おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液タブの使いやすさはどこで決まる?快適に描くための5つのチェックポイント

   

HUION 液晶タブレット Kamvas GT-156HDV2 アンチグレアガラス搭載15.6インチフルHD超薄型デザイン液晶

液タブでスラスラと絵を描くためには、使いやすさが重要になってきます。

使いやすさを感じられないものだと、「うまく描けない」「なかなか進まない」と悩むことも多くなります。

そのようなストレスを防ぐためには、使いやすさをしっかり維持することが大切です。

では、使いやすさをチェックするにはどこを見ればよいのか、詳しく説明していきましょう。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

描くときの角度

角度は、液タブの使いやすさを左右する重要なポイントになります。

もし自分に合わない角度だった場合は、スムーズに描き進めることができなくなります。

常に違和感があるため、「使いにくい」「描きにくい」という不満がどんどんたまっていくのです。

快適に作業するためには、必ず適切な角度で使うようにしましょう。

視差がなくなる角度で

角度が悪いときは、視差が発生しやすくなります。

液タブは、透明な板を一枚挟み、その上から描くような状態になるため、ペン先と実際に引かれる線の間に、微妙な差が生まれたりします。

それが、視差と呼ばれるものです。

最近は視差が出にくいものが多くなっていますが、油断は禁物です。

安くてあまり性能がよくないもだと、角度によっては、視差が気になってしまうこともあります。

角度をチェックするときは、「視差が気にならない」ということをしっかり押さえておきましょう。

スタンドを活用

液タブには、スタンドが付属しているものが多くあるので、角度を調節するならぜひ使ってみてください。

スタンドで少し立てた状態にすれば、ぺったりと置いたときの角度より、かなり描きやすくなることがあります。

もし付属のスタンドがない場合は、何か角度をつけて固定できそうなものを探しましょう。

譜面用のものでも、液タブを固定できれば特に問題はありません。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

表面の滑り具合

液タブの表面はツルツルしているので、「ちょっと滑りすぎなのでは?」と感じることもあります。

そのような違和感も、使いにくくなる要素のひとつです。

表面が滑りすぎると、ペンをうまく止めることができません。

必要のないところまで滑り、何度もやり直すことになるため、作業が滞るようになるのです。

紙のように

液タブでスラスラと絵を描くためには、滑りすぎないことが大切です。

適度に抵抗がある状態なら、滑って描きにくくなることはありません。

つまり、紙と同じ状態に近づける必要があるわけです。

紙の表面は、液晶画面のようにツルツルではありません。

わずな凸凹があるため、滑りすぎることがなく、思いどおりに描けるようになっています。

液タブを使うときも、そうした抵抗をプラスすれば、紙のような描きやすさを再現することができるのです。

フィルムで解決

描くときに適度な抵抗を加えるためには、描き心地を変える機能のあるフィルムに頼りましょう。

液タブに貼る保護フィルムの中には、傷や汚れを防ぐだけでなく、滑りを抑えて描きやすくできるタイプもあります。

表面が特殊な形状になっているため、液晶画面に貼り付けておけば、うまい具合に抵抗をプラスできるのです。

少しでも紙に近づけ、失敗を減らしていきましょう。

熱の伝わり方

液タブは、長く使っていると表面が熱くなることがあります。

予想以上に熱くなったりするため、「火傷するのでは?」と不安になることもあるくらいです。