おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優になれない場合はどうなるの?声優専門学校で学ぶ時の注意点

   

アニメや映画の吹き替えの声を担当する声優という仕事は、才能や実力によって幅広い活動のチャンスが与えられる仕事です。

声優を目指したくてもどうしたら良いか分からない方の中には、声優専門学校で学ぶことを選択する方もいます。

声優になるには地道な努力を通して声優になるためのスキルを身につけることが大切ですが、声優になれない場合にはどうしたら良いのでしょうか。

ここでは、声優専門学校で学ぶ時の注意点について見ていきたいと思います。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)

私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

声優になるために必要なことは何なのか

声に特徴があったり表現力が豊かだったりなど、声優の素質をもともと持っている方もいます。

しかし、声優は映像に合わせてほかの声優と息を合わせながらアフレコをするなどのスキルが必要となるので、プロを目指すには本格的に声優について学ぶことが大切です。

声優になるためには何が必要なのでしょうか。

真剣に声優のレッスンに取り組む姿勢

声優になるためには、プロに必要なスキルをしっかり身につけるためにも声優のレッスンに真剣に取り組む姿勢を持つことが大切です。

授業を受けるだけではなく、自分自身に足りないところを講師にチェックしてもらうなどして授業以外でも練習を積み重ねていけば成長のスピードが早くなります。

苦手なことを避けずに真剣に取り組む姿勢

人それぞれに得意分野と苦手分野があります。

苦手な授業があるとつい練習に身が入らなくなってしまいますが、プロの声優を目指すためにもレッスンを通して苦手な点の克服を目指すことが大切です。

真正面から苦手なことに取り組んでいくことで、声優に必要なスキルがしっかりと身につきます。

積極的にオーディションを受ける姿勢

声優に必要なスキルを身につけただけでは、声優の仕事をすることができません。

身につけたスキルを生かせる場に身を置くことが大切なのです。

プロダクションに所属することで、声優の仕事をするチャンスを得ることができますが、所属するためにはオーディションに合格する必要があります。

在学中に積極的にオーディションを受けてチャンスを掴むようにすれば、声優になる夢に一歩ずつ近づいていくことができます。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)

私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

声優専門学校で学ぶ時の注意点とは何か

声優専門学校はプロの声優として仕事をするために必要なスキルのすべてを学ぶことができるのでおすすめです。

声優として活躍している卒業生を多く輩出している専門学校なら、質が高い授業を受けることができるでしょう。

しかし、声優専門学校はあくまでもサポートをする場所であって自分次第で結果が大きく変わってきます。

どのような点に注意しながら声優専門学校で学べば良いのでしょうか。

声優専門学校に通っているだけで安心しない

声優専門学校に入学した方は、夢を叶えるための一歩を踏み出したことに喜びを感じることでしょう。

授業内容も充実しているので必要なスキルを身につけることはできますが、専門学校に通っているだけで安心せず、授業以外でも身につけたスキルを磨くようにしたり、人一倍練習をしたりするなどプロになるための努力を積み重ねることが大切です。

授業以外はバイトや遊び中心にならないようにする

声優専門学校に通っている方の中には、プロを目指すために授業以外にも自主的にレッスンを積み重ねている方がいます。

しかし、人によっては授業以外のバイトや遊び中心の生活を過ごしてしまうこともあるので、努力を積み重ねている方との間に少しずつスキルの差が生じることがあります。

真剣に声優を目指す場合には、空き時間などに自分ができる範囲でも良いので学んだことを自分のものにするための時間を持つことが大切です。

卒業したら自動的に声優になれると思わない

声優専門学校はプロに必要なスキルを学ぶことができますが、それを生かせるかどうかは自分にかかっています。

卒業したら自動的にプロの声優になれるわけではなく、身につけたスキルをもとにオーディションを受けて合格する必要があるのです。

プロに必要な実力を磨くためにも、在学中は真剣に学ぶことが重要なポイントです。

声優になれない場合はどうなるのか

声優になるためには、声優専門学校で必要なことを学んだ後にプロダクションが主催するオーディションに合格する必要があります。

そこでようやく声優として活動するチャンスを得ることになるのですが、万が一オーディションに合格できずに声優になれない場合にはどのような手段を取ったら良いのでしょうか。

声優以外の仕事を選んで就職する

万が一声優になれなかった場合には、声優以外の仕事を選んで就職する方法があります。

在学中は仕送りなどがある方もいますが、卒業後には自分自身で生計を立てる必要があるので、何らかの形で仕事を見つける必要があります。

仕事をしながらオーディションを受けてチャンスを伺うなどの選択網もあるので、まずは仕事を見つける必要があります。

学校で学んだほかのスキルを生かして就職する

声優専門学校では、授業の中に声優以外にナレーションなどのスキルが学べるところがあります。

声優になれなかった場合でも、ナレーターや司会業など声を使う仕事はたくさんあるので、スキルを生かした仕事を選んで就職する方法があります。

声優専門学校で学んだことが生かされるので、充実した気持ちで仕事に取り組むことができるでしょう。

声の仕事のオーディションを受けて活動する

プロダクションのオーディションに合格できなかったとしても、ラジオのパーソナリティのオーディションに応募するなど、ほかの分野の仕事に挑戦する方法があります。

声質によって声優よりも、別の分野の声の仕事が向いている場合があるので、可能性を試してみるのも方法のひとつです。

声優になれなかった場合に備える方法はあるのか

声優専門学校で真剣に学んでも声優になれなかった時のことを考えると、不安になる方がいるかもしれません。

万が一の場合に備えて日常の中で取り組める現実的な方法はあるのでしょうか。

声優をしながら資格をとっておく

声優を目指すことにどうしても不安がある場合には、声優専門学校で真剣に学びながら通信講座などを利用して資格をとっておくことで万が一の時に備えることができます。

声優専門学校と別の学校のWスクールは時間的に無理がありますが、通信講座なら自分のスケジュールに合わせて勉強する時間を持てます。

資格を取得しておけば、声優になれなかった場合に就職活動する際に役立ちます。

声優以外の就職の可能性もある専門学校を選ぶ

声優専門学校の中には、声優の授業以外にナレーションなどの授業を通して声優以外のスキルが磨けるところがあります。

在学中に声を使うスキルを身につけておけば、声を生かしたほかの仕事に就ける可能性があります。

はじめから幅広いスキルが身につく専門学校を選んでおけば将来の選択網が広がります。

正社員登用制度があるアルバイトをしておく

声優を目指すために上京後、都心の声優専門学校に通っている方の中には、様々な事情からアルバイトをする必要がある方がいるかもしれません。

アルバイトをする際には正社員登用制度がある職場を選んでおくことで、万が一声優になれなかった場合にアルバイト先で正社員になるチャンスを得ることができるかもしれません。

アルバイトですでに仕事を覚えている状態なので、一から就職先を探して仕事を覚えるなどの負担が少なく、万が一の時のリスクを抑えながら声優専門学校で学ぶことができます。

まとめ

専門学校はあくまでも必要なスキルを身につけるための場であり、在学中の授業の取り組み方や練習量によって結果が大きく違ってきます。

万が一声優になれなかった場合のことを考えて不安になることがあるかもしれませんが、様々な対策をとっておくことで将来の進路の選択網を増やすことができます。

夢の実現を目指すためには、在学中に真剣にレッスンに取り組むことが大切です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校