おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優の専門学校と養成所の場合は違いやメリットはあるのか

   

声優になりたいという人も多いです。

アニメが好きな人、喋ることが好きな人というのは、声を使った仕事をしたいと思うのではないでしょうか。

特に声優というのは、アニメであったり吹き替えなど様々な仕事がありますよね。

それを夢見ている人も多いですが、実際に専門学校と養成所というのは違いがあるのか疑問に思う人も多いかもしれません。

そこで声優の専門学校と養成所の違いやメリットについてみてみたいと思います。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

声優の専門学校のメリット

声優の専門学校のメリットというのは養成所と大きく違うところは道があるという事です。

どういう事かと言うと、声優の専門学校というのは、卒業の際にどの様な企業で働くのかという事に自由な場所を選ぶことができます。

簡単に言うならば声の仕事でも声優としてではなく、ナレーションであったり、何かのボイス用として仕事があるという事になります。

これは声優になることの道しかないというものではなく、選択肢としての幅が広いというものが1つあるでしょう。

声優の専門学校では多くの人が声優を夢見て通うことがあると思います。

しかしながら、そこで現実を見てしまう挫折をしてしまうという人も多いです。

実際に声優の専門学校を出て声優として活躍している、有名になっているという人は少ないです。

中小企業に入ったり、他の道を歩んでいるという人も多くいるのではないかと思います。

声優の専門学校の場合は卒業の道が多いというのが1つのメリットになります。

卒業進路が多い分悩んでしまう

卒業後の進路が多いということは、それほど悩んでしまうということにもなります。

例えば卒業後も諦めずにプロを目指しながらフリーターとして活動をしている人もいれば、そのままプロになる人もいます。

また、全く違うような職種についているという人も多いのではないかと思います。

卒業進路が多いということは、それほど迷うことも多くなってしまうということです。

直ぐに決断をできないという人は、ギリギリまで考えていることも多いです。

声を使う仕事というのは多くありますが、それでもプロの声優の人達が仕事としてやっているという事もあります。

まだ無名などの場合は、どうしても仕事などが少なく、活躍をしなければいけないという実力世界になるのではないかと思います。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

養成所のメリット

養成所のメリットというのは、本当にその道に進みたいという人が行く場合、良い場所になります。

また中には、声優の専門学校に通ってプロになるのを諦めきれず、養成所に通うという人もいるのではないかと思います。

養成所というのは、本気でプロを目指したいという人達が行くような場所であり、生半可な気持ちで行った場合はとても辛い思いをすることが多いです。

特に養成所に行ってからプロを夢見ることを諦めてしまうという事が多いのは、成果を出すことができないからというのもあります。

他の人がどんどん上がっていく中、自分はまだ成果を出せない、というような実力の世界になるので、本気でプロを目指す場合は養成所などがおすすめです。

ただし、直ぐに辞めてしまいそうだとなった場合は、専門学校に行くという方法もあります。

プロになれない場合

専門学校とは違い、本気で声優などの声の仕事を主としているので、それになれない場合が辛いのではないかと思います。

フリーターとしてまた1から新しい道を歩む人もいれば、様々な養成所に行って経験を積むという人もいるでしょう。

また実際に声優の付き人として修行をするという人もいます。

プロになれない場合はこの様なこともあるので、少し辛くなってしまうというのもあるでしょう。

声優の専門学校と養成所の違い

声優の専門学校の場合は、先ほども言ったように卒業の進路が多い分、他にも様々な技術を習うことができるという点です。

例えば声だけであっても、様々な出し方や発声の仕方など、幅広く習うことができます。

養成所の場合は、本気でプロを目指すような人も多いため、細かく深く習うことができるのが特徴的です。

声の出し方にも種類がありますが、それを細かくしていくのが養成所などであり、練習なども多くの時間を費やすことが多いです。

声優の専門学校の場合は、授業のカリキュラム通りに進めるので、それ以外のことを学ぶことができないというのもあるでしょう。

その場合は自習をすることが必要となります。

違いというのは、どれほど本気でプロを目指しているのかという事や、どこまで声優として活動をしたいのか、という所もポイントになります。

場所や地域によっても様々な違いがあるので、よく調べて見学などに行くと良いです。

1つの場所で決めない

おすすめは1つの養成所や専門学校を見学しに行くのではなく、様々な地方の場所に行くことです。

よくやってしまう事の1つには、行った場所が気に入ったから直ぐに決めてしまうという事です。

また、パソコンなどで情報を見て決めたという人も多いかもしれません。

この方法でも良いとは思いますが、自分の満足したところに行きたいとなった場合は、1つの場所ではなく様々な地方に行くことが必要になります。

学校によって、養成所によって、その場所特有の練習方法であったり、練習風景などを見ることができるという点があります。

また、見学ができる場所の場合は積極的に行くことをおすすめします。

見学ができる場合は、より多くの場所に行って、養成所と専門学校で、何があって何がないのかなどを見極めることが必要になります。

入って後悔をしてしまうという人も実は多く、その多くの理由が他の学校にすればよかったという後悔です。

見学などに行っている場所が少ないと、その分視野も狭くなってしまうので注意です。

実際にどちらに行けばプロになれる確率が高いのか

声優の専門学校と養成所、どちらがプロになれる確率が高いのかと言うと、どちらも五分五分と言えます。

実は養成所の方がプロになれる確率が高いのではないか、と考えたりする人も多いかもしれませんが、養成所に通う人達は皆プロになりたいから通っているので、次第に成果もどんどん上がります。

しかし専門学校の場合は、あくまで学校なので、様々な人が入り乱れる状況になるのです。

そこでプロになれる確率はどちらが多いのかとなると、養成所となりますが、実は専門学校からの卒業でプロになる人も多くいます。

それはその人がいかにどれだけ声優の仕事をしたいのかという事にも鍵になってきますが、一番大事なことは、プロになりたいという気持ちです。

その気持ちさえあれば、どちらに行ってもプロになれる確率は高くなるでしょう。

挫折をしないようにする

多くの人は入る前はやる気でも、途中で折れてしまうという事が多いです。

専門学校に行ったとしても、養成所に行ったとしても、多くの人が挫折をしているのではないかと思います。

それは厳しい現実なども待っているからです。

違いは多くあるけれど、卒業をした後の道というのはプロの声優になること1つだけです。

その時に挫折をしそうになることも多く、辛く逃げてしまいそうになることも多いです。

ですがそれに負けないようなプロの声優になるということも大事なことなのではないかと思います。

まとめ

声優の専門学校と養成所はお互いにメリットもあり、違いもたくさんあります。

特に卒業後の道が多いのは専門学校なので、養成所に行く人も少ないのではないかと思います。

ですが本気でプロになりたいという人は、養成所に行くというような事も多く、どちらも倍率が高い状態です。

先ずは見学をして、どちらで頑張ることができるのかを見極めることが必要になります。

どちらも良いところがたくさんあるので、じっくり考えるようにすることをおすすめします。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校