おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優専門学校の通信講座を受けるメリットを紹介!学びやすい環境?

   

声優を目指すためには、専門学校で学ぶ方法もあれば、養成所で学ぶ方法もあります。

それぞれメリットやデメリットがあるので、どちらのほうを学ぶべきか悩んでしまうでしょう。

ところが、専門学校には校舎で学ぶ方法だけではなく『通信講座』を用意している所もあって、自宅で声優になるための方法を学ぶ事もできるのです。

そこで、通信講座を利用するメリットや、専門学校や養成所の違いなどを解説するので、参考にしてみて下さい。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

声優通信講座を受けるメリット

声優の養成所や専門学校の所まで学びに行く事が難しい方でも、通信講座を利用する場合であれば、多くの方たちが学びやすくなっています。

しかし、通信講座は本当に学びやすいのか、半信半疑になってしまう方は多いと思うので、その理由を説明しましょう。

通学時間をカット

通信講座を利用すれば、自宅で学ぶ事ができるので、校舎まで通学する必要がありません。

実は、声優専門学校や養成所は、どこにでもある訳ではなくて、大都市に集中している傾向があります。

大都市と言えば、埼玉県や神奈川県であれば、多くの校舎があると思ってしまうかもしれませんが、関東地方では東京に集中しているのです。

自宅から遠く離れた所まで通学してしまえば、声優になるためのトレーニングを行う時間を確保する事は難しいです。

そのような事を考えたら、近くに専門学校や校舎がない場合には、通信講座を利用してみる事をおすすめします。

気軽に学習できる環境

声優を目指している方たちの中には、若い頃からレッスンを積んできた方もいれば、全くレッスンを積んでこなかった方もいます。

もしも、全くレッスンを積んでこなかった方が、専門学校まで学びに行ったら、あまりのレベルの差を感じてしまって、恥をかいてしまう可能性は高いです。

専門学校の中には、性格の良い生徒もいれば、性格の悪い生徒もいるので、レベルの低い所を見られてしまえば笑われる可能性があります。

ところが、通信講座であれば恥をかく事がないので、自分のレベルに自信がない場合には、まずは通信講座を試してみるのも悪くはないでしょう。

社会人でも学習可能

子供の時にアニメが好きでも、夢を諦めてしまって、社会人になってしまった方もいるでしょう。

しかし、好きでもない仕事をする事は苦痛に感じてしまうので、途中から声優になろうと思っても、仕事をしながら声優の専門学校や養成所に通学する事は難しいのが現状です。

ところが、通信講座であれば、自宅で学ぶ事ができるので、社会人でもプロの声優を目指す事ができます。

コストパフォーマンス

経済的に余裕がない場合には、学費の高い専門学校へ入学する事を諦めてしまうでしょう。

多くの専門学校は、年間の学費だけでも100~150万円にもなるので、経済的に余裕がない場合には、学費を払う事は難しいのが現状です。

ところが、通信講座であればアルバイトをしながら学ぶ事もできるので、親から援助してもらえるお金が少ない場合でも、自分で稼いだお金も合わせて学ぶ事ができます。

通信講座を用意している学校では、標準学習期間が10ヶ月でも、学費が20万円以下になっている所もあるので、多くの方たちが学ぶ事が可能です。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

専門学校と養成所のメリット

通信講座であれば多くの方たちが学ぶ事は可能ですが、自宅で学ぶだけでプロデビューできるのか、心配な方もいるでしょう。

そこで、専門学校と養成所のメリットを紹介するので、通信講座とは何が違うのか参考にしてみて下さい。

専門学校のメリット

専門学校は、生徒たちが楽しみながらレッスンを受けられるように取り組んでいる学校が多いので、今までレッスンを積んでこなかった方でも学びやすい環境になっています。

楽しみながら学べるので、早く上達できるように感じるかもしれませんが、クラスメートたちと楽しみながら授業を受けていたら、気が緩みがちになってしまうので注意しなければいけません。

