても安価に購入することができるようになっていますので、自分に合っていると感じたペンタブを購入して実際に絵を描いてみましょう。

そうすることでどのような使い心地なのか、どのような癖があるのかも見えてきます。

板タブに触れてみる

ペンタブの定番とも言える板タブは、パソコンに接続をして板状のタブレットの上に絵を描くタイプになります。

この板タブは液晶モニタにはなっておらず、絵の確認はあくまでもパソコン上で行うことになります。

板状になっている上でペンを走らせることで、パソコンに繋いだ画面上で絵を確認するようになりますので、慣れるまでは難しいと感じてしまうかもしれません。

しかし、絵が手で隠れてしまうようなこともなく、大きなパソコンの画面で確認できますので慣れればスピーディーに描くことができるようになります。

そしてこの板タブのメリットはなんと言っても価格がとても安いことにあります。

安価に購入することができるため、初めてペンタブに触れる人には最適だと言えるでしょう。

ただ、板状になっているタブレットには何も映し出されないため、どの位置にペンを置き描けばよいのかと言うことは慣れるまでは難しいと感じてしまうかもしれません。

液タブに触れてみる

液タブはその何の通り、液晶になっていますのでペンタブ自体に絵を描くことができさらに液晶画面上で絵を確認することができます。

今まで紙の上に絵を描いていた感覚にとても近く、ストレスなく使用できると言う特徴があります。

とくにベテランのイラストレーターなど、これからデジタルに移行したいと考えている場合には、この液タブを選ぶことでストレスなく取り掛かることができます。

しかし、液タブは板タブに比べるとどうしても高価になってしまうと言う特徴があります。

初めてペンタブを使用して絵を描くと言う人には、少し高価だと感じてしまうかもしれませんが、長く本格的に愛用していきたいと考えている場合にはやはり液タブをおすすめします。

ペンタブの有名メーカー

ほとんどが同じメーカーが占めている

実はペンタブの多くは同じメーカーが占めています。

そのメーカーはワコムであり、ワコムと言えばペンタブだと答える人も多くいるほど有名なメーカーなのです。

そのため、ペンタブを選ぶときにはワコムは必ず候補に上がってきます。

ワコムの中にもとても多くのタイプがありますので、多くのワコムのペンタブを知っていき購入するようにしてみましょう。

安いモデルの価格

ペンタブと言えばワコムですが、ワコムのペンタブは高価だと言うイメージも多くの人が持っています。

これはそもそもペンタブ自体が高価なことを示しており、今まで紙とペンだけで絵を描いていた人にとってはこの価格が気になって購入に踏み込めないと言う人も多い傾向にあります。

しかし、高価だと感じるワコムのペンタブですが、実は安いモデルも多く発売されているのです。

安い価格帯になれば1万円以下で購入できるモデルも多くあり、ビギナーにとってはちょうど良いと感じることができる性能も秘めています。

そのため、価格帯で諦めることなくまずは安価なモデルをしっかり比較をして選んでいきましょう。

ワコムのペンタブは壊れにくい

ワコムのペンタブは壊れにくいと言う特徴も持っています。

ペンタブは実はとてもシンプルな構造になっており、デジタルで多くを操作することになりますので、初期不良などがある場合を除き、ワコムのペンタブは壊れにくいと言えます。

壊れやすい部分と言えばケーブルの接続不良なので、使い方を間違えない限りはトラブルが起こるようなことは少ないと言えます。

おすすめのペンタブ3選

IntuosDrawCTL-490

IntuosDrawCTL-490は、ワコムの板タブの中でも比較的安い部類に入ります。

高価だと感じるペンタブのイメージを変えてくれるような存在であるため、ビギナーでも安心して購入して本格的に使用することができます。

また、IntuosDrawCTL-490はマルチタッチ機能がないタイプになりますので、こうしたタッチ機能が苦手だと言う人にも向いています。

付属されているペイントソフトが合わないと感じた場合には、自分に合ったタイプに変更してみましょう。

そうすれば自分のイメージ通りの操作を行うことができるようになります。

これからペンタブを知っていく人にとってはとてもおすすめできます。

IntuosProPTH-660

IntuosProPTH-660は、ワコムの中でも比較的上位モデルに位置する液タブになります。

とくに筆圧レベルは、他のグレードに比べれば全く別次元の感覚を得ることができます。

タッチホイールやファンクションキーがとても充実しているため、細かい設定などが簡単に行え、まさにプロとして活躍している人には最高におすすめです。

OnebyWacomCTL-672

OnebyWacomCTL-672は、とにかくシンプルなペンタブが欲しいと考えている人にはおすすめです。

余計な機能を省いているモデルであり、ファンクションキーだけではなくマルチタッチ機能も付いていないタイプになります。

こうしたシンプルな機能性から、年配の人に高い人気を得ていると言うことがあります。

直感的に操作がしやすく、今まで紙に絵を描いていたように描くことができますのでストレスなく操作を行うことができます。

ビギナーにもプロにも、そして年配の人にも広くおすすめできます。

まとめ

ペンタブに移行させることに抵抗を感じている人は、ビギナーだけではなくベテランの人でも同じ考えです。

しかし、ペンタブは今までの紙とペンのような感覚ととても近い感覚で使用することができますので、それほど意識をする必要はありません。

無理なく使用することができますので、まずはさまざまなグレードについて理解していきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)