おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

一からプロの声優になる為のルートを解説!声優を目指すなら専門学校に通ったほうが良い!?

   

テレビ番組や映画では声優がもっぱら活躍しています。

テレビ番組では、よくナレーションを声優が行っていますし映画では吹き替えを声優が行っていることが多いです。

ナレーションの他にはアニメの吹き替えも声優が行っていますし、ゲーム業界でも登場キャラクターのボイスとして声優の声が使われています。

今回はそんな声優になる為の一般的なルートや専門学校について解説します。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

声優の魅力

声優の魅力は沢山ありますが、その一つとして自分の作品が残る事が挙げられます。

映画の吹き替えの仕事をすれば、自分の声(作品)がいつまでも記録として残ります。

またアニメの声優なら、一度アニメの登場人物のキャラクター役として定着すれば、アニメシリーズが続く限り安定して仕事が得られる事も多いですし、お馴染みの声優としてファンから覚えてもらえる事もあります。

自分の声を活かした、やりがいのある仕事を探している方に声優業はおすすめです。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

仕事内容

声優は本業としてやっているプロと、趣味や副業でやっているアマチュアやセミプロまでレベルが色々とありますが、プロとして働く方の場合はよく事務所に所属しています。

事務所に所属すると、そこで仕事を振ってもらえますので、仕事も安定してきやすいです。

そして、TV番組や映画を制作するスタッフや監督と話を進めながら、録音スタジオで声の収録を行います。

録音時間は30分ほどのテレビ番組なら、4時間から5時間程度かかる事が多いようです。

声が必要なアニメやゲーム、テレビや映画のアテレコやナレーションの他に、最近はボイスドラマ仕事や司会者の仕事、Vtuberまで活躍出来る場はとても広い仕事となっています。

ちなみに、人気声優の中には歌手やタレントとして活躍する人も多く、もはや芸能人のような位置づけです。

声優のトークショーやライブには、ファンも沢山詰め寄せますので、タレントのような仕事をしてみたい方や楽しい仕事がしたい人にもおすすめです。

声優の年収

年収は仕事の本数などによりますが、売れっ子声優ともなってくれば1,000万円以上稼ぐ世界です。

声優は個人事業主として働く方が多く、自分の努力で年収は更にアップしてくる場合もあります。

また、報酬の目安としては、三十分のテレビ番組の仕事を一本こなすと、1万円から5万円程度と言われています。

副業として声優をやっている方もいるので平均年収はマチマチですが、少し名前の知れている声優さんなら、普通のサラリーマン以上にもらっている事も多いです。

声優になる為のルート

そんな声優になるための一般的なルートは二つあり、一つは声優系の専門学校に入る方法、もう一つは養成所に入る方法です。

専門学校と養成所は似たようなものですが、基本的に養成所はプロダクションが運営しているという違いがあります。

養成所に入るとプロダクションに所属している声優から直接話しを聞けたり、アドバイスをもらえたりする機会があったり、声優になるためのオーディションを受けられたりするのが魅力です。

どちらのルートも一長一短あるので、良く考えて入りましょう。

専門学校もおすすめ

養成所に入る方法も良いですが、専門学校に通うのもおすすめです。

何故専門学校が良いのかと言うと、それは卒業と同時に専門学校卒業の学歴を得られるからです。

学歴が無くても声質などが良ければ声優として活躍できますが、声優の知識や技術の他に専門学校卒業という学歴が欲しいなら、やはり養成所より専門学校がおすすめとなります。

また、養成所はプロダクションが運営する事もあり、他のプロダクションのオーディションを受けられないといった制約が存在する所もありますが、専門学校はそのような制約が少ないメリットもあります。

更に養成所は将来有望な声優を発掘、育てる場所ということもあって、倍率が高かったりしますが、専門学校はそこまで厳しい競争を強いられない学校があるのもおすすめの理由です。

声優の専門学校へ入る方法

学校により設けられている入試の種類は違いますが、基本は一般入試となります。

一般入試では大学の入試と同じように、筆記試験などが入ってきますので、よく勉強して良い結果を出せるようにしましょう。

また、一般入試の他には、AO入試や推薦で入る方法もあります。

特に専門学校の多くがAO入試に力を入れていて、AO入試は学校の成績の良し悪しより、適正を重視する傾向にあるので学生にもメリットがある入試方法です。

入学できそうな入試方法を見極めて、専門学校に願書を提出しましょう。

良い学校選び

専門学校に願書を出す前に、やらなければいけないこととして学校選びがあります。

学校選びは自分の人生や将来を大きく変えてしまうほど大事なものですので、じっくりと時間をかけて選ぶ事が大切です。

また、選ぶ際のポイントをいくつか紹介します。

実績

声優業界で働きたいなら、卒業生の実績はよくチェックしたい項目です。

実績がある専門学校はデビューをするチャンスや、オーディションの機会が多かったりします。

また、卒業生に有名プロダクションに所属する声優がいれば、努力次第で自分も同じように所属出来る可能性があります。

ですから、OB訪問や学校情報を調べて実績を確認しましょう。

説明会と相談会への参加

専門学校選びをして、ある程度入りたい学校を絞れたら今度は説明会や相談会へ参加すると良いです。

説明会や相談会は、学校のHPには書かれていない耳寄りな情報が得られる機会があります。

また、分からないことはその場で専門学校の関係者に聞ける場合もあり、学校に対してのモヤモヤや疑問が晴れやすいです。

時間があるなら、積極的に説明会や相談会に参加してみましょう。

学校の体験イベント

声優の専門学校は、アテレコ体験や学校のレッスンを実際に体験できるイベントがよく行われています。

発声や発音の指導が受けられる体験イベントなら、学校についての情報が分かるだけではなく、ちょっとした知識やテクニックも身につけられるので一石二鳥です。

どんな感じに学校側が指導してくれるのかを見るためにも体験イベントも参加するのがおすすめです。

アクセスや設備などもチェック

自宅から声優の専門学校との距離や、通いやすさは意外に重要です。

自宅から距離が離れると交通費もかなりかかってきますし、面倒で学校へ通学するのが億劫になる場合もあります。

また、設備は現場のプロが使う機材が揃っている所が良いでしょう。

その他イベントスペースや実習ホール、休憩所や学生サロン等細かい部分もみたいポイントです。

専門学校で磨ける能力

声優に求められる資質や能力としては、第一に声質が求められますが、その他に演技力や表現力や想像力も重要です。

専門学校では声質以外の部分も総合的に磨いていけますので、将来的にそこで培った力は大きな武器になります。

また、専門学校では色々な学生、講師、関係者が出入りする場所であるため、コミュニケーション能力やトーク力も自然に磨かれたりします。

声優になるために必要なものがそこには揃っているのです。

まとめ

自分の声に自信がある方や、声優の仕事をしたい方は養成所や専門学校でプロとして働く為の基礎を作りましょう。

また、専門学校は学歴が得られるなど、養成所には無い良さもありますので迷ったらまずは専門学校に入るのもおすすめです。

ちなみに、専門学校の中には夜間帯に通える学校や土日に通える学校もあり、働きながら通うことも出来ます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校