おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

地方の声優専門学校でもプロの声優を目指すことはできる?

   

声優になりたいと考える方はたくさんいます。

そして実際に声優の専門学校もたくさんあります。

だから今では、地方の声優専門学校にも人はたくさん来るものです。

でも、そこで一つ疑問が生じてきます。

果たして地方の専門学校からでも、プロの声優を目指すことはできるんでしょうか?

それともやっぱり東京でないと厳しいのでしょうか?

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

地方だと厳しいところはある

まず結論からみていくと、地方の専門学校の場合だと、プロの声優を目指すのは厳しいところもあるということになります。

もちろん地方からでもプロになった人はいるものです。

でも、基本的には東京の専門学校の方が良いんです。

それにはもちろん理由があります。

以下ではその理由についてみていきましょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

講師などの質が違ってくる

まず一つは、質の違いです。

基本的には、東京のほうが良い講師が集まりやすいです。

たとえば現役バリバリの声優さんが講師をしてくれるとなったとき、その人がいるのはおそらく東京です。

遠くても埼玉や千葉、神奈川になるでしょう。

それはやはり、アフレコのスタジオが東京にあるから。

わざわざ地方から東京までアフレコをするという方はそうそういません。

それはすごく無駄ですから。

なので、基本的には声優さんの多くは東京らへんに住んでいます。

現役バリバリの方は。

そしてそんな人は忙しいわけですから、講師にこれるとしても、移動時間などの無駄をなるべく抑えたい。

結果、東京の専門学校に、そういう現役バリバリの声優さんの講師などが着たりするんです。

誰に教わるかは大きな問題

どんな名言でも、ニートが言っているのでは全然心に響かないように、人の言葉は、何を言っているのかではなく誰が言っているのかが問題になります。

それは勉強においても同じです。

きちんとした実績がある方が教えてくれれば、それはその分だけ頭に入りやすくなるんです。

素直に受け止めることができるようになりますから。

なので、講師の質は高いに越したことはありません。

実際東京の声優専門学校でも地方の声優専門学校でも、大して授業料などは変わりません。

それならば、より良い環境で勉強できた方がコスパが良くなることは間違いないんです。

だから、基本的には東京の声優専門学校に行くことをおすすめします。

プロの声優になりたいのであれば。

つながりがあるのが東京の専門学校

地方の声優専門学校でも、高いスキルを身に着けることはできるかもしれません。

でも声優になるために大切なのは、スキルだけではありません。

声優になるためにはコネクションも大切なのです。

それは、自分と声優さんとのコネクションではありません。

そのコネクションから声優になるというのは結局難しいです。

だからそうではなく、声優専門学校と声優事務所のコネクションになります。

声優事務所の多くは東京にあります。

そして声優専門学校も東京にあるわけですから、お互いにつながりがあることも全然あるんです。

毎年のようにそこに人を送りこんでいたら自然とそうなりますしね。

では地方の場合はどうでしょうか?

地方の場合は、そういうつながりを持ちたくてもそれは難しいです。

だから、純粋に実力だけで入るしかありませんが、実力なんて2年やそこら専門学校に通ったくらいでは、そこまで変わりはありません。

だったらやはりコネクションはあったほうが良いんです。

つながりが一つではないことも多い

また東京にはたくさんの声優事務所があります。

だから、声優専門学校と声優事務所のつながりは、一つではないことが多いです。

つながりがたくさんあればあるほど、プロの声優になれる可能性は高くなります。

地方の学校でも独自のつながりがあることはあるかもしれませんが、それは決して多くはないです。

でも東京の場合は多いことがあるんですから、やっぱりおすすめは東京の専門学校になります。

オーディションなども受けやすい

東京の専門学校と地方の専門学校の違いは、オーディションの受けやすさにもあります。

地方の専門学校に通っていて、地方から声優を目指すのでは、あまりチャンスがありません。

というのも、やっぱり地方からオーディションに通うのが難しいからです。

東京の専門学校であれば、在学中にもそうしたチャンスが巡ってくることはあります。

実際に近いから足を運びやすいですし。

でも、地方の場合はそういうわけにもいきません。

そもそも行くのがすごく大変です。

だからまず知らせ自体があまり来ないことがあるんです。

そうなれば、間違いなくチャンスは少なくなります。

チャンスは、多ければ多いに越したことはないんです。

だから、オーディションのチャンスがたくさんある東京の専門学校がおすすめになります。

何度チャンスがあっても足りないくらい

東京の専門学校でも地方の専門学校でも、そうそう採用を勝ち取れることはありません。

基本的にはどこであっても、声優の専門学校から声優になれる可能性は高くはないんです。

だから、声優になるためのチャンスは1回でも多いからたくさんあったほうが良いです。

とにかくたくさん受けて落ちて、改善してまた受けて落ちて、また改善。

その繰り返しで少しずつ進んでいくしかないんです。

それなのに1発勝負しかできないとなると、それがいかに不利かはわかりますよね。

最終的には東京に来るなら早い方が良い

もしこれから先声優として活動していくのであれば、結局東京にいないとなりません。

ということは、地方の専門学校に行ったところで、最終的には東京に来るということになるんです。

だったら、早い段階からいたほうが良いです。

ましてや東京の声優専門学校の方がメリットが大きいわけですから、早い段階から東京にいるに越したことはないんです。

声優になれてから来ても大変なだけ

もしすごく運が良くて、地方にいてもプロの声優になることができたとします。

でも、それから東京に来るのでは、すごく大変です。

声優の仕事にだって全く慣れていない中で、東京のルールで生活しないといけなくなるわけですから、大変であることは間違いないんです。

ではもし専門学校の時代から東京にいたらどうでしょうか?

声優専門学校の授業についていきながら東京になれるという点では、しんどいのは同じですが、学校の授業と仕事では、授業のほうが精神的に楽なことは間違いありません。

だからそこまでしんどくはないんです。

そして専門学校時代からいれば、当然プロになるころには慣れています。

なので、プロの声優としての仕事に集中できるようになるんです。

そうできるのであれば、それに越したことはありません。

だから、できれば専門学校の段階で東京に出てきてしまうほうが良いんです。

地元にいるメリットはない

逆に地元の専門学校にいくメリットは何だろうと考えた時、それは特にないことになります。

実家で甘えながら勉強していくので身にもなりませんし、チャンスも少ない。

そして学費も別に安くない。

いいことなんて全然ないんです。

だからおすすめは東京の専門学校にいくことになります。

まとめ

地方の専門学校よりは、東京の専門学校から声優を目指した方がまだ確率は高いです。

だから、どうしても地方から離れられない理由があるというのでもない限り、そして本気で声優になりたいと思うのであれば、東京の専門学校に進学していってください。

そして少しでもチャンスを広げて、そのチャンスにくらいついていってください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校