それに引き換え、通信講座の場合には、一人で学習する事になるので、学習に集中しやすくなっています。

養成所のメリット

養成所は、専門学校とは違って、レッスンの内容が厳しいところで有名です。

1日でも早く上達したい方には、魅力的な所かもしれませんが、今までレッスンを受けてこなかった方にしてみれば、あまりにも厳しくて挫折をする可能性が高いのです。

通信講座であれば、厳しすぎて挫折をするという可能性は低いので、気軽に学んでみたい場合には、通信講座を検討してみる価値はあります。

声優になるためのトレーニング

学生の場合には、卒業をしてから声優になるためのレッスンを受けようと考えているかもしれません。

実は学生の間にトレーニングをしていたほうが、プロデビューできる可能性が高くなるので、声優になるためのトレーニングをいくつか紹介するので、今のうちに試してみて下さい。

腹式呼吸

声優を目指す方であれば、絶対に練習したほうが良いのが『腹式呼吸』になります。

腹式呼吸とは、鼻から空気を吸って、背筋を伸ばしながら、一定の量で息を吐いていく方法です。

この方法をマスターすれば、長いセリフも喋れるようになるので、途中でブレス(息つぎ)をしなくても喋れるようになるので、早めのうちに練習していたほうがいいです。

ただし、腹式呼吸をマスターしても、限界というものがあるので、いつまでも息つぎしなくても大丈夫という事ではないので注意して下さい。

アーティキュレーション

腹式呼吸であれば多くの方たちが聞いた事はあるかもしれませんが『アーティキュレーション』もマスターしたほうが良いものになります。

アーティキュレーションとは、簡単に言ってしまえば『滑舌』や『歯切れ』の事です。

プライベートで喋る場合であれば、滑舌が悪くても大目に見てもらえるかもしれませんが、プロの声優となれば、滑舌が悪かったら仕事を任せてもらえません。

そのため、母音を一語一語までハッキリと発音できるように意識して、発声練習するようにしましょう。

声優を目指す際の注意点

声優の通信講座を利用する際には、いくつか注意しておくべきポイントもあります。

その注意点を把握してから、学んでいけばプロデビューできる可能性もあるので、注意すべきポイントを解説しましょう。

様々なスキルが必要

現代の声優は、様々な仕事をしている方がいて、アニメの吹き替えの仕事だけではなく、ダンスをする方もいれば、ナレーションの仕事をする方もいます。

専門学校へ通う場合であれば、様々なスキルを習得する事ができるので、声優として多くの仕事を受ける事ができるので、プロデビューできる可能性も高くなります。

しかし、通信講座を学ぶ際に、様々なスキルを習得できない所を選んでしまえば、プロデビューする際に不利になってしまうので注意して下さい。

容姿で優先されない可能性

テレビやインターネットで、プロの声優の顔を見た事がある方なら分かるかもしれませんが、容姿が綺麗な声優が多い事に気付いているでしょう。

容姿が綺麗な声優が多いのは、偶然ではなくて、ある程度は容姿が綺麗な方が有利になる場合があるのです。

そのため、よほど自分の容姿に自信がない限りは、容姿が綺麗な方よりは不利になると思って、声優になるための練習に励むようにしましょう。

まとめ

自宅で学べる通信講座だけでは、学べる量に限りがあります。

しかし、最初から専門学校や養成所に学びに行けば、途中で挫折する可能性があるので注意しなければいけません。

社会人の方や、経済的に余裕がない方であれば仕方ないかもしれませんが、学生の方で経済的に余裕がある場合には、自信がつくまでは通信講座を利用してみましょう。

通信講座を利用して、自信がつかない場合には、それから専門学校または養成所で学んでも遅くはありません。

参考URL・参考文献・根拠など

https://seiyu-tsushin.info/
https://seiyu-tsushin.info/ranking/…
https://human-yakan.com/pa/course/p…
https://www.eulerarchive.com/variou…
https://www.anime.ac.jp/contents/te…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校