おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優専門学校に進学するリスクを減らすための方法ってある?

   

声優の専門学校に進学するというのは、実が意外とリスクがあることになります。

だから、もし声優の専門学校に行きたいと思うのであれば、少しでもそのリスクを減らすに越したことはないんです。

そうでないと、ただただお金や時間の無駄になってしまう可能性が高いです。

では、どうすればそのリスクを減らすことができるのでしょうか?

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

声優専門学校に行きながら大学にも入る

声優の専門学校でのリスクを減らすための一番の方法は、大学に入るということです。

もちろん声優の専門学校に行きながら、昼間の、ごくごく一般的な大学に入るというのは難しいです。

受験をして合格をすること自体は難しくはないかもしれません。

でも、声優の専門学校に行きながらそこに通うというのは、決して現実的ではないです。

だから、それはあまりおすすめできることではありません。

では、声優の専門学校に行きながら大学に入るとはどういうことなのか。

それはたとえば、通信制の大学に入ればいいんです。

それでも学歴では大卒になりますから。

大切なのは、どこの大学を出たかではありません。

大学を出たかどうかです。

逆のパターンもあり

専門学校に行きながら通信の大学に通うのではなく、大学に行きながら夜間の声優専門学校に通うというのもありです。

そちらの方がリスクはよりケアしていけるようになります。

ただそれだと声優の勉強の時間があまり取れなくなるので、その分声優になれる可能性が少なくなります。

それが難点ですね。

声優になれなくてもなんとかなるようになる

声優の専門学校に行きながら通信制の大学に通ったり、その逆をしたりすれば、最悪声優になれなくても、なんとかできるようになります。

学歴さえあれば就職をすること自体はそこまで難しいことではありません。

声優の勉強しかしていないとなると、難しいことも出てきますが、大学で何らかの勉強をしていれば、あまり問題はないんです。

そしてそうできるのであれば、それに越したことはありません。

なぜなら、実際声優になれる可能性は決して高くはないからです。

声優になれるのはほんの一握り

声優の専門学校に行っても、そこから声優になれるのは本当に一握りです。

基本的には、声優になれない可能性の方が高いです。

それこそが、声優の専門学校に通う最大のリスクになります。

だから、そのリスクに対してケアできるこの方法は、すごく効果的な方法になります。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

必ずオープンキャンパスに行ってみる

オープンキャンパスに行くことも、声優専門学校のリスクを減らす方法になります。

なぜオープンキャンパスに行くことがリスクを減らすことに繋がるかわかりますでしょうか?

それは、学校の雰囲気を把握できるからです。

もちろんそれはイベントですから、完全に把握することは難しいです。

でも、ある程度そこがどんな環境なのか、わかるのです。

たとえばすごく熱心な学校なのか、それとも初心者でも仲良くワイワイやっていこうというタイプの学校なのか。

多くの人が居心地よく感じるのは、大体の場合で後者になるでしょう。

でも、後者のような専門学校に行くのはあまりおすすめしません。

なぜなら、その分だけスキルが上がらない可能性が高いから。

スキルを上げないとどうにもならない

声優になるためには、スキルはまず間違いなく必要です。

というかむしろ、スキルさえあればどうにでもなることもあるんです。

スキルがあれば自分で仕事をとってくることもできるのが今の時代です。

逆にスキルがないと、最初のうちは仕事をもらえたとしても、それからどんどん仕事は失われていきます。

だからそうならないように、スキルは結局高めていかないといけないんです。

もちろんあとから努力をすればスキルを身に着けることもできます。

でも、専門学校に行くのにかかる費用は決して安くはありません。

高い費用をかけて専門学校に行っているのに、そこでスキルを身に着けることができずに、あとから必死に努力をしてスキルを身に着けるというのであれば、別に専門学校にいく必要がなくなってしまいます。

つまりそこにかけたお金がすべて無駄になってしまうというわけです。

それはすごくもったいないですよね。

だから、専門学校に行くのであれば、少しでもスキルが上げられそうな、熱心な雰囲気の学校に行くべきなのです。

そしてそれをよりしっかりと判断するための方法が、オープンキャンパスに行くという方法になります。

仕事をしながら専門学校に通う

仕事をしながら専門学校に通うというのも、一つのリスクケアの方法になります。

専門学校に行きながら大学に通うのがリスクケアになるのは、声優になれなかった時のリスクをケアできるからでした。

仕事をしながら専門学校に通うというのも、同じく声優になれなかった時のリスクをケアできますよね。

しかも、より確実にケアができます。

そもそも今仕事をしているわけなのですから、声優になれなかったとしても、そこまで困ることはありません。

また、これにはもう一つ利点があります。

それが、お金の心配が要らないという点です。

仕事をしていてお金があるわけですから、余計な心配はいらなくなります。

それは意外と大きいです。

それがいい形で活きることもある

仕事をしながら専門学校に通っていると、それがいい形で活きてくることもあるんです。

つまり、仕事の経験が声の演技の経験に活きてくるということです。

たとえば、まったくオフィスワークの経験がない人には、オフィスワークのアニメなどで感情移入がうまくできないはずです。

でも、それを経験していれば、キャラクターの感情に自分の感情をのっけて、うまく演技ができるようになります。

そういうちょっとしたことでも演技の質が変わるのが声優です。

だから、そこに活かせる経験ができるというのは、間違いなく良いことなのです。

いろいろな専門学校を比較する

リスクを減らすためにできることは、あと一つあります。

それが、いろいろな専門学校を比較するということです。

ひとつの専門学校だけを見ていても、やっぱりそこが良いところなのか、それとも微妙なところなのかわかりません。

でも、3校4校比べていけば、自然とどこがいいのか分かるようになります。

だから、いくつかの専門学校を比較するということは、欠かせないことになります。

ただ比較するだけでリスクが減るのですから、それは欠かさずにしておくべきです。

どんなリスクが減るのか

でも、これをすることで、どんなリスクが減っていくんでしょうか?

たくさんの専門学校をすることで減るリスクは、もちろん質の低い専門学校にいくというリスクが減ることです。

たとえばダンスの時間がたくさんあったりと、カリキュラムがすごく微妙な専門学校もあります。

そういうところに行くよりは、朝から晩までみっちり声優の勉強ができるところに行った方が良いに決まっています。

同じだけの料金を払うのであれば、やっぱりキチンと声優の勉強ができる方が良いに決まっています。

そういうカリキュラム等を比べるために、いくつかの学校を見るべきなのです。

まとめ

声優の専門学校にいくのは、ただそれだけでリスクが高いことになります。

でも、それはこうして下げていくこともできるんです。

リスクを下げることができるのであれば、そうした方が良いことは間違いありません。

もちろん誰にでもできることではない方法もありますが、逆に誰にでもできる方法はありますから、できる範囲でこうしてみるのがおすすめです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校