おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優を目指す人が多く通う専門学校、声優の専門学校の特徴とは

   

ジャパニーズカルチャーとして世界的にも人気が高いアニメですが、そのアニメに命を吹き込む重要な役割を持っているのが声優さんです。

日本には数多くの声優さんがおり、アニメ以外の声の現場で活躍しています。

また、人気の高い声優さんも多くおり、人気の職業の一つでもあります。

今回は声優を目指す人が通う声優の専門学校の選び方のポイントについて紹介していきます。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

声優の専門学校とは

世の中にはさまざまなジャンルの専門学校がありますが、専門学校は専門的な職業に就くために必要な知識や技術を学ぶ場所です。

そのため、専門学校ではその職に就くために必要な教育が主な内容で、声優の専門学校では声優になるために必要な知識やスキルについて学んでいきます。

最初は基本的な内容から入っていくため、声優に関して知識のない人や技術のない人でもしっかりと学べます。

専門学校卒業後は学校で学んだことを活かし、オーディションを受けて本格的に声優を目指していくことになります。

養成所と専門学校の違い

声優を目指す場合、声優の専門学校のほかに養成所に入るという手段もあります。

養成所の専門学校と大きく異なる点は、専門学校が声優としての基礎的な知識やスキルを学ぶ場所に対し、養成所は声優を育てるために芸能事務所などが運営しています。

養成所にもさまざまありますが、基本的に入った養成所を運営しているプロダクションにオーディションを経て将来的に入る形になります。

レッスンは毎日ではなく週に2~3日程度行われ、レッスンがない日はアルバイトや仕事をして通う人もいます。

養成所と専門学校どちらがいいのか

声優になる方法としてメジャーな養成所と専門学校の違いを紹介してきましたが、実際のところどちらに通うと声優としての道を開きやすいのでしょうか。

声優の専門学校の場合基本的にどこのプロダクションにも所属していないため、しがらみなしにさまざまなオーディションを受けることが可能です。

しかし、声優プロダクションが運営する養成所の場合はオーディションに関するしがらみも多く、他の声優プロダクションや芸能事務所が行っているオーディションには一切出ることができません。

自由に何でもかんでもオーディションを受けれるわけではないため、声優としての進路が狭まってしまうこともあります。

ですが、養成所に入ってないと受けることができないオーディションもあるため、一概にはどちらがいいとは言えません。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

専門学校で学べること

声優になるために必要になってくる知識やスキルについて学べる声優の専門学校ですが、どのような授業を受けていくことになるのでしょうか。

発声方法

声優の専門学校で学べること一つ目は、声優にとって一番大切になってくる発声方法です。

声優は声を使った仕事であるため、発声方法は非常に大切になってきます。

そのために基礎体力をつけ、活舌を良くすると同時に腹式呼吸をマスターすることが大事になっています。

専門学校では活舌をよくするための訓練を中心に、腹式呼吸のやり方などを授業を通して身につけていきます。

表現力を高める方法

発声と同時に重要になってくる表現力に関しても専門学校で学んでいきます。

声優は俳優と異なり声のみで感情などを表現する必要がありますが、声だけで人の感情を表現するのは非常に難しいです。

台本の朗読や講師による演技指導を通し、専門学校で表現力を高めるコツを学んでいきます。

表現力は一流の声優になるための重要な要素の一つであるため、専門学校で学ぶことの中でも非常に重要なことになってきます。

声優としての実践的なこと

専門学校では声優として実践的に必要なことも学べるようになっています。

声優の専門学校に入学してすぐのころは発声方法や表現力を高めるための基礎的なことを学んでいきますが、後半から卒業にかけては実践的な内容の授業が増えてきます。

声優の仕事として多いのがアニメのアフレコですが、実際に映像にアフレコをしていきながらの授業が展開されます。

学んできた発声方法や表現力を実践的に行い、どこをどのように改善して行けばいいのかなどの指導が行われます。

通う専門学校によってはプロの声優から直接指導を受けることもあります。

オーディションの対策

そして、声優の専門学校で学べること四つ目は、声優として仕事を獲得するために重要なオーディションの対策に関することです。

声優になりたての頃に仕事をもらうためにはオーディションに合格する必要があります。

そのオーディションに合格するにあたって重要なポイントなど専門学校では学んでいきます。

専門学校に通うための費用

声優の専門学校では声優として仕事をしていくにあたって重要なことを学んでいくための学校です。

その学校に通うためにも費用が掛かりますが、一般的に声優の専門学校に通うためにはどのくらいの費用が掛かるのでしょうか。

入学金

声優の専門学校への入学が決定し、まず初めに必要になってくるのが入学金です。

声優の専門学校に入学するにあたって必要な入学金は相場で20万円前後ぐらいになります。

学校によって必要な入学金の価格は変わってきますが、入学試験に合格しても入学金を支払わないと入学することができません。

授業料

入学金も重要ですが、専門学校に通ううえで一番重要になってくる費用が授業料です。

通常、声優の専門学校における授業料の相場は1年で100万円程度ですが、多くの専門学校では半年の分割もしくは一年間一括で払うかどちらかを選ぶことが可能です。

声優の専門学校は2年制の学校が多く、授業料は卒業するまでに平均200万円程度必要になってきます。

その他費用

授業を受けるために必要なのは授業料だけではありません。

授業を円滑に行っていくために必要な教材や教科書を購入する費用に、学校の設備の管理にかかる費用なども授業料と一緒に集金されます。

そのため、授業料以外の部分をしっかりと確認して声優の専門学校を選ぶようにするのが重要です。

専門学校を選ぶときのポイント

約100万円以上かかって通う声優の専門学校ですが、どのようなポイントを基準に選ぶと失敗が少ないのでしょうか。

専門学校を選ぶにあたって重要になってくるポイントは過去の卒業生の実績と授業の内容です。

授業の内容

声優の専門学校を選ぶにあたって一番重要になってくるのが授業内容です。

専門学校に通っていく中でどのような授業があるか。

どのようなことを学べるかといったことは非常に重要であり、声優として活躍するにあたって必要になってくることをしっかりと学べる専門学校を選ぶ必要があります。

また、授業内容と同時に、授業の質も確認して選ぶことをおすすめします。

過去の実績

専門学校を選ぶにあたって、卒業生がどのようなオーディションに何名受かったのかといった実績は学校選びにあたって重要なポイントになってきます。

声優になるためにはオーディションに合格する必要がありますが、そのオーディションに合格する生徒が多い専門学校は声優になるために必要なことをしっかりと学べるという証にもなります。

声優の専門学校を選ぶときは過去の卒業生の実績を確認するのをおすすめします。

専門学校に通たからといって必ず声優になれるわけではない

声優の専門学校では声優にとって大切になってくる発声方法や表現方法のほかに、声優として活動していくために必要な知識やオーディション対策などを学べます。

しかし、声優として仕事をしていくためにはオーディションに合格する必要があり、専門学校を卒業したからといって必ず声優になれるとは限りません。

その点をしっかりと理解したうえで専門学校に通って声優を目指していく必要があります。

まとめ

今回は人気の高い職業の一つ声優を目指す人が通う専門学校の選び方について紹介してきました。

専門学校に通うだけでもすごいお金がかかります。

声優として好スタートを切るためにもとても重要になってくるため、しっかりと自分に合った専門学校を選ぶ必要があります。

自分に合った専門学校を選んで人気声優になれるように頑張っていきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校