おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優専門学校で声優とミュージカル俳優を目指す方法とは?

   

声優を目指している方の中には、声優以外にも本格的に演技について学ぶことでミュージカル俳優のスキルを身につけたい方もいます。

どちらも表現力と独自のスキルが必要な職種ですが、声優専門学校の中には声優と演技のスキルを同時に磨けるところもあります。

ここでは、声優専門学校で声優とミュージカル俳優を目指す方法をご紹介したいと思います。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

アニメ・映画声優に必要なスキルとは

声優はアニメ作品や映画の吹き替え、ナレーションなど幅広い仕事に挑戦できる職種です。

憧れのアニメ作品の登場人物の声を担当することで、毎日充実した気持ちで仕事に取り組みながら輝かしい実績を積み重ねることができます。

声優に必要なスキルとはどのようなものなのでしょうか。

正しい発生方法

声優は場面に応じてほかの声優と息をぴったり合わせながら仕事に取り組む必要があります。

作品によっては感情を込めながら大きな声を出すこともあるので、喉を痛めないためにも正しい発生方法を身につけることが大切です。

プロの講師について発生のレッスンを積み重ねることで、声の調子や音量などをコントロールしやすくなるので声を使った幅広い表現が可能となります。

イメージ力と表現力

声優はただ台本を読んでそこに書いてある台詞を言えば良いというわけではなく、ひとつひとつの台詞に感情を込める必要があります。

主人公は何を思い、このような言葉を選んだのかなどイメージ力を磨くことも大切です。

感情を込めて台詞を言うことで、作品を見た方が心から感動する瞬間が増えるでしょう。

アフレコのスキル

アニメ作品の映像を見ながら登場人物の口の動きに合わせて台詞を言うのは、初心者の方では1回でうまくいかないこともあります。

しかし、声優専門学校ではプロの現場と同じ環境が整った設備を通してアフレコの授業があるので、声優に必要なスキルの基本をしっかり身につけることができます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ミュージカル俳優に必要なスキルとは

ミュージカル俳優は、ドラマや映画に出演する俳優と違って顔の表情や声の調子はもちろんのこと、舞台の上で全身を使って感情を表現する必要があります。

一般的な演技のレッスンに加えて独自のレッスンを積み重ねる必要がありますが、ミュージカル俳優を目指すにはどのようなスキルが必要となるのでしょうか。

正しい発生方法

ドラマや映画の俳優は、抑えた演技の中で通常通りに会話しても音を拾う機材を使うことで台詞が作品の中に反映されやすくなります。

しかし、ミュージカルは舞台の上から観客席の隅々にまで台詞が聞こえる必要があるので、舞台独自の発生方法を身につける必要があるのです。

お腹から声を出すなどの発声練習をコツコツと積み重ねることが大切です。

イメージ力と表現力

ミュージカル俳優は遠くの観客席に座っている方からでも、登場人物の台詞や感情が理解しやすいように力強く表現する必要があります。

また、台本を読んで主人公のキャラクターを組み立てるためのイメージ力を磨く必要もあるので、イメージ力と表現力を同時に身につけておくことが大切です。

舞台上で映えるように大きく演技するので、専門のプロの講師について本格的に舞台俳優に必要なスキルを身につける必要があります。

歌のスキル

ミュージカル俳優を目指すには、舞台上の演技のスキルだけではなく歌のスキルも身につける必要があります。

場面に応じて歌を歌いながら演技をすることもあるので、本格的にヴォーカルレッスンを受けておく必要があります。

演技をしながら歌うのはミュージカル特有のスキルなので、専門的なスキルが身につくレッスンを積み重ねることが大切です。

声優と俳優の両方が目指せる専門学校の選び方

声優と俳優の両方を目指すためには、それぞれの独自のスキルをしっかり身につける必要があります。

声優専門学校では声優と演技の両方の授業を実施しているところもあるので、必要なスキルを効率良く身につけることができます。

両者の職種を目指せる声優専門学校の選び方について見ていくことにしましょう。

ミュージカル専攻がある声優専門学校を選ぶ

ミュージカル俳優になるために演技の学校を選んでしまうと、声優に必要なスキルを学ぶことができません。

しかし、本格的にミュージカル俳優を目指すためのレッスンを実施しているミュージカル専攻がある声優専門学校なら、声優と俳優の両方のスキルを身につけることができます。

声優としての基礎や応用のスキルを身につけた上で俳優のスキルを身につけておけば、幅広い仕事に挑戦することができます。

演技の授業がある声優専門学校を選ぶ

身近な場所にミュージカル専攻がある声優専門学校がない場合、演技の授業がある声優専門学校を選ぶと良いでしょう。

レッスンを通して声優や舞台俳優として活動するために必要な知識と技術を学ぶことができるので、両方のスキルを効率良く身につけることができます。

授業のひとつだったとしても本格的にプロの講師から指導を受けるので、これまで演技について学んだことのない方でも安心してレッスンをスタートすることができます。

声優とミュージカル俳優になるための具体的な方法とは

声優と俳優を両方目指すには、プロに必要なスキルが身につく声優専門学校で学ぶのがおすすめです。

レッスンを通して幅広いスキルを身につけていきますが、それだけではなくプロとして仕事をするために必要なサポートを実施しているので夢に向かって一歩ずつ近づいていくことができます。

声優とミュージカル俳優を目指すためには、具体的にどのような行動を取れば良いのでしょうか。

プロダクション主催のオーディションを受ける

声優やミュージカル俳優として仕事をするには、プロダクションに所属する必要があります。

声優専門学校の中には、プロダクションのオーディションを開催しているところがあるので在学中にプロデビューを目指すことができるのです。

オーディションの合格を目指すという明確な目標を持ってレッスンに励むことでスキルに磨きがかかります。

プロダクションを通して仕事の実績を積み重ねる

オーディションに合格すると、プロダクションに所属することで声優やミュージカル俳優への道を踏み出すことができます。

プロダクションの傾向によって依頼を受ける仕事に違いがありますが、声優やミュージカル俳優の仕事を多く受けているプロダクションなら身につけたスキルが生かせる仕事をすることができるでしょう。

気になるミュージカルのオーディションを受ける

ミュージカルによってはオーディションを通してキャストを決めることがあります。

出演してみたいミュージカルがある場合には、積極的に応募してオーディションに参加すると良いでしょう。

注目度の高い作品には膨大な数の応募者が殺到することがありますが、日頃からスキルを磨いてオーディションの本番に臨めば実力を発揮することができます。

主人公に抜擢されるようなことがあれば、これまで積み重ねてきたスキルが生かされ、注目度も高くなるので仕事依頼が増える可能性があります。

まとめ

声優とミュージカル俳優の両方の仕事がしてみたいという夢がある場合には、まずは必要なスキルを身につけることが大切です。

声優専門学校の中には、声優に必要なスキルと俳優に必要なスキルを同時に学べるところがあるので、夢に向かって具体的な行動を起こすことができます。

個性を生かしながらのレッスンで、将来は幅広い分野で活躍する自分を目指すことができるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校