おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優専門学校や養成所などのルート選びには、声優になるための必要な資質を理解し自己分析することが大切

   

声優は、顔を出さないため裏方というイメージがありましたが、現在ではアイドル並みの人気を誇る声優がいるなど認知度は大きく高まっています。

そのような中で声優を目指す人も多く存在し、声優の専門学校などに進学を考える人もいます。

声優になるルートはいくつかあります。

それぞれの特徴を理解すると共に、声優に向いている人はどのようなタイプかを理解しておくことも大切です。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

声優を目指すための様々なルート

声優を目指すには、声優養成所、声優スクール、声優専門学校のどれかを最初に選択するのが一般的です。

また、大学にも声優を目指すコースを設置しているところがあります。

声優養成所は、その養成所を経営していたり、つながりがあったりするプロダクションに所属できる可能性があるため、プロ声優になるチャンスが広がると言われています。

もちろんその中でも高い競争があります。

一方、声優専門学校は技術の取得が主体です。

声優としての知識が不足している人や、初心者が1から基本を身につけたい場合には、声優専門学校は向いています。

それらのルートを選ぶ際に大切なのは、そもそも自分自身が声優としてふさわしい基礎的な資質を備えているかどうかという点です。

声優に向いているタイプを理解する中で、どのコースが自分に向いているかの判断もできるでしょう。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

明確な目標と強い意志が必要

声優を目指す人の中にも、色々なタイプがいます。

希望する声優プロダクションのある人や、なりたい声優の分野が決まっている人など、具体的な目標が既にある人もいます。

一方で、漠然と声優に興味がある、好きな声優がいるなど、それほど具体的な目標ではなくまだ憧れの段階の人もいます。

声優の世界は競争率が高いため、漠然とした目標では実際の職業にすることは困難があります。

何より声の仕事が好きで、絶対にこの仕事に就きたいというメンタルの強さがとても重要な部分です。

その上で具体的にどういった手段で声優を目指していくのかについて、事前に青写真を描いておくことが大切です。

コミュニケーション能力が必要

声優の仕事は声の仕事ですが、何もそれは声を当てはめるだけのことではありません。

一つの作品を作り上げる際には、様々な人とのコミュニケーションが必要です。

監督やスタッフとの打ち合わせ、他の声優との関わり合いなど、コミュニケーション能力が試されます。

単独で作品を作り上げることはできません。

他人と調和しながら仕事を進めていける協調性が必要になります。

表現力を高めていく大切さ

声優の仕事は、言うまでもなく表現力が求められます。

私自身、あるテレビ番組で有名な声優が声優志望の人にアドバイスするシーンを見たことがあります。

「まず演技を勉強するべき」とその声優は語っていました。

演技をすることによって様々な表現力を身につけることは、もちろん声優にとって基礎を作る上でも大切な点です。

様々な感情を言葉によって表現する必要があります。

いかにして感受性を高め、表現力を養っていくかが大きなポイントであり、またそういったことに喜びを感じるタイプが声優に向いていると言えるでしょう。

不安定な職業であるだけに強い気持ちが必要

声優の仕事は、一般的な職業に比べて安定しているわけではありません。

人気声優になれば安定した仕事と高収入も見込めますが、やはりそれは一部です。

不安定な仕事であるという認識を持った上で、それでもなりたいという強い意志が求められます。

声優の専門学校は技術を初歩から身につけたい人に向いている

自分自身が声優に適性があると考えるなら、基本から技術を取得したい場合は声優専門学校が向いている場合があります。

発声、アフレコ、 セリフなど、様々なスキルを初歩から身につけることが可能です。

また、声優養成所や声優スクールと違って、声優の専門学校は学歴として認められます。

履歴書に専門学校卒と書くことができるため、学歴として考えたい場合にも向いています。

声優養成所や声優スクールとのカリキュラムの違い

声優専門学校は、基本的に高校を卒業してから進学する人が多いです。

昼間に授業が行われるため、仕事をしながらや、他の学校と両立させることは難しいです。

どうしてもそうしたい場合は、夜間の専門学校を選択する必要があります。

もちろん両立やダブルスクールは負担がさらに大きくなるため、体力面や経済的事情も考慮に入れて判断することが必要です。

声優養成所に関しては、専門学校に比べてカリキュラムが少なく、時間的融通が利きます。

週に1回から3回程度のレッスンも可能であり、他との両立もしやすいです。

声優スクールも同じで、時間的な余裕を持ちながら学ぶことができます。

声優専門学校は基本から応用までみっちりとカリキュラムが詰まっています。

そのため、全く声優に対する知識や経験がない初心者でも無理なく学習を進めていくことが可能です。

一方、声優養成所や声優スクールは、即戦力的な人材を育てることが目的であるため、ある程度の基本は身についていることを前提で進めていく場合が多いです。

最適な専門学校を選ぶために心がけておくこと

声優の専門学校は全国に多数存在し、それぞれで特色があります。

自分にとって最適な専門学校とは、必要な技術が身について、将来の職業としての展望が開けるかどうかという点です。

声優の世界は競争率の激しい世界であり、言うまでもなくしっかりしたスキルが求められます。

多額の学費を払って不十分な技術しか身についていないということのないように、最適な専門学校を選ぶポイントを知ることが重要です。

講師陣や卒業生にはどんな人がいるか

講師陣の顔ぶれを確認しておきましょう。

もちろん有名な人がいればそれだけ興味を引きますが、大切なことはネームバリューではなく、教える技術の高いしっかりした講師がいるかどうかです。

もちろんその中で、確実に実績を残している講師がいれば安心感があります。

また、卒業生が声優として関わった作品をチェックしておきましょう。

モチベーションにもつながりますし、もちろんその声優学校の実力や実績の判断目安の1つにもなります。

その学校のセールスポイントを知る

それぞれの専門学校は、独自の特色を持っています。

例えば、全ての在籍生がオーディションを受験できるシステムを構築している専門学校や、1人で多数のオーディションを受けることが可能な専門学校もあります。

現役の声優が指導する、各種イベントが豊富など、それぞれの専門学校に応じて在籍生のモチベーションを高める工夫がされています。

カリキュラムも工夫されており、ナレーション、吹き替えなど、自分にとって必要な内容の勉強ができます。

プロと同じ現場で実習できる専門学校もあります。

自分自身の希望を絞り込んでから、それに合致した専門学校を探していくことがおすすめです。

立地条件と学費

その専門学校が自宅から通学しやすい場所にあれば、毎日の負担軽減につながります。

学費についても、初年度の費用や、卒業までにかかる総額がどの程度か確認しておきましょう。

声優専門学校は学費が高額になる傾向があるので、学生であれば親との話し合いはとても重要です。

また、社会人として職業を持っていて、声優の道に転職したいと考えている人は、学費を賄うための貯金を作っておく必要があります。

まとめ

声優を目指すためには、目標を達成する意志、自己分析、スキルを身につける施設の選択が重要です。

声優専門学校に興味のある人は、各学校が行っている体験学習に参加するといいでしょう。

そこではアフレコ体験など、興味深い体験ができる可能性があります。

もちろんその専門学校の雰囲気を知り、様々な疑問や悩みに回答してくれる体験学習もあるため、大いに利用すれば判断基準が明確になっていくでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校