おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

声優希望なら必見! 専門学校を選ぶ時のポイントとメリット

   

テレビや映画、ゲームなどでは欠かせない存在だった声優は、裏方さんと言う役割を超えてアーティストや、タレントとしてなど、その活躍の幅は広まっています。

このために、将来は声優を志す方も多くなっているようですが、ここで気をつけたいのが、どのような形でプロを目指していくかと言う部分でしょう。

専門学校と養成所の違いや、選び方などについては、要チェックです。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

専門学校と養成所を比較しよう

「将来は声優として活躍したい」と考えている場合には、プロの現場に辿り着くための方法が大切になります。

現在はクラウドソーシングなどを利用して、単発の契約を取るようなこともできなくはありませんが、ここからのし上がっていくのは難しいでしょう。

しっかりと技術を身に着けて、活躍の幅を広げるためには、専門の施設で基礎を学んでいくようにしたいもの。

そこで、多数の方が専門学校か養成所に通うことで、実践的なスキルを習得しつつ、声優として大事なことを学んでいます。

なぜ、このような施設に通うかと言う点ですが、実は、声優として活躍するにはオーディションに合格することが重要で、そのためのスキルを身につけるのも重要だからです。

オーディションでは多彩な表現力や細かな技術を要求される場面もあり、独力でこれに立ち向かうのはかなり困難。

加えて、専門学校や養成所は制作会社やプロダクションとのコネクションがあるので、オーディションの際には強力な後ろ盾になってくれる期待が持てます。

結論として、声優としてスタートを切り、初期キャリアを成功させるためには、専門学校・養成所は考えておくべき選択肢となるわけです。

専門学校と養成所の決定的な違い

専門学校と養成所は色々な点で違いが有りますが、特に大きく異なる部分は、専門学校卒の資格が取れるか否かです。

専門学校では専門卒の証として「専門士」と言う資格が与えられる一方、養成所では付与されません。

養成所では卒業したとしても、学歴には残らないわけです。

したがって、将来性と言う部分を考えると、専門士の資格が狙えるために、専門学校がおすすめとなります。

専門学校卒は大学卒ほどは強力ではありませんが、短大卒と同じ程度に見られるケースも少なくありません。

国家資格の中でも、高卒は無理だけれど、専門卒ならば受験資格を得られるようなものも見当たります。

ただし、専門学校であれば必ず専門士の資格が取れるわけではない点には注意が必要です。

就学期間や卒業認定の方法などについて幾つか要件があり、それを満たしている学校であることが要求されます。

入学のしやすさと学べる内容の違い

専門学校は数も多いですし経営的にも安定しているケースも多く、気軽に入学しやすいのはメリットです。

養成所では入所オーディションがあったりして、コネや実力がないとなかなか合格できないケースも多いですが、専門学校の場合はよほどの人気校なら別かも知れませんが、入学は比較的容易と言えます。

特に難しい試験もなく、実質的に学費が払えれば、入学できるような学校も少なくはありません。

このために、中には低レベルな学校もありますので、きちんと入学先を選ぶことが大切です。

養成所に比べて声優デビューの可能性は下がると言う認識も持たれやすいですが、これは必ずしも正しいとは言えません。

養成所では既にある程度の実力が有る方なら、ステップアップしやすい傾向にありますが、逆に、これから声優としてスタートを切ると言う方には合わない可能性が考えられます。

養成所では進級も実力次第ですから、最悪のケースではオーディション合格以前に、ステップアップできずに退所となるリスクもあるのです。

そのようなリスクを考えると、じっくりと時間を掛けて、基礎部分から学んでいくことができる専門学校の方が、声優として力をつけやすいケースもあるはずです。

この辺りは自身の能力や努力次第ではありますが、総合的にしっかりと学びやすい環境を考えると、専門学校が候補となるでしょう。

専門学校ならではのメリット

養成所は訓練施設ですが、専門学校は一般的な学校生活を送れる点で幾つかのメリットがあります。

授業は一般的には全日制でじっくりと学びやすいと言う他にも、学祭などのイベント事が用意されていたりして、学生生活の楽しい思い出を残すことも可能でしょう。

声優に関する学校では、アニメ部と共同制作した作品を発表したり、アフレコの発表会を行うような実践的な取り組みがあるケースも多いです。

このようなイベントがしばしば盛り込まれているのは専門学校ならではの魅力でしょう。

努力した内容を気軽に発表できる機会があるので、学習にもメリハリがつくはずです。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

