おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優専門学校に行かなくても声優になることはできる?

   

最近では、声優さんがテレビやネット番組などに露出する回数もかなり増えてきました。

そして日本はアニメ大国です。

なので、声優さんを志す人の数もすごく増えてきています。

でも、いざ声優になろうと思ったら、専門学校に行くこと以外に道はないのでしょうか?

ここではそんな、声優になるには専門学校に行かないとならないのかということについてみていきたいと思います。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

専門学校に行かなくても声優にはなれる

ではまず、結論から見ていきたいと思います。

別に、声優になるには必ず声優の専門学校に行かないとならないのかというと、そんなことはありません。

今では声優として活動するのがメインになっているけど、もともとは俳優として劇団で活動していた、あるいは今でも声優をやりつつ舞台などにも出ているという方はたくさんいます。

なので、声優の専門学校に行かないと声優になれないわけではないんです。

確かに最近の主な流れとして、まず専門学校に入るという方はすごく多いです。

ただ、では専門学校にいけば必ず声優になれるのかというと、そんなことはありません。

需要より供給の方が圧倒的に多い

実際、声優専門学校というのはすごくたくさんあります。

すごくたくさん専門学校があるということは、当然声優志望の方がすごく多いということになります。

では声優の仕事はたくさんあるでしょうか?

確かに、ナレーターからアニメ等、声優の力を必要とするシーンはたくさんあります。

でも向こうも誰でもいいわけではありません。

ある程度のネームバリューを求めていることは間違いないんです。

だから、新人の需要というのは、決して高くはありません。

それに対して供給はすごく多い。

つまり、圧倒的に供給過多なんです。

ということは、たとえ声優の専門学校を出たとしても、声優になれると決まっているわけではないということになります。

でも、声優の専門学校に行かないで声優になるためには、どうしたら良いでしょうか?

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

一つは演技の専門学校に行くこと

声優の専門学校に行かないで声優になるためには、演技の専門学校に行くという道があります。

演技の専門学校では、演技をより幅広く学ぶことができます。

そして、卒業後に劇団などの所属できるような道が開かれています。

もちろんこれも、すべての方に道が開けているわけではありません。

声優同様、卒業したからといって、特にどこにも所属できずに宙ぶらりんになってしまう可能性だってあります。

でも、声優よりは可能性は広いです。

劇団からどうすればいいのか

でも劇団などで活動しながら声優になるという道のイメージがわかない方もいるでしょう。

確かに劇団から声優というと、すごく遠回りに見えます。

しかし実は別に遠回りではないのです。

劇団に所属しながら、声優の事務所のオーディションを受ける。

こうして、声優になることを目指すのです。

それは、事務所のオーディションを受けるのは、結局声優の専門学校を出ていようとそうでなかろうと同じです。

では、あえて劇団からそう進むことのメリットはどこにあるのでしょうか?

声優らしすぎない演技ができるようになる

声優には声優特有の演技がありますよね。

それは、声優の専門学校に行けば学ぶことができるでしょう。

しかし、それではみな同じ演技になってしまう。

でも演技の専門学校に行き、舞台などで鍛えられた後に声優のオーディションを受ければ、ちょっとまた切り口の違う演技を見せることができるようになります。

ようするに、周りと差別化を図ることができるようになるんです。

声優の事務所のオーディションは、言うなれば就職活動のようなものです。

就職活動で大切なことは、数多いる人材の中から、自分という存在に目をつけてもらうこと。

それをするためには、周りと違うことをアピールしないとなりません。

声優の場合は、切り口の違う演技ができることが、それにつながるんです。

片っ端からオーディションを受けまくるのもあり

声優事務所のオーディション自体は、別に受けるのに対して壁があるわけではありません。

たとえば大卒とか専門学校卒以上とか、高卒以上とか、そういう壁はないのです。

だから、別に声優の専門学校はおろか、演技の専門学校にすら行かずに、ただひたすらに声優の事務所のオーディションを受け続けるというのも、一つの手段です。

そうして直接すっ飛ばしていったとしても、実力があれば合格することはできます。

ただそこまで実力を高めていくのは、決して簡単なことではありません。

そうしようとしても、なかなかそうはできないものなのです。

ただ手段としてはそういう方法もあります。

養成所のオーディションを受けるのもあり

いきなり所属を目指してオーディションを受けていても、なかなか進まないことはあります。

でも、声優事務所の養成所のオーディションであれば、受かることもあるんです。

それはいうなれば、よしもとのNSCのようなものですね。

それに合格することによって、そこで実力をつけることができて、最終的にそこの事務所に所属することができる可能性が高くなるのです。

ただこれに関しては、専門学校ではないので、別に卒業したところで専門学校卒業という学歴にはなりません。

それが難点ではあります。

ただ、そもそも専門学校に行かないで声優を目指すということにプライドがあるのであれば、それは逆にプラスにもなりますね。

こういう方法も、ありです。

専門学校に行くことのメリット

このように、別に声優の専門学校に行かなくても声優になることはできます。

それなのに、今では多くの方が声優の専門学校から声優さんを目指すという道を選ぶ。

それはなぜなのでしょうか?

それは当然、そこにメリットがあるからになります。

では、専門学校から声優さんを目指すメリットは何でしょうか?

最低限の知識と実力がつけられる

まず一番のメリットは、やはりプロとしてやっていくうえでの最低限の実力と、知識を身に着けることができる点。

しかもそれは、最短距離で身に着けることができるんです。

実力は、たとえ独学でも時間をかければつけることはできます。

でも、それには時間がかかるんです。

ここのやり方がわからない、調べる、真似してみる、改善するということの繰り返しになりますから。

対して専門学校では、その答えをすぐに教えてくれるようなものになります。

だから、うだうだと悩む時間がありません。

その分短期間で実力を高めることができるんです。

また、知識は独学ではやはり学びづらいです。

プロの現場ではこんなことが役立つということなんて、いくら調べてもそうそう出てくることではありません。

でも、元プロや現役のプロの方が教えてくれるような声優の専門学校の場合には、それを学ぶことができます。

だから、いつでもプロになれる準備が整うんです。

それは何よりのメリットです。

逃げ場がないのも一つのメリット

また声優の専門学校にいったら、声優以外の選択肢はなくなります。

演技の専門学校なら俳優という道もありますし、大学ならば一般職への就職という道もあります。

でも声優の場合は声優のみ。

だからその分身を入れて勉強するという子ともあるんです。

意志が弱い人には、専門学校に通うのはおすすめできます。

まとめ

声優になるのでも、別に必ず声優の専門学校にいかないとならないというわけではないんです。

声優の専門学校に行くことにもデメリットはあります。

ただ、メリットが大きいということも確かなんです。

だから、あえて違うところから目指すべきなのか、それとも声優専門学校から目指すべきなのか、一概には言えません。

自分の性格や特徴と照らし合わせて考えてみてください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校