おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

大学に行きながら声優専門学校に通うっていうのはあり? メリットはある?

   

大学生の方でも、声優になりたいと思う方はいるでしょう。

でも、独学で声優になるのは簡単ではありません。

だから、声優になるためには、専門学校などに通うのが一番です。

そして専門学校には、大学に行きながらでも通えるところがあります。

ではそんな専門学校に、大学生のうちの行くのはありなんでしょうか?

そこにメリットはあるのでしょうか?



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

より時短でプロの声優を目指せる

夜間の専門学校でも、昼間の専門学校であっても、いずれにしても専門学校を出てからダイレクトで声優になれるという方は多くはありません。

というかほとんどいないといってもいいくらいです。

では、どうすれば声優になれるのか。

声優になる人の多くは、声優の養成所に通うんです。

声優の専門学校を出た後に。

でもたとえば、大学を出てから昼間の専門学校に通って、かつそれから養成所に行ってという風にやっていたら、間違いなくすごく時間がかかってしまいます。

やっぱり、少しでも早くプロの声優になれるのであればそれに越したことはありません。

だから、大学に行きながら夜間の専門学校にいき、かつそのあとで養成所に行くというのが、一番効果的になるんです。

大学を辞めていくのはなし

より早く養成所に進むために、大学を今の段階で中退して、それから専門学校に進んで、最後に養成所に進むというプランもあります。

でもそのプランは、決しておすすめはできません。

なぜなら、それはあまりにもリスクが高いからです。

専門学校から直接声優になるのは難しいから、多くの人が声優養成所に行くと述べてきました。

でもそれは、声優養成所に進んだ多くの人がプロの声優になれるということを意味しているわけではありません。

たしかに声優養成所に進む方がプロの声優にはなりやすいです。

しかし、そこからでも、プロの声優になれるのはほんの一握り。

全体の数パーセントにしか満たないんです。

しかももし声優になれたとしても、そこから売れる可能性は極めて低い。

つまり声優1本でやっていけるのは、本当にほんのひとつまみくらいになるんです。

だから声優としてやっていけなくなることがあります。

そもそも声優になれないこともあるわけですから、リスクケアをすることはすごく大切になるんです。

そんなリスクケアのためには、大卒という学歴は欲しいところです。

最低限それさえあれば、一般職に就職できる可能性も高くなりますから。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

新卒で一般職に逃げられる

また大学に行きながら専門学校に通うことによって、より一般職に逃げるという判断がしやすくなるという利点もあります。

たとえば、大学を卒業してから就職をするのと、大学にいる間に就活をして就職をするのでは、どちらの方が就職しやすいでしょうか?

あきらかに新卒の方が就職はしやすいんです。

大学を出てから専門学校に行って、それから結局一般職への就職をしようとしていたら、「結局この人は何がしたかったんだろう」と思われてしまいます。

そのせいで印象が悪くなることもあるんです。

そうして印象が悪くなってしまっても、いいことは何もありません。

でも新卒からであればそういう余計な印象を持たれることもないんです。

だから、就職のしやすさは全然違ってきます。

そういうことがあるので、出来れば在学中に専門学校に行ってみるべきなのです。

行ってみないと正確な判断は難しい

声優業界で自分がやっていけるかどうか、そもそも本当にそんなに声優になりたいの。

それはやっぱり、現場に飛び込んでみないとわからないものです。

だから、何もしないでそれを無理やり判断しようとするよりは、いったん専門学校には行ってみることがおすすめです。

でもやっぱり、そのためだけに新卒という大きな武器を捨てるのはもったいないです。

折角在学中にも通えるコースがあるんですから、それを使わない手はありません。

そのコースの良さを最もと言っていいくらい活かすことができるのが大学生なんですから、ぜひ活かしていってください。

勉強に身が入りやすい

大学生のうちに声優の専門学校に行くと、そのほうが勉強に身が入りやすくなります。

声優の専門学校にだけ単体で行けるようにした方が勉強には身が入りそうに思えますよね。

でもそんなことはありません。

人は、多少追い込まれた状態で何かをした方が、より身が入るものなのです。

たとえば、時間がない中で勉強しないとならないとなると、その分だけ集中して勉強するようになります。

でも何時間でも時間をとることが出来れば、ついついだらだらとやってしまい、すごく集中できなくなるんです。

結果、無駄な時間を過ごすことになりかねません。

大学生のうちに専門学校にかよえば、その分だけ時間が取れなくなるのは当然。

そうしてより効率的に勉強ができるようになるんです。

両方とも効率的になる

これのメリットは、声優の勉強だけにあるわけではありません。

これは、大学の勉強においても言えることなんです。

声優の勉強が入ってくるということは、その分だけ大学の勉強をする時間もなくなります。

大学の勉強をする時間が無くなっていけば、もちろんそっちも効率が増していくんです。

結果、双方ともに良い効果をもたらします。

逆効果になる人もいるので注意

ただしこれは、逆効果になる人もいます。

全ての人がこうして効率化できるわけではないんです。

忙しくなるとやる気がなくなる人もいますし、疲れてしまうと何もやる気がでなくなる人や集中力がすごくなくなる人もいます。

だから、自分の性格をいったん見直してから考えるようにしないといけません。

オーディションでの武器ができる

大学在学中に声優の専門学校に行けば、いざそこを卒業して声優のオーディションを受ける際に、そういう人とは違う経歴があるという武器ができます。

たしかに声優という仕事は、職人のような仕事になります。

だから、高いスキルがあることが求められます。

でも、プロの声優でも、「え?」というレベルの演技をしている人はいますよね。

つまり、特別かなり高いスキルがなくてもプロになれることはあるということです。

では、なぜそういう人たちはプロになれているのでしょうか?

それは、タレント力が高いからです。

声優は、昔のような職人仕事ではなくなってきています。

今ではもはやタレントなのです。

バラエティ番組に出ることも多いですし、ネットテレビやラジオ等への露出も多いですから。

なので、タレント力のある人は、声優になれる可能性はあります。

ではそのタレント力はどこから来るのか。

それはやはり「人と違う」という点です。

少なくともとっかかりにはなる

たしかに別に、大学に行きながら専門学校にも行っていて声優になるというのは、別にすこぶる珍しいわけではありません。

でもそれがあれば少なくともとっかかりにはなります。

普通ではないですから。

そうして引っかかれば、あとは自分の魅力次第になります。

そこまで持っていくことすらできない人もたくさんいますから、それと比べるとはるかに有利にことを運べることは間違いありません。

まとめ

この通り、大学在学中に声優の専門学校にいくことには、いくつかのメリットがあります。

特に大きいのはやっぱり、保険が効きやすくなることですね。

新卒という武器を持ちながら声優を目指していけるというのはすごく大きいです。

だから、もし在学中に通える環境なのであれば、大学在学中に専門学校に行くのはおすすめできます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校