おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

年齢制限はあるの?プログラミングスクールには何歳まで通える?

   

最近では、プログラマーの需要はすごく高くなってきています。

だから、未経験からでもプログラマーになりたいと考えている人も多いでしょう。

ただそこで気になるのは、やはり年齢です。

未経験からプログラマーになるのに手っ取り早いのはプログラミングスクールに行くことで間違いありませんが、プログラミングスクールには年齢制限はないのでしょうか?

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

プログラミングスクールには年齢制限があることがある

まず結論から言うと、プログラミングスクールには、残念ながら年齢制限があることがあります。

たとえば20代限定とか、そういうところは珍しくありません。

もちろん特に年齢制限がないところもありますが、年齢制限があるところもあるのは事実なので、もしプログラミングスクールに行きたいと思ったら、少しでも若いうちに動き出すのがおすすめです。

だいたいが20代までという年齢制限

プログラミングスクールの年齢制限は、大体の場合で20代限定というものです。

だからたとえば、25歳以下とか、そういう厳しめの年齢制限はあまりありません。

中には35歳くらいまでと比較的にゆるめにしてくれているところもありますが、それでも多いのは20代限定なので、やっぱり早めに動くに越したことはないんです

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

なぜ年齢制限があるのか

でも、そもそもどうしてプログラミングスクールに年齢制限があるんでしょうか?

別に何歳からだって学びたい人には学ばせてあげればいいじゃないかと思うものですよね。

プログラミングスクールに年齢制限がある理由の多くは、就職支援があるからです。

プログラミングスクールでは、多くのところで就職支援のサービスがあります。

つまり、せっかく覚えたスキルを使って就職しようということなのですが、そこで年齢がネックになってくるんです。

やっぱりプログラミング未経験の人を採用するときに、その人が40歳くらいだったら、将来性にはあまり期待できなくなります。

では逆に20歳だったらどうでしょうか?

20歳であれば、たとえ今はスキル的にそこまで優れていなくても、これからどんどん成長してくれることが容易に想像できます。

しかも、40歳の方と比べると、最長で20年も長くこの会社で働いてくれることになるんです。

もちろん実際には転職などをして、すぐにいなくなってしまう可能性もありますが、それを無視すれば倍近く勤めてくれる期間が違ってくるんです。

人を採用するのにも、それを育てていくのもコストがかかります。

コストをかけるのであれば、長くいてくれた方が良いと思うのは当然です。

だから、やっぱり若い人の方が採用しやすくなるんです。

体力的に若い人の方が採用されやすいことも

また、若い人の方が採用されやすいのは、体力的な問題もあります。

40代ともなると、やっぱり体力は衰えています。

20代と比べると比べ物にならないでしょう。

そしてプログラミングの仕事は、意外と体力を使います。

バグを発見して処理するなど、高い集中力を求められますし、ずっとパソコンの前に座っているのは意外とすごく疲れるんです。

だから、高い体力が求められます。

明らかに若い方が体力があるんですから、若い人の方が採用されやすいのは当然なのです。

採用されてなんぼの世界

プログラミングスクールは、採用されるとその採用した企業側から報酬がもらえるという仕組みであることが多いです。

ということは、採用されてなんぼなんです。

でも、年齢が高くなると、その分採用されない可能性も出てくる。

だから、あまり年齢が高い人をプログラミングスクールにいれても意味がないんです。

特に無料のプログラミングスクールではそうです。

有料のプログラミングスクールであれば、別に授業料も収入になりますから、採用されなくてもそこまで問題にはなりません。

でも無料の場合は、その報酬こそが収入源になるわけですから、採用されないというのは死活問題になるんです。

だから、無料のプログラミングスクールの場合には特に、年齢制限があることが多いです。

年齢が高い場合にはどうすればいいのか

では、すでに30代40代である程度年齢が高い場合、どうすればよいのでしょうか?

そこからプログラマーになるのはあきらめた方が良いのでしょうか?

そんなことはありません。

そこからプログラマーになりたいと思ったら、二つの選択肢があります。

まず一つはやっぱり、年齢制限のないプログラミングスクールに通うことですね。

年齢制限がないところもあるんですから、そういうところであればしっかりと通うことができます。

ただ、たとえそういうところでも、やっぱり若い人たちの中に混じって勉強することになるので、ちょっと抵抗がある方もいるでしょう。

では、その場合にはどうしたら良いのか。

それが二つ目の選択肢です。

その場合にはやっぱり独学で学ぶしかありません。

今の時代、独学でも学べる環境はすごく整っています。

ブログでの広告収入や動画サイトでの広告収入が当たり前となっている時代ですから、自分が持っているプログラミングのスキルを発信してくれている人はすごくたくさんいるです。

さらに、プログラマーの需要の高まりとともに、プログラミングを勉強するための本もたくさん出ています。

だから、そうした本とネット上の先生を併用していけば、独学でもなんとかなることはあります。

独学は効率はすごく悪くなる

このように確かに独学でも学ぶことはできますが、独学で学ぶことには大きなデメリットがあります。

それが、効率がすごく悪くなること。

独学で学ぶ場合には、わからないところは最悪わからないままになることがあります。

そうすると、後々出てくるところもわからないことが出てきたりと、謎が連鎖してしまいます。

結果、せっかく勉強したのに、その本の半分くらいしか身にならないということが出てくるんです。

それはすごく効率が悪いです。

だから、基本的には年齢制限がないプログラミングスクールに通うというのが一番おすすめです。

年齢が高くても採用されることはある

でも年齢が高いと、せっかくプログラミングを学んでも採用されないのではないか?

と思いますよね。

どうせ採用されないのであれば、学んでも意味がなさそうに思えるのは当然です。

ただ、別に年齢が高いからと言って、採用されないわけではないんです。

確かに若い人材と比べると採用されづらいのは事実です。

でも、年齢がある程度高くても採用されている人はたしかにいます。

実際、プログラミング業界は人手不足であることも多いですから、これからの将来性とかそんなことを言っていられないところも多々あるんです。

だから、別に採用されないわけではありません。

ということはつまり、お金を払ってプログラミングスクールに行くだけの価値はあるということなのです。

もちろんスキルはより必要になる

ただもちろん、そうして年齢がある程度高い中で採用されていくためには、高いスキルが必要にはなります。

プログラミングは技術職ですから、ある程度のスキルがないといけないのは当然です。

年齢が高いと、自然とその高いスキルを期待してしまうのもまた、事実なのです。

まとめ

プログラミングスクールには、残念ながら年齢制限があるところがあります。

だからプログラマーになりたいと思ったら、1年でも早く行動に移した方が良いです。

ただ、だからといって年齢制限から漏れてもあきらめる必要はありません。

年齢制限がないところもたくさんありますし、年齢が高くても採用されることはありますから。

それが、ここでの結論になります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - プログラミングスクール