専門学校を選ぶ上でのチェックポイント

声優の専門学校は多数のものが存在しており、それぞれに特徴が異なります。

充実した環境で学ぶためには、学校選びは慎重に行いたいもの。

ここでは、専門学校を選ぶ上で、判断ポイントとなる部分をチェックしていきましょう。

専門学校を選ぶポイント1:カリキュラム

専門学校への入学を考える際には、まずは、どのようなカリキュラムが用意されているかについては要チェックのポイントです。

特に専門士を狙うならば、2年間、時間的にもたっぷりと学べるカリキュラムが用意されていることが前提となります。

学歴を考えると、専門士を取れるかどうかは、入学前に確認しておくようにしましょう。

カリキュラムの内容は、声優として活躍するために必要なものになっているかは、しっかりと見ていきましょう。

発声練習が重要なのは当然ですが、プロとして現場で働いていくためには、他にも色々なスキルやノウハウが要求されます。

演技・表現力の訓練の他に、オーディション対策や体力づくり、現場でのコミュニケーション・スキルの取得などなど、多彩な形でトレーニングが用意されていることが多いです。

ボーカルの授業があったり、ナレーターを目指す方に向けた授業が盛り込まれているケースもあります。

ここで注意点ですが、実際には、カリキュラムは数があれば良いと言うわけではありません。

中には、声優として活躍するのに必要なさそうなカリキュラムが用意されている学校もあるので、気をつけましょう。

大切な部分をしっかりと学べる環境が用意されている学校を選ぶことが重要です。

専門学校を選ぶポイント2:将来性

声優として活躍するには、専門学校の在学中あるいは卒業後、プロの現場と繋がりを持つことは欠かせません。

これは自身にある程度の実力が備わっていることも重要ですが、専門学校とプロダクションや制作会社とのコネクションも大切なポイントです。

現場とのコネクションがある学校のほうが、多くのオーディションに参加できる他、合格可能性にも影響があります。

特に、多くの生徒・卒業生をプロの声優として現場に送り込んでいるような、実績のある学校では、カリキュラム自体もしっかりとしている傾向にあるでしょう。

したがって、卒業生がしっかりと声優としてスタートを切れているかどうかは、学校を評価する上では、とても参考になる点と言えます。

もしも声優として大成できなくても、就職率の高い学校でしたら、音響スタッフなどとして現場で活躍できる可能性も高まるはずです。

したがって、将来設計を安定したものにするには、専門学校の就職への取り組みについても調べておいたほうが良いでしょう。

専門学校を選ぶポイント3:体験入学を活用

資料や公式ページなどでは、卒業生の実績やカリキュラム、その学校の特色を調べることはできますが、これだけでは実際のイメージは中々、浮かびづらいものです。

中には、ウリ文句ほどの内容が伴っていない、看板倒れと言えるような学校もあるかも知れません。

通学してから後悔しないためには、予め、体験入学などを活用しておくのがおすすめです。

近年は多くの学校が、説明会やオープンキャンパスを行っているので、積極的に使っていきましょう。

まとめ

声優の専門学校について、そのメリットや選び方などについて紹介してきました。

ネットでは養成所のほうが良いと言うような意見も見られますが、実際には両者に魅力があり、しっかりと違いを把握して選んでいくことが大切です。

特に専門学校は実力がないと進級できない・対処せざるを得ないと言ったリスクは低いため、安定して学びやすい環境にあるのは大きなメリットとなります。

その上で、専門学校からであっても、現場で活躍している声優も多数が輩出されているので、将来についての可能性は必ずしも低いとは言えないでしょう。

とにかく、自身の将来ですから自身で決めていくことが大切です。

そのために、目先の情報に惑わされず、体験入学などを活用して実際に自分の目で確かめながら、判断していくようにしましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校