おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

本当は辛い? 声優の専門学校に行ったけど辞めてしまった5つの理由

   

誰もが夢を見て専門学校に通うことが多いですよね。

その中には様々な思いを胸に通うような人が多いはずです。

最近ではアニメやドラマなどの吹き替えなど、声優の役職というのはとても注目されています。

特に歌って踊るというようなアイドル活動をしているような声優も多いです。

そんな声優になりたい!

と思うような人は多いはずです。

専門学校に行って声優になりたいと思い、その夢を叶えるために有名な専門学校へ行く人もいるでしょう。

しかしながら実際に入学をした後というのは、簡単になれるという程甘くないです。

実際に考えていたものとは違い、多くの挫折をしてしまった人もいます。

そんな声優の専門学校に行ったけれど辞めてしまったという、5つの理由について詳しくお話します。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

声優という認識

皆さんは声優という仕事をどの様に思いますか?

例えばアニメの声を出すような人、ドラマの吹き替えなどをする人、というような認識が一般的には普通だと思います。

しかしながらこの声優になりたいと思うような人は数多くいると思うのです。

言うのであれば、将来の夢として叶えたいがために専門学校に行くというような人が多いです。

実際入学をしてみて、最初は張り切るのですが、途中からどうしても上手くいかないというような事が多いのではないかと思います。

特にこの様な実力が物を言う職業なので、どうしても実力が出せない人というのは挫折を味わってしまうのです。

皆さんもこの様な経験があるのではないかと思いますが、実力社会というのはこの様な場所にもあるのです。



私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

スポンサーリンク

最近では注目をされている

声優というのは当初注目をされていない職業の1つでした。

しかしながら最近では注目をされてきているのです。

その理由というのは、声優なども歌って踊るアイドルのような活動をし始めているからというのもあるでしょう。

アニメなどと聞くとどうしてもオタクのような男性が見るというような考えの人が多いです。

しかしながら近年では、男性も女性もアイドルなどを好きになるような傾向が多く、特に歌って踊る声優達を応援するような人も多くなりました。

この傾向というのは、アニメやマンガ、ゲームなどがどんどん進化と遂げているからなのではないかと思います。

歌って踊るアイドル

歌って踊るアイドルと聞くと今ではAKB48であったり、乃木坂46というようなアイドルグループを想像しますよね。

このアイドルグループを今では知らないという人が少ないのではないかと思いますが、今となっては国民的人気アイドルにもなっています。

しかし、この様な歌って踊るというグループは、実はアニメやゲームの世界にもいるのです。

アニメであれば可愛い女の子たちが集団で歌って踊るというアニメであったり、ゲームであればそのアイドル達を自分が育て上げるというようなゲームもあります。

その際に声優という人に注目がいくという事になるのです。

いわゆるアニメやゲームは架空の人物ですが、声を出している人は声優になりますよね。

なのでアイドルグループと同じように、ライブなどをして歌って踊る声優というようなものが最近では注目をされているのです。

それを夢みて声優になりたいと思うような人も多いのではないでしょうか?

最近では声優の人達も、ライブというようなものを多くするので、アニメやゲーム界でのアイドル的な存在になっているのかもしれません。

実際に辛くて辞めてしまう5つ理由

声優の専門学校に行っていたというような人は数多くいます。

では今現在は何をしているのかというと、その夢を諦めフリーターになっていたり、別の職業についていたりするというような人が多いのです。

声優になりたいという思いで行ったにも関わらず、ほとんどの人が挫折をしてしまっているのです。

その理由というものが必ずあるのですが、どの様な理由があると思いますか?

皆さんが考えているような事と合っていると思うかもしれませんが、実際にこの様な場所というのは、実力がものを言う所なのです。

声優が辛いというのは誰もが思うことだと思います。

しかしながらどうしても叶えたいのに挫折をしてしまう、辛いと思い辞めてしまう人が多いです。

ではどの様な理由があったから辞めたと思いますか?

その5つの理由について詳しくお話します。

[稽古が辛い]よく専門学校であるような話ですが、役者であったり声優、また歌手などもそうですが、稽古が辛いという事が多いです。

例えばですが、声の出し方や演じ方というのは何万通りとある訳です。

その中でもその演じ方を直ぐに出せるのかと言われると、最初は辛いのではないかと思います。

他にも、どうしても人と比べられてしまうような世界なので、他の人より声量が小さい、何度もやり直しをするといった辛い環境になっているのが現実です。

この様に稽古が辛いので、それに耐え切れず辞めてしまうというような生徒が大半を占めているのが1つの理由です。

いわば、ちゃんとした声優になれるというのは100人入学したとして、1人か2人という割合にもなっています。

その他の人達は途中で辞めてしまうか、声優として卒業をしたけれど仕事が少なく、他の職業についてしまっていたりするということが多いのです。

実際にところ、簡単に誰でもなれる訳ではない、という事になります。

人間関係

どうしてもこの様な声優の専門学校というのは人間関係にも影響が出ます。

例えば仲の良い友人ができたとしても、その友人が先へと進んでいくのを目の前で見てしまったり、一緒に卒業をしようと思っていたら、いつの間にかその相手が辞めていたりするというような事もあるのです。

人間関係がとても激しく様々な人と巡りあえるものの、夢を叶えるために多くの人が入学をしてきましたが、その中で本当に仲の良い人というのは極僅かだという辛さがあります。

実際に実力が物を言う場所なので、どうしても人間関係といった仲良しでするような場所ではありません。

その人間関係に悩まされるような人が多いというのも、辛いと思い辞めてしまう原因なのではないかと思います。

声優になりたいという気持ちが冷めてしまう

どうしても辛いことが多いと、その場から逃げてしまいたいと思いますよね。

当初は夢を見て入った声優の専門学校でも、今では辛い場所として頭が覚えてしまいます。

そこで声優になりたいという気持ちが冷めてしまうというような人も多くいるのです。

時には欝になってしまったり、精神的な病気になるというような人もいます。

会社で働くというような環境にいるので、どうしても耐え切れないという理由で辞めてしまうという人も多いのです。

実力を理解したから

声優学校に入るとどうしても自分自身の実力というものがハッキリと分かるようになります。

入る前は、素質があるのではないかと周りから言われたり、応援を受けて入るような人が多いです。

しかしながら実際に入ると、自分の実力というものに当たってしまい「私ではなれないのではないか?」と考えてしまうような人が多いのです。

その実力を知ることで、周りとの差を感じてしまい、諦める人が多いのも理由の1つです。

どうしても実力のある人が前へと進んでしまうので、努力をしている人が認められるという世界ではありません。

現実は厳しいので、どうしてもそれを入学してから理解をするというような人が多いのです。

まさに実力社会

この様な声優の専門学校というのは、基本的に実力社会であるから辛いという事があります。

実力を出さなければ生き残ることができないという環境なので、実力を出せずに辞めてしまうような人達が多いのも事実です。

この様な世界で生き抜くためには、どうしても実力を磨き成長をすることが必須になります。

他の人には負けないという気持ちを持ち、夢を諦めない人達が声優へとなれたのです。

その事を痛感し、簡易になれるものではないという事を理解して、辞めていくような人もいたのです。

諦めないためには

辛い時こそ人に相談をするということをおすすめします。

特にこの様な業界というのはどうしても実力がものを言うので、実力がない人達を落としてしまうことが多いです。

諦めないためには、辛さを軽減したり、目標を再確認することが必須になるでしょう。

そして諦めないことというのは、自分自身の気持ちを強くもしてくれるので、精神的にも楽になります。

よくリラックスをする環境を作ることがおすすめというような話も聞きますが、プライベートの時間も確保するようにすることで、辛さを乗り越えることができます。

諦めないためにも様々な工夫が必要となるでしょう。

まとめ

皆さんが思うような事とは少し違ったイメージがあると思います。

どうしてもこの様な声優の専門学校というのは、実力を出さなければ生き残ることができない世界です。

そして実力だけではなく、人間関係や精神的に辛いというような事もたくさんあります。

逃げ出したくなることも多いです。

簡単になれるようなものではありません。

しかしながら、声優になることを夢見て諦めない人も必ずいます。

私はやり抜くという覚悟、そして成長をすることができるという自信があるのであれば、是非その夢を叶えてください!

辞めていった人たちの分まで、私がなるというような意識も大事になることでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 声優の専門学校