おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優の勉強を独学で進めたい人には、専門学校の通信コースも選択肢になる

   

声優の勉強をしたいと考えても、学校に通う時間がない人もいます。

様々な環境的事情から、声優の勉強を諦めている場合もあるでしょう。

そんな人は、「通信コース」を利用してみることも一つの方法です。

声優養成所や専門学校の中には、通信で学べるカリキュラムを用意している場合があります。

ここでは、声優の専門学校を中心にその特徴について書いていきましょう。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

夜間コースや通信コースの利用は時間のない人に便利

将来は声優になりたいと考えている人にも、様々な環境的事情があるでしょう。

声優コースのある高等学校に進学して学んでいる人もいれば、高校を卒業後に声優の養成所や専門学校に通う人もいます。

また、大学に通いながら、ダブルスクールとして声優の勉強をしているケースもあります。

社会人になった後でも、声優の夢を諦めずにチャレンジしている場合もあるでしょう。

社会人で仕事を持っている人、アルバイトで忙しい人、大学で別の勉強をしている人などは、昼間に声優の学校に通うのは物理的に困難です。

そんな人でも、夜間や通信で学べる学校に通えば勉強が可能になります。

声優の専門学校にも夜間コースや通信コースを設置している学校があるため、他のことと両立したい場合に役立ちます。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

夜間コースは自分のペースで利用できる

夜間コースの場合は、夕方からカリキュラムがスタートするため、日中は別のことをしていても通うことができます。

土日を利用することも可能で、学生や社会人として勉強や仕事が忙しい人でも利用できる点がメリットです。

学ぶ内容も、昼間の一般的な通学で学ぶものと同じです。

夜間のカリキュラムについて気になる点があれば、入学前に各専門学校に確認しておくといいでしょう。

自分自身のペースで利用できる夜間コースは、他の仕事や勉強を抱えている人にとっても活用しやすいものです。

通信コースはさらに時間の自由度が高い

個人的な事情で、夜間コースに通うことも難しい場合があるでしょう。

夜間でも当然ながら校舎に通う必要がありますが、そもそも通学自体が困難な人もいます。

専門学校の立地場所が、自宅や通勤通学圏内から遠い場合は、通学時間だけでも一定の時間が必要です。

日々忙しい人は、少しでも時間的なロスを少なくしたいのは当然でしょう。

授業時間は学校に制約されるため、自分一人で勉強するような時間の使い方をするわけにはいきません。

社会人の場合は、仕事が定時に終わらずに、専門学校の時間に間に合わなかったという場合もあります。

大学生の場合は、授業終了後にレポートや課題などがあれば、そのための時間を確保する必要もあるでしょう。

もちろん、その職場や大学によって事情も違います。

また専門学校の方でも、そのような事情に考慮してフォローアップを実施していることも多いです。

自分の環境に応じて判断することが必要ですが、個人の事情で夜間の専門学校に通うことも難しいケースがあります。

さらに言えば、遠隔地に住んでいて、周辺に該当するような専門学校がないような事態も考えられます。

環境的な事情とは違い、個人的な性格として、何人かで学ぶよりは独学で学んだ方が学びやすいと感じる人もいるでしょう。

このような様々な事情から通学が無理な人でも、通信コースであれば利用が可能です。

通信コースは自宅での独学が可能

通信コースを活用すれば、自宅にいながら声優の勉強をすることができます。

自宅に送られてきた教材を使って、インターネットの授業配信やDVDなどを利用しながら勉強を進めていきます。

自分一人で学習を行うため、各自のライフスタイルに合わせて、いつでも好きな時に勉強できるのがメリットです。

通学時間も必要なく、学費に関しても一般的な通学コースに比べて安く抑えることが可能です。

スクーリングで個人的な指導も受けることができる

通信教育の場合は、個人的な指導をしてもらえないのではないかという懸念を持つ人もいるでしょう。

しかし、メールや電話相談なども可能であり、また多くの学校ではスクーリングを実施しています。

スクーリングとは定期的に学校に通うことです。

通信コースのため基本的に学校に行く必要はありませんが、スクーリングによって学習上の質問や進路指導などを直接受けることもできます。

通信コースのデメリット部分も理解しておく

通信コースは忙しい人にとって便利ですが、効果的に利用するためにはデメリットに関する部分も理解しておくことが大切です。

通信コースは学校に通う必要がないため、強制力は働きません。

勉強する時間を自分自身で作り出す必要があります。

時間が自由に使えるメリットはありますが、確実に勉強時間を作り出すことを意識していないと取り残されてしまうことになりかねません。

せっかく通信コースを始めたのに、学習が進まない事態になることもあります。

その点において重要なのは、声優になりたいという明確な目標です。

どんなに忙しくても、絶対に希望を叶えたいと思うのなら、必ず勉強時間を充てることが可能になるでしょう。

意志があやふやであれば、「今日はもういいか」と考えてしまい、どんどん勉強が後回しになってしまうことがあります。

通信コースの利用を考えている人は、自分自身の性格的な特徴も踏まえながら、どのようにすれば通信で上手に学習を進めていくことができるのかについて考えてみることがおすすめです。

コースを上手に利用すればダブルスクールも可能

声優の通信コースは、高等学校、声優養成所、声優の専門学校などに設置されています。

声優養成所にもそれぞれの特色がありますが、声優としての一定程度の基礎がある人が対象になっています。

一方、声優の専門学校の場合は、基礎的な技術から応用まで、段階を経ながら積み重ねていくことができます。

もちろん通信コースの場合も同じです。

中には、声優養成所と声優の専門学校の両方を同時利用している人もいます。

例えば、通学として声優養成所を利用し、専門学校は通信コースを利用するなどのようなことです。

どのような学校やコースを選ぶかは各自の目的や環境によって異なりますが、様々な条件を考慮しつつ、目標に近づくための最善の進路を選択することが大切です。

声優の専門学校は基礎的スキルから学習する

声優の専門学校は、基礎から学ぶため、学習範囲も広くなります。

通信コースにおいても同じで、初心者でも充実した内容を学ぶことが可能です。

具体的には、第一段階として、発声、発音、滑舌、表現方法など、声優の基礎を学んでいきます。

基礎的学習は極めて大切で、それを土台に応用へと広がっていきます。

また、声優などのエンターテイメント業界はどのような世界であるか一般的な馴染みがないだけに、「声優の仕事とは何か」といった根本的な理解も必要です。

声優の基礎として、こういった基本知識も学ぶことになります。

実践的学習とオーディション対策

基礎的学習を一通り終えた後は、アフレコやナレーションなどの実践的な課題に取り組み、声優になるための本格的な専門性を磨いていきます。

最終的には、オーディション対策は欠かせないものです。

声優のスキルが身についても、実際にオーディションに受からなければ声優として活動することができません。

書類審査から実技審査まで、オーディションの関門を乗り越えるために必要な内容を学習していきます。

声優の専門学校では数多くのオーディションが開催されているため、それらを積極的に利用していくことが大切です。

まとめ

声優の専門学校の通信コースは、時間的な制約がある人にとって、有効に活用していくことができる便利なものです。

一般的な通学コースでは学費が高くで利用しにくいという人にとっても、選択肢の一つになります。

もちろん学校によって様々な特色があるため、それらをしっかり確認しておくと共に、通信制のメリットだけではなく、デメリット面もしっかり考慮に入れながら、最適な選択をしていくといいでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校