おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

愛知県にある漫画家を目指せる専門学校の特徴をまとめてみた

   

漫画家を目指そうという人にとって、どの専門学校に進むかは大切な選択でしょう。

漫画家を目指すことができる専門学校は、出版社が東京に多いということもあり、東京にあるとイメージされがちです。

ですが実際には東京には三分の一があるだけで、東京以外にも40校以上あるのです。

そこで今回は、その中でも愛知県にある漫画家を目指すことができる専門学校の特徴を紹介していきます。

スポンサーリンク

あいち造形デザイン専門学校

あいち造形デザイン専門学校は愛知県名古屋市千種区にある専門学校です。

デザイン学科とクリエイティブ学科の2つの学科があり、漫画家を目指す場合にはクリエイティブ学科のコミックアートコース、もしくはマンガコースを目指すことになります。

そんなあいち造形デザイン専門学校の特徴を紹介していきます。

あいち造形デザイン専門学校のコース

漫画家を目指すことができるコースは2つあることを紹介しました。

コミックアートコースでは、ペンタブレットを用いてのイラスト作成をメインにして学んでいきます。

元々は商業デザインやプロダクト、ファッションなどで利用されていましたが、近年ではマンガ界でもデジタルによる作画が取り入れられ始めたため、需要が増えてきました。

ペンタブレットを用いたイラストレーションの技術や3DCGなどをはじめ、手描きでのデッサンや構図なども学んでいくことができます。

マンガコースでは、漫画家としての実力を身に着けるため、キャラクター設定やコマ割りの技術といった基礎的な技術からデジタルツールなどの応用技術まで身に着けることができます。

希望者には出版社への持ち込み指導なども受けることができます。

あいち造形デザイン専門学校の特徴

あいち造形デザイン専門学校の一番の特徴は、先端教育力・基礎教育力・実践教育力の三位一体のサポート体制です。

先端教育力として、プロの漫画家を講師として迎え、現場を知る人だからこそできる授業を取り入れています。

また、実際にトップクリエイターをスーパーアドバイザーとして迎え、特別講義を行ってもらうこともあります。

基礎教育力としては、新入生がその後の学校生活を安心して送ることができるようにするために、「入学後1ヶ月集中トレーニング」として、2年間での学びの基本となる「デッサン力」「色彩力」「まんが基礎力」を入学後1ヶ月の間に集中して学び、基盤を固めています。

実践教育力では、在学中に実践の機会を増やすために、企業や公共団体からの依頼にこたえる「産学連携授業」を行っています。

企画・制作だけでなく現場での具体的なプロセスも学ぶことができます。

スポンサーリンク

名古屋デザイナー学院

名古屋デザイナー学院は愛知県名古屋市中区にある専門学校です。

グラフィックデザイン学科、マンガ学科、アニメーション学科、ゲーム・CG学科、インテリアデザイン学科、プロダクトデザイン学科、ファッションデザイン学科、メイク学科の8つの学科があります。

名古屋デザイナー学院のコース

名古屋デザイナー学院で漫画家を目指す場合には、マンガ学科に進むことになります。

この学科はさらにマンガ専攻とコミックイラスト専攻に分かれています。

どちらでも漫画家になるための技術を学ぶことはできますが、コミックイラスト専攻では、イラストレーターとしての教育も強くなってくるので、マンガ専攻の方がおすすめです。

マンガ専攻はさらにマンガ家コース、マンガ作画コース、マンガ原作コースの3つのコースに分かれています。

名古屋デザイナー学院の特徴

名古屋デザイナー学院の一番の特徴は、産学共同プロジェクトです。

学科ごとに応じた企業とタイアップして企画や制作を行うことになります。

企業からの要望に応えるのではなく、学生側からも提案を行い、お互いに意見を出し合いながらプロジェクトを進めていくことになります。

打ち合わせや企画会議に参加したり、プレゼンテーションを行うこともあり、実践的なスキルを身に着けることができます。

マンガ学科では、アワーズ株式会社サブカルクールジャパン事務局から提供された課題や実践を行っています。

また、1人1代の液晶タブレットとトレース台が完備されているマンガアトリエや、2,000冊以上の漫画資料など設備も充実しています。

放課後だけでなく土日も教室は解放されているので、自分のタイミングで作業などを行う場を確保することもできます。

トライデントデザイン専門学校

トライデントデザイン専門学校は愛知県名古屋市中村区にある専門学校です。

この学校には3年制の総合デザイン学科のみがあります。

この学科はさらにビジュアルデザインコース、CGデザインコース、インテリアデザインコースの3つに分かれています。

トライデントデザイン専門学校のコース

総合デザイン学科は3つのコースに分かれていますが、どのコースに進んでもコース横断選択科目としてマンガ・イラストレーションを学ぶことができます。

逆に言えば、マンガを専門としたコースはありません。

ビジュアルデザインコースではデザイナーとして働くことを目指しています。

CGデザインコースではデッサン力を意識したキャラクターやイラストの作成からデジタルデザインに関することまで学ぶことができます。

インテリアデザインコースでは立体造形や建築空間について学んでいきます。

漫画家を目指す場合には、CGデザインコースがおすすめでしょう。

そのため、ここからの特徴では、CGデザインコースをメインとして扱っていきます。

トライデントデザイン専門学校の特徴

トライデントデザイン専門学校の特徴は、レベル分け授業です。

デッサンやPCスキルといった分野では、習熟度のレベルごとにクラスを分けて授業を行っています。

それにより、各個人に合わせたペースで技術を身に着けることができるので、授業についていけない、授業が簡単すぎるといったことが無くなるようになっています。

日本マンガ芸術学院

日本マンガ芸術学院は愛知県名古屋市中村区にある専門学校です。

メディアアート学科のみがあり、そこからさらにマンガコース、コミックイラストコース、小説クリエイトコース、声優タレントコースに分かれています。

漫画家を目指す場合には、マンガコースもしくはコミックイラストコースに進むことになります。

日本マンガ芸術学院のコース

マンガコースでは主に漫画を描くための技術などをプロデビューにフォーカスを当てて学んでいくことができます。

コミックイラストコースでは、マンガ・アニメ文化から派生したコミックアート独特のテクニックなどを学んでいくことができます。

どちらのコースでも漫画家を目指すことができますが、よりマンガに特化しているのがマンガコース、イラストに特化しているのがコミックイラストコースとなります。

日本マンガ芸術学院の特徴

日本マンガ芸術学院の一番の特徴は、3年制のカリキュラムを選べる点です。

この3年生のカリキュラムでは、授業は午前中のみで午後は空き時間となります。

そのため、学費などを稼ぎながらの地力進学や、積極的に出版社への持ち込みを行うための制作時間を作ることもできます。

漫画の制作には時間がかかるため、学校生活と両立しようとすると睡眠時間などを削らなければいけません。

ですが午後が自由に使えることで、そういったことを犠牲にせずに在学中から出版社へと持ち込む作品を描いたり、技術を高めるということができます。

名古屋デザイン&テクノロジー専門学校

名古屋デザイン&テクノロジー専門学校は、愛知県名古屋市中区にある専門学校です。

スーパーゲームクリエーター科、ゲームクリエーター科、デジタルメディア科、総合マンガ科、総合デザイン科の5つの学科があります。

名古屋デザイン&テクノロジー専門学校の専攻

名古屋デザイン&テクノロジー専門学校で漫画家を目指す場合には、総合マンガ科に進むことになります。

この学科はさらに、プロマンガ専攻、コミックイラスト専攻、ライトノベル&小説作家専攻に分かれます。

どれも3年制になっています。

プロマンガ専攻では、プロットから仕上げまでの徹底指導を受けることができ、最新技術やデビューを目指した技術を学ぶこともできます。

コミックイラスト専攻では、マンガだけでなくイラストレーターになるための教育も受けることができます。

名古屋デザイン&テクノロジー専門学校の特徴

名古屋デザイン&テクノロジー専門学校の一番の特徴は、Wメジャーカリキュラムです。

幅広い分野を学びたいという学生に向けて、自分の専攻以外の授業も追加学費なしで受けることができます。

これにより幅広い技術を身に着けることができ、自分だけの強みを作ることができるので、デビューや就職へと繋がっていきます。

また、実際にプロと同じ仕事の工程を経験するために、「企業プロジェクト」も行われています。

このプロジェクトでは実際に企業協力の元で課題提供を受け、企画提案などを行うことができます。

まとめ

地方にある専門学校は、東京と違い都道府県内に多くの学校があるというわけではありません。

そのため、だからこそできるような指導内容があることもあります。

デビュー実績や指導体制などもしっかりしていて、地方だからデビューできないということはありません。

重要なのはそこで何を学ぶかということです。

ぜひ愛知県にある専門学校も進路選択の候補にしてみてください。

参考URL・参考文献・根拠など

http://www.design.ac.jp/
http://www.n-designer.net/
https://design.trident.ac.jp/
https://www.ndanma.ac.jp/nma/
https://www.nca.ac.jp/creative/?gcl…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校