おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優専門学校で基礎を学ぶことが大切!いきなりオーディションに合格することはある?

   

声優という仕事に憧れを持っている方が数多くいますが、中にはいきなりオーディションに挑戦してできるだけ早く声優になりたい方もいるようです。

声優になるにはプロの現場に通用する独自のスキルを身につけておく必要がありますが、いきなりオーディションを受けて合格することはあるのでしょうか。

ここでは、声優専門学校で学ぶことの大切さや初心者がオーディションを受けるとどうなるのかを見ていきたいと思います。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

アニメオーディションはどんな内容なのか

声優を目指している方にとって、オーディションの参加は夢に向かって大きな一歩を踏み出すことのように感じることが多いかもしれません。

オーディションにはいくつかの種類があり、声優プロダクションに所属するためのものとアニメ作品の登場人物を決めるためのものです。

初心者の方の場合、まずは声優プロダクションに所属することから始める必要があるので、プロダクション主催のオーディションに応募することが大切です。

オーディションではどのようなことをするのでしょうか。

自己紹介と自己PRをする

声優オーディションは、一般的な仕事に就く時の面接とは違う独自の内容で進行します。

まずは、自己紹介の後に自己PRをすることになりますが、声優は高いスキルを持っていること以外にも自分の個性をうまくアピールすることが大切なので自分の魅力を審査員にうまく伝えるためにも落ち着いて話すことが大切です。

声優として活動するのに相応しい内容の特技などを自己PRの中に取り入れることで、審査員の目に留まりやすくなることがあります。

審査員からの質問に答える

自己紹介と自己PRは自分自身があらかじめ準備しておいた内容を話すことができるので、オーディションの最中にたとえ緊張していたとしても、なんとかクリアできる可能性があります。

しかし、オーディションの中で審査員からの質問に答える場面もあるので、質問に対する瞬発力が試されます。

ただ質問に答えるだけではなく、ユーモアを交えたり自分の魅力に繋がる言葉を選んだりするなど、頭の回転の速さもオーディション合格に必要な要素となります。

オーディション用の台詞を読む

声優はアニメ作品の登場人物の表情や動きに合わせて台詞を読むことが仕事のひとつなので、オーディションの中で台詞を読むことがあります。

初心者の方が、緊張が高まるオーディションの中で渡された台詞をうまく読むことはかなり難しいので、事前にある程度台詞を読む練習をしておくことが大切です。

何の準備もなく合格レベルに到達する読み方ができる方はほとんどいない可能性が高いです。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

初心者がいきなりオーディションを受けるとどうなる

声優に憧れる初心者の方の中には、できるだけ早く声優になりたい一心でいきなり声優プロダクションのオーディションを受ける方がいるかもしれません。

しかし、初心者の方は場慣れしていないことがほとんどなので、いきなり受けたオーディションで一発で合格することは奇跡に近いことなのです。

初心者の方がいきなりオーディションを受けると一体どうなるのでしょうか。

緊張し過ぎて指示されたことができない

初心者の方の中でも初めてオーディションを受ける方は、オーディション会場にいるだけで緊張してしまうことが多いかもしれません。

緊張すると言いたいことをうまく表現することができないので、審査員の方に様々な指示を出されたとしてもこなせないことがあります。

ベストな状態でオーディションに臨むには、場慣れするまで何度でもオーディションを受けるのも方法のひとつですが、日頃から深呼吸の練習をするなどリラックスした自分を維持できる訓練をすることも大切です。

台詞の読み方がよく分からない

オーディションで渡された台詞を読むことがありますが、初心者の方は書いてあることをそののまま棒読みしてしまうことがあるかもしれません。

台詞を読む時には自然な感じで読んだほうが良い場合と、感情を込めて読んだほうが良い場合がありますが、台詞の読み方の練習をしていない場合、その場でうまく台詞を読むことができないことの方が多いでしょう。

審査員や周囲が気になりオーディションに集中できない

オーディションに合格するには台詞の読み方など高いスキルを備えていることが大切ですが、周囲に気を取られずに自分の中のベストを目指して実力を出しきることが大切です。

しかし、初心者の方は審査員や周囲の方の様子が気になって、オーディションに集中できないことがあるため、落ち着いて指示されたことをこなすことができない場合があります。

オーディション合格のためには集中力を高める必要があるので、大勢の前で自分を表現する練習を積み重ねておくことをおすすめします。

声優専門学校に通うことの大切さとは

声優専門学校はプロを育成するためのカリキュラムをもとに、声優としての高いスキルを身につけていきます。

声優になりたいけれど何から始めて良いか分からない場合でも、プロの講師の指導を通してプロに必要な技術を磨くことができます。

ここでは声優専門学校に通うことの大切さを見ていきたいと思います。

プロの声優に必要なスキルを磨くことができる

声優専門学校では、アニメ作品に声を入れるためのアフレコの授業をはじめコースによっては歌やダンス、演技などの授業を受けることができます。

クラス単位でレッスンを行うので、人前で台詞を読んだり演技をしたりすることに慣れる練習になるので、自分一人で練習するよりも度胸をつけることができるでしょう。

声優業界を身近に感じながら夢を目指せる

声優専門学校には、現役のプロの声優として活躍している講師が在籍しているので、声優業界を身近に感じながら夢が目指せるところが大きな魅力です。

声優に必要なスキルを磨くだけではなく、業界の予備知識や情報などをリアルタイムで知ることができるので声優になるプロセスを楽しむことができます。

業界に入った後のイメージを描きやすければ、どんな準備をしたら良いか把握しやすいので将来のためになるでしょう。

声優専門学校在学中にオーディションが受けられる

声優専門学校の中には、在学中にプロダクションへの所属のためのオーディションが受けられる学校があるので声優になる夢に近づきやすいところが大きなメリットです。

声優になるためのはじめの一歩はオーディション合格なので、声優のスキルを身につけながらオーディションを受けることができる声優専門学校は声優になるための方法がまったく分からない方にとって心強いでしょう。

声優専門学校内でのオーディションのメリット

声優専門学校では定期的に声優プロダクション主催のオーディションが行われているので、十分な実力を備えた上で声優を目指すための活動をすることができます。

プロダクションに所属することでようやく仕事をすることができるので、できるだけ在学中のデビューを目指すことおすすめします。

声優専門学校内でのオーディションのメリットを見ていくことにしましょう。

プロの講師に合格のためのアドバイスがもらえる

声優専門学校在学中なら、プロの講師が側にいるのでオーディション合格のためのアドバイスがもらえます。

自分の磨くべき事柄を指摘してもらうことで、より実力を高めることができます。

在学中に声優デビューを果たすことで進路が決めやすい

在学中に声優デビューを果たすことで、声優専門学校卒業後に声優としての活動を始めることができます。

進路を決定してから学校を卒業できるので、安心した気持ちで仕事に集中することができます。

まとめ

初心者の方がいきなり声優のオーディションを受けても、一発で合格することはとても難しいことなのです。

何の準備もなしにオーディションを受けて落ち続けると、自分の夢に自信が持てなくなりますが、声優専門学校でプロに必要なスキルを身につけることで自信を持ってオーディションに臨むことができます。

大勢の前で自分をうまく表現するなどの練習を積み重ねることができるので、オーディション合格に向けて万全の準備をすることができるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校