おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

大阪の漫画の専門学校 ベスト4選!東京に劣らない環境?

   

東京には、多くの専門学校があるので、関西地方に住んでいる方は「漫画家を目指すためには東京へ上京しなくてはいけないのか」と悩んでしまうかもしれません。

ところが、大阪には、東京の専門学校に劣らないほどの環境を用意している所がいくつもあるのです。

そこで、関西で漫画制作を学んでみたい方たちのために、大阪にある魅力的な4校を紹介するので、みていきましょう。



スポンサーリンク

大阪総合デザイン専門学校

『大阪総合デザイン専門学校』は、日本国内では珍しい『漫画家要請カリキュラム』を採用しています。

そのため、本校で学べばプロデビューできる可能性は高いので、どのような特色やカリキュラムがあるのか説明しましょう。

専門学校の特色

漫画家になりたい方たちの中には、専門学校でスキルを学ぶ事は、義務教育で様々な教科を学んでいた事と似ていると思ってしまうかもしれません。

そのような考え方をしていたら、小学や中学であまり成績がよくなかった方は、不安を感じてしまうでしょう。

本校では、義務教育と大きく違っていて『マンツーマン指導』を行なっているのです。

マンツーマン指導であれば、授業に追いつけなくなって成績が落ちていく可能性は低いので、作品制作に打ち込む事ができます。

さらに教員や講師たちは全員がクリエーターなので、的確な指導が可能になっているので、短期間でスキルアップする事が可能です。

実際に、専門学校は学習期間が2~3年のところが多いので、卒業するまでに、プロになるためのスキルを習得できない場合があります。

しかし、本校であれば卒業する前に多くのスキルを習得する事ができるので、基礎から応用まで学びたい方には、おすすめの専門学校です。

カリキュラムの内容

本校には『漫画学科』と『コミックアート学科』の2種類の学科が用意されています。

漫画学科は、アナログを学べる専攻と、デジタルを学べる専攻があります。

実は、現代ではパソコンまたは液タブを利用して、CGの作品制作をする方が増えてきました。

CGと聞いたら、3Dをイメージするかもしれませんが、2Dの漫画でもCGで制作できるのです。

さらに、アナログよりも修正が容易なので、簡単に描き直したい場合には、おすすめの学科です。

コミックアート学科では『基礎学力』と『デザイン力』の充実を図っているので、画力を高める事ができるので、今までよりもイメージ通りの作品を制作できる可能性が高くなります。



スポンサーリンク

大阪アミューズメントメディア専門学校

『大阪アミューズメントメディア専門学校』は、東京にもありますが、実は大阪のほうにもあるのです。

大阪でも、充実した環境を用意しているので、詳しく解説します。

専門学校の特色

本校では『AMG産学共同プロジェクト』を推進していて、在学中にも関わらず、プロの業界の仕事に関わる事ができます。

実際に、専門学校で基礎的なスキルを習得しても、プロの業界では実践的なスキルを求められてしまいます。

基礎的なスキルも重要になりますが、実践的なスキルも習得しておけば、プロデビューした後に即戦力として活躍する事も可能です。

現在では、作品を制作する場合には個人で行うだけではなく『スタジオジブリ』のように、数人のスタッフと共に作品を制作する場合もあります。

そのため、在学中から実践的なスキルを習得しておけば、就職活動を有利に進める事も十分に可能です。

カリキュラムの内容

漫画に関連する学科は、3つもあって、アニメーション学科・キャラクターデザイン学科・マンガイラスト学科などがあります。

アニメーション学科では、デザイン・絵コンテ・作画・背景などの制作方法を学んでいて、パソコンのソフトを操作する方法も覚える事ができるのです。

キャラクターデザイン学科では、キャラクターを描くために必要なスキルを学ぶ事ができるので、キャラクターを描く事が苦手な方は学んでみる価値があります。

マンガイラスト学科は、少しユニークなところがあって、漫画とイラストの両方を制作するために必要なスキルを習得できるのです。

そのため、漫画家になれなかったとしてもイラストレーターになる事が可能なので、就職活動またはデビュー活動の時に、選択肢を広げる事ができます。

大阪デザイン&IT専門学校

『大阪デザイン&IT専門学校』は、充実した設備を完備しているので、効率よくスキルを習得する事ができます。

それでは、どのような設備やカリキュラムが用意されているのか紹介するので、確認してみて下さい。

専門学校の特色

日本国内にある専門学校の中には、パソコンの数が少なくて、数人の生徒が一台のパソコンを共有する所があります。

一人でパソコン一台を利用できなかったら、実際に操作できる回数が少なくなってしまうので、スキルを習得する事が難しくなってしまうのです。

ところが、本校では『Macルーム』があって、生徒一人でMac一台を利用する事ができます。

さらに、Illustrator・Photoshopなどのソフトも利用できるようになっているので、デジタルの漫画を制作する方法を学びやすい環境を整えているのです。

カリキュラムの内容

漫画に関連する専攻は、3つあって、それがマンガ専攻・コミックイラスト専攻・アニメーション専攻などです。

マンガ専攻では構想から仕上げまで、徹底的に作品制作の方法を指導しているので、今まで作品制作してこなかった方でも、漫画家を目指す事が十分に可能です。

コミックイラスト専攻では、デジタルの制作方法からアナログの制作方法まで学べるので、数多くのソフトの操作方法や画材の利用方法を覚える事ができます。

アニメーション専攻でも、アナログからデジタルまで、基礎的なスキルを習得する事ができます。

さらに、デッサンやクロッキーも学んでいくので、画力を高める事も可能です。

大阪アニメーションスクール専門学校

『大阪アニメーションスクール専門学校』では、様々な教育システムを採用する事によって、実践的なスキルを習得できるようになっているので、詳しく紹介しましょう。

専門学校の特色

数多くある教育システムの中には『人気マンガアプリ』とタイアップする企画が行われた事があって、生徒が投稿レースに参加して、上位入賞を果たした事もあったのです。

さらに『海外研修』も行われていて、ハリウッド映画で利用されている『映像テクニック』を学んだり、豪華な設備を見る事もできるのです。

漫画と直接関係している訳ではありませんが、作品制作をする際に大きな刺激となるので、参加する意義はあります。

カリキュラムの内容

本校では、アニメーション制作コース・3DCGクリエーターコース・コミックイラストコース・マンガコース・総合アニメコースなどがあります。

アニメーション制作コースでは、アニメーションの基礎やテクニックを覚える事ができるので、アニメーターやキャラクターデザイナーを目指す事が可能です。

3DCGクリエーターコースでは、3DCGを制作する方法を指導しているので、3Dによるアニメーションを制作できるようになります。

コミックイラストコースでは、画力を高められるように指導している上に、同人誌イベントに参加できるように支援を行なっています。

マンガコースでは、基礎的なテクニックからキャラクターやストーリー制作まで学ぶ事が可能です。

総合アニメコースでは、様々なスキルを学ぶ事ができる上に、ある程度まで好きな分野を選んで勉強する事もできます。

まとめ

大阪にある専門学校でも、充実した設備を完備している上に、優れた教育システムを用意している所は、何校もあります。

実際に、多くのパソコンやソフトが用意されていたら、様々な操作方法を学べるので、デジタルの漫画を制作したい方には、魅力的なポイントです。

そのため、関西に住んでいる方で、東京へ上京する事が難しい場合には、大阪で学んでみるのも悪くはありません。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校