おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優の専門学校に行くなら正社員とフリーターどっちが良い?

   

声優の仕事はプロに必要なスキルを身につける必要があるので、独学で声優を目指すのは難しい場合があります。

プロを目指すなら声優の専門学校に通うのがおすすめですが、声優を目指す方の中には現在別の仕事をしている方がいるかもしれません。

仕事をしながら声優の専門学校に行く場合、正社員とフリーターをするのはどちらが良いか見ていきたいと思います。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

正社員の方が声優の専門学校に行くメリット

正社員の方の中には夢を諦めきれずに声優になるための方法を探している方がいるかもしれません。

正社員の仕事をしながら声優の専門学校に行くことにはどういったメリットがあるのでしょうか。

安定した収入を得ながら声優のスキルが学べる

正社員をしながら声優の専門学校に通うことで、安定した収入を得ながら声優のスキルが学べます。

特に自分で生計を立てている方の場合、正社員としての安定した収入があれば生活することに気を奪われることなく声優の授業に集中できるので、落ち着いた気持ちで声優の夢を目指すことができます。

声優になれない時でも将来の不安を軽減できる

声優になる夢を持っている方の中には、声優を目指す中で万が一声優になれない時の不安を抱える方がいるかもしれません。

しかし、正社員をしながら声優を目指すことで、万が一声優になれない場合でも現在の仕事を続ければ良いので将来の不安を軽減することができます。

専門学校に通う費用を捻出しやすい

高校を卒業してすぐに専門学校に進学する方であれば、保護者の方に学費を出してもらうことが可能です。

しかし、社会人の方は自分で学費を捻出する必要があるので、学費がネックとなって声優になる夢を諦めてしまう方がいるかもしれません。

その点、正社員の方であれば安定した収入の中から声優の専門学校の費用を捻出すれば良いので、夢を諦めずに済みます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

正社員の方が声優の専門学校に行くデメリット

正社員として働く場合フルタイムで仕事をする必要があるので、声優の専門学校に通う時に授業のスケジュールが自分の生活ペースに合わないことがあります。

正社員の方が声優の専門学校に通うのには、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

昼間に声優専門学校の授業を受けることができない

声優の専門学校の中には、朝から夕方まで時間割りが詰まっているところがあります。

正社員の方はフルタイムで働いているため、昼間は仕事をする必要があるので昼間の授業を受けることができません。

また、正社員の方でもシフト制の仕事であればある程度は昼間の授業を受けることができますが、すべての授業を受けることは難しいかもしれません。

仕事と声優専門学校との両立が難しい

正社員の方の中には、繁忙期となると仕事が忙しく残業が増える職種があります。

また、忙しい時こそミスを軽減するために仕事に集中する必要があるので、声優のレッスンが疎かになってしまうことがあります。

仕事と学業の両立が難しいところが正社員で働くことのデメリットです。

フリーターの方が声優の専門学校に行くメリット

フリーターは自分のスケジュールに合わせて仕事を入れることができる点が魅力です。

フリーターをしながら声優の専門学校に行くことにはどういったメリットがあるのでしょうか。

収入を得ながら声優のスキルを学ぶ時間を捻出できる

フリーターは正社員に比べて、何かやりたいことがある場合に時間をとりやすいところが大きな魅力です。

また、ある程度の収入を得ながら声優の専門学校に通うことで必要なスキルを身につけることができるので、夢に一歩ずつ近づいていくことができるでしょう。

バイトと声優専門学校の両立がしやすい

フリーターとして働くことで、仕事と授業の時間を1日のスケジュールにうまく組み込むことができます。

自分で決めたスケジュールで1日を過ごせるので、声優のレッスンに集中して必要なスキルを効率良く身につけることができるでしょう。

オーデションなどの日程を組みやすい

必要なスキルを身につけた上でプロダクションに所属することで、ようやく声優として仕事を始めることができます。

声優の専門学校に通う中で、必要なスキルを身につけながら定期的にオーデションを受けることになるので、フリーターであればオーデションを受ける日程を組みやすいでしょう。

フリーターの方が専門学校に行くデメリット

フリーターは正社員に比べて声優について学ぶ時間を十分に取れます。

仕事と学校を両立するのに適した状態なのでメリットしかないように思えますが、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

声優専門学校の十分な学費を準備できない場合がある

声優専門学校によってはプロの現場で使用される設備が整っているなど、声優になるための環境が整っています。

その分、学費が高い専門学校もあり、フリーターとして働いていると収入が安定しないことがあるので十分な学費を準備できない場合があります。

入学金はもちろんのこと、まとめて学費を支払う必要がある専門学校もあるので、フリーターの方は費用に関する不安が大きいかもしれません。

声優になれない場合の将来の保証がない

声優になる夢を目指すために、正社員をやめてフリーターとして働きながら養成所や専門学校に通う方もいるかもしれません。

しかし、フリーターとして働きながら学校に通ったとしても万が一声優になれなかった場合に将来の保証がない点がデメリットのひとつです。

万が一の時の安定が必要な場合には、保険をかけるつもりで正社員登用制度があるバイトをするなどの対策をとっておくと良いでしょう。

正社員の方の声優専門学校の選び方

正社員のメリットを生かした上で声優の専門学校選びをすれば、安定的に過ごしながら声優になる夢を目指すことができます。

正社員の場合、どのような点に気をつけながら専門学校を選べば良いのでしょうか。

夜間や日曜の授業に対応している声優専門学校を選ぶ

正社員をしながら声優の専門学校に通うなら、夜間や日曜の授業に対応している声優専門学校がおすすめです。

平日の朝から夕方にかけて仕事に集中して、夜間や日曜などに集中的に声優について学べば良いので無理なく必要なスキルを身につけることができるでしょう。

短期間で必要なスキルが身につく声優専門学校を選ぶ

夜間や日曜の授業に対応している声優専門学校を選べば1日を効率良く過ごすことができますが、あまりにも長期間かけて声優について学んでいると日曜の休みを取らない状態が続くため、人によっては途中で学ぶことに疲れてくる可能性があります。

しかし、短期間で必要なスキルが身につくカリキュラムの声優専門学校を選べば、中だるみすることなく声優のレッスンに集中できるのでおすすめです。

フリーターの方の声優専門学校の選び方

フリーターのメリットを生かしながら声優の専門学校を選べば、十分に時間をとった上で声優に必要なスキルを身につけることができます。

フリーターの場合、どのような点に気をつけながら専門学校を選べば良いのでしょうか。

無理なく通える学費の声優専門学校を選ぶ

フリーターの方が声優のレッスンに集中するためには、無理なく通える学費の声優専門学校を選ぶと良いでしょう。

短期や夜間の専門学校は、一般的な専門学校よりも学費を抑えて働きながら無理なく通うことができるのでおすすめです。

落ち着いた気持ちでひとつひとつのレッスンを受けていけばプロに必要なスキルが身につきます。

時間外も教室を開放している声優専門学校を選ぶ

フリーターの方は正社員の方に比べて時間を自由に使えるので、学校の授業以外にレッスンに力を入れることができます。

時間外も教室を開放している声優専門学校を選べば、練習を積み重ねて十分なスキルを身につけることができるのでおすすめです。

まとめ

仕事をしながら声優を目指すのは大変な場合がありますが、学校の選び方によっては働きながら無理なく声優のスキルを学ぶことができます。

声優の専門学校は声優に必要なスキルを身につけるために必要なカリキュラムとなっているので、効率良く学びたい方におすすめです。

正社員とフリーターにはそれぞれメリットがあるので、自分に合ったやり方で声優を目指すと良いでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校