おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ペンタブレット『Wacom intuos Pro PTH-451』の魅力とは?

   

ワコム ペンタブレット intuos Pro small PTH-451/K2 ワコム直営店限定モデル

現在は、アナログのイラストから、デジタルのイラストへ移行しているイラストレーターたちが多くいます。

そして、デジタルのイラストを製作しやすい周辺機器が『ペンタブレット』になります。

このペンタブレットには、様々な機種が販売されていますが、その中でも圧倒的な知名度を誇っているのが『Wacom』です。

しかしWacomは高い人気を誇っている代わりに、高額な機種が多いのです。

所が、Wacomのペンタブレットの中にも『Wacom intuos Pro PTH-451』のように低価格な機種もあるので、その魅力に迫ってみましょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

Wacom intuos Pro PTH-451の魅力

本製品には、魅力的なポイントが3つあって、それが筆圧レベル・ファンクションキー・60日間メンバージップです。

筆圧レベルやファンクションキーが搭載されているお陰で、デジタルのイラストを製作しやすくなっています。

さらに、60日間メンバーシップがあるので、様々なソフトを利用する事ができるので、詳しく紹介しましょう。

筆圧レベル

ペンタブレットが注目されている理由の一つで『筆圧レベル』が挙げられます。

この筆圧レベルとは、専用ペンをペンタブレット本体に接した時に、力を強くかけたら、線や色を太くする事ができます。

そして専用ペンにかける力を弱めたら、線や色の太さを細くする事ができるのです。

マウスで同じような事をしたら、線や色の太さの設定を変更しなくてはいけないので、手間暇をかける事になってしまいます。

さらに本製品の筆圧は『1024レベル』はあるので、ある程度まで線や色の太さを調整できるようになっているのです。

ファンクションキー

デジタルのイラストを製作する際には、線を引いたり、色を塗ったりできます。

しかも色を塗る時には、ワンクリックで広い面積を塗る事ができます。

その他にも様々な作業を行う事ができるので、アナログのイラストよりも、製作しやすくなっているのです。

所が、デジタルのイラストを製作しようとしたら、作業を切り替える時にツールをクリックしなくてはいけないので、手間暇をかける事になってしまいます。

そのような事になれば、集中力が低下する恐れがあるので注意しなければいけません。

所が、本製品には『ファンクションキー』が搭載されているので、様々な作業の切り替えをワンタッチで行う事ができるのです。

そのため、作業を効率化したい方には、本製品はおすすめのペンタブレットです。

60日間限定メンバーシップ

デジタルのイラストを製作するためには、ペンタブレットだけではなく、専用のソフトが必要になります。

しかし自分の好みに合うソフトを見つける事は簡単ではありません。

本製品は、そのような方のために『60日間限定メンバーシップ』を用意しています。

このサービスは『Creative Cloud』の全てのアプリーケーションを60日間限定で利用できるのです。

このサービスでは、イラストを製作できる『Photoshop』や『Illustrator』が入っているので、様々なソフトを試したい方には魅力的なポイントです。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

板タブの特徴

ペンタブレットには『板タブ』と『液タブ』がありますが、本製品は板タブになります。

実は板タブよりも液タブのほうが高機能なので、多くのイラストレーターたちは液タブを利用しているのです。

しかし板タブには液タブにはないメリットがいくつかあるので、詳しく紹介しましょう。

身体にかかる負担を軽減

板タブより液タブのほうが、人気がある理由の一つとして、イラストが映し出される場所が挙げられます。

実は、板タブはペンタブレット本体に専用ペンを引いていっても、イラストが映し出されるのは、パソコンのディスプレイです。

しかし液タブの場合には、ペンタブレット本体の液晶画面にイラストが映し出されるので、アナログのイラストを製作する環境に近いのです。

所が、ペンタブレットは低い位置に置かれるので、液タブのイラストを見るためには、頭を傾かせる必要があります。

そのような事をしていたら、肩や首に負担をかけてしまうのです。

しかし板タブの場合には、パソコンのディスプレイにイラストが映し出されるので、肩や首にかかる負担を軽減できます。

夏場でも重宝

液タブは高機能でも、熱が放出される機種が多くあります。

そのため、暑い夏場の季節には利用しづらくて、不満を抱いている方は多くいるのです。

そのような事から、利用者たちの中には、冷却用のファンを使用して、液タブが熱くならないようにする方までいるほどです。

そのため、暑がりの方には液タブよりも板タブのほうが、暑い夏場の季節でも重宝できます。

商品情報の詳細

本製品の魅力や特徴を紹介した所で、次に商品情報も紹介するので、このペンタブレットを購入するべきか悩んでいる方は、確認してみて下さい。

付属品の内容

本製品は、Wacomの中では低価格なほうの機種ですが、付属品が充実しているのです。

実際に本製品は、ペンタブレット本体の他にも、専用ペン・ペンスタンド・替え芯・カラーペンリング・USBケーブル・ワイヤレスキット・ドライバCD-ROM・クリックスタートガイド・アプリケーションダウンロードガイドなどがあるのです。

この中でも、注目すべきポイントとして『替え芯』が挙げられます。

実はペンタブレットの専用ペンは使用していくうちに、ペン先の芯は減ったり折れたりします。

所が、本製品には替え芯が用意されているので、しばらくは芯を購入する必要がありません。

コストパフォーマンス

Wacomのペンタブレットの中には、200,000円を超えてしまう機種は数多くあって、その中には300,000円を超えてしまう機種まであるのです。

所が、本製品は、Amazonでは送料無料、税込価格26,784円で購入する事ができます(2018年2月27日時点)。

所が、Wacom以外のペンタブレットの中には10,000円以下で販売されている機種はいくつもあるのです。

そのため、Wacomにこだわらない方は本製品を購入した後に、それよりも値段の安いペンタブレットがある事を知ったら、後悔する可能性もあるので注意して下さい。

利用者たちの口コミ

本製品はWacomの中では値段が安いほうですが、他のペンタブレットに比べたら、値段が高くなっていたので、本製品を購入するべきか悩んでしまった方は多いでしょう。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミも紹介するので、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品を利用している方たちの中には、液タブとは違って、コンパクトなサイズになっている所を気に入っている方がいました。

実際に、本製品のサイズは、幅320.1×奥行207.8mmになっているのです。

そのため、パソコンデスクが、それほど広くなくても、利用しやすくなっています。

さらにコンパクトなサイズになっているので、重量が1.64kgしかないので、持ち運びしやすくなっている所を気に入っているケースもありました。

そして、本製品の専用ペンのブレを感じない方もいたので、操作性も優れている機種になっているのです。

悪い口コミ

本製品のサイズがコンパクトになっている所を気に入っている方がいる一方で、サイズが小さすぎて、不満を抱いている方もいたのです。

実際にペンタブレット本体のサイズが小さすぎたら、作業領域も狭くなってしまうので、勢いよく線を引けないので注意しなければいけません。

その他に、本製品の表面がザラザラとしているので、ペン先が消耗しやすくなっている所を気にしている方もいました。

本製品は替え芯を用意しているとは言え、それがなくなったら、お金をかける事になってしまうので、気を付けて下さい。

まとめ

本製品はWacomの中では、低価格な機種ですが、その他のブランドのペンタブレットに比べれば、値段は安いほうではありません。

しかしWacomは他のブランドに比べて、信頼性が高くて、性能が高いという面もあります。

そのため、他のブランドよりも値段が高いペンタブレットでも、本製品を購入してみる価値はあります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶ペンタブレット(液タブ)