おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

実技試験はある? 声優専門学校の入学試験ではどんなことをするの?

   

声優の専門学校に入りたいと思ったら、やっぱりそこではどんな入学試験が行われているのかということが気になりますよね。

実際声優専門学校では、どのような試験があるのでしょうか?

ここではそんな、声優専門学校の入学試験の内容についてみていきたいと思います。

準備する必要があると思ったら、これらを参考に準備していってください。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

声優専門学校では書類と面接の試験が多い

声優専門学校の入学試験では、書類審査と面接という試験項目であることが多いです。

これはいうなれば、他の学校で言うところの推薦入試のようなものですよね。

なので、比較的に楽な試験科目であることは間違いありません。

しかもその面接も、そこまで厳しいものではないんです。

顔合わせのようなものであることが多い

声優専門学校の面接は、いわゆる顔合わせのようなものであることが多いんです。

だから、簡単な質問で熱意を確認したり、人柄を確認したりするだけです。

あまりにもやる気がなかったり、明らかに学校の風紀を乱しそうな場合には、そこで落とされることもあるかもしれませんが、だいたいの場合で面接で落とされるということはありません。

特に面接で非がないのに落とされてしまうのであれば、そもそも最初から書類審査を通さないでしょうから。

基本的には人は多くしたいと考えている

専門学校の多くは、それが声優専門学校であっても違う専門学校であっても、人を多くしたいと考えています。

それはそうです。

専門学校は基本的には私立です。

だから、生徒から収入を得て運営していくしかないんです。

となればやはり、生徒が多いほうが収入は安定しますよね。

なので、生徒はたくさん採用したいと考えるものなのです。

それなのに厳しい試験をかして落としてしまっていたら、それが出来なくなります。

そうならないように、基本的には受かるようになっているのが、専門学校の試験なのです。

もちろんすごく人気の専門学校であれば、生徒の数が定員に対して多くなりすぎてしまって、落とさざるを得なくなることもあります。

でも、そうそうそこまで人気の専門学校はありません。

そこまでの人気の専門学校であればそもそも定員も多いですし、そうなることは多くないんです。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

筆記試験があるところもある

ただとはいえ、声優の専門学校にもいろいろなところがあります。

だから中には、書類審査プラス面接という試験だけではなく、筆記試験を受けないとならないこともあります。

なので、何も準備をしなくても受かるところばかりだというわけではないんです。

でもこの筆記試験も、実はそこまで身構えるほどのものではないことが多いです。

常識的な筆記試験レベル

筆記試験というと、大学入試のようなレベルを想像する方もいるかもしれません。

でも声優の専門学校の筆記試験でそこまでのレベルを求められることはまずありません。

だから、たとえ筆記試験があったとしても、そのレベルはいわゆる常識テストというレベルであることが多いです。

基本的な常識を抑えておけば、そこまで難しいと感じることはないです。

ただそういう基本的な常識すらも怪しいという場合には、多少のことは勉強しておかないとならないということも出てきます。

声優にも多少の学は必要

実際声優にも、多少の学は必要になります。

たとえば台本をもらった時に、読めない漢字ばかりだったりしたら、全然話は進まなくなります。

それでは周りに迷惑をかけてしまうことになります。

事前に台本をもらえるのであれば、別に事前に勉強しておけばよいだけですから、そこまでの問題にはならないかもしれません。

でも声優では、いきなり台本を渡されていきなりナレーションを入れたりしないとならないことも出てくるんです。

そんなときに漢字が読めないと、どうしても迷惑をかけてしまいます。

だからそうならないように、ある程度の学はつけておく必要があるんです。

筆記試験は、将来のことを考えるとあってもおかしくない試験なのです。

実技試験があることもある

声優の専門学校には、筆記試験や書類審査、そして面接に加えてさらに、実技試験があるところもあります。

実技試験がある声優専門学校は、決して多くはありません。

そもそもこれから声優になりたいと考えている人たちが声優専門学校に行くのに、現時点で高いレベルを持っていることなどまずないからです。

でも、中には実技試験があることもあります。

だから、そういうところを受験したいと思うのであれば、実技試験の準備もしないとなりません。

実技試験の内容

では実際、そういう声優専門学校の実技試験ではどのようなことが行われているのでしょうか?

それは台本読みだったりすることが多いです。

つまり、あるいは実際に感情を入れて読むこともあるかもしれませんが、そこまで複雑なものではないことが多いです。

そして実際、たとえ実技試験をやらされるとしても、この時点ですごく高いレベルを求められているということはそうそうありません。

実技試験では照れないことが大切

では実技試験では何を見られているのか。

それはやはり、適正です。

たとえば声優志望でこの学校に来ているのに、いざ人前で声を出すとなったときに、照れてしまって全然できなかったらどうでしょうか?

今後もそのままである可能性は高くなります。

そしてそんな人はまず声優として採用されることはないです。

だからむしろここで落としてあげるのが優しさになります。

適性を見ることはこちらのためになることでもあるんです。

でも、やはり声優になるためにはここをパスしないとなりません。

だから実技試験を受ける際には、とにかく照れずに思い切ってやりきることが大切になります。

将来の自分を想像しつつ、声優になったつもりで取り組むと良いでしょう。

やっておくべきは印象を悪くしないための訓練くらい

基本的には面接や書類審査だけになりますから、まずやっておくべきは、印象を悪くしないための訓練になります。

たとえば、きちんと目を見てしゃべることだったり、声を大きくしてしゃべることだったり。

そうした基本的な好印象を与えるポイントさえおさえておけば、面接は問題ありません。

筆記試験があり、かつよほど常識的なことに弱い場合であれば、それの勉強もしておかないとなりませんが、それにもそこまで時間はかからないはずです。

日々ニュースを見ていれば、何となくできるようになったりもします。

実技試験では大切なことはスキルではなく度胸ですから、それもあまり問題はありません。

だから基本的には、声優専門学校の試験では、そこまで困ることはないんです。

なるべく簡単な選考に所に行くのもあり

でも中には、できれば筆記試験も実技試験もないところに行きたいという方もいるでしょう。

実際、そういうところもたくさんあるので、別にそういう試験があるところを避けることだってできるんです。

もし絶対に落ちたくないと思うのであれば、そういう実技試験などがあるところを避けて応募することもおすすめできます。

まとめ

声優の専門学校の試験は、基本的には書類審査と面接であることが多く、まれに筆記試験や実技試験があることもあるというのが、ここでの結論です。

でも、いずれにしてもどれもそこまで身構える必要はありません。

だから、そういうところの勉強をするよりも、どこの学校に行けばより声優になることができる確率があがるのか、そういうことを調べるのに時間を費やした方が良いこともあります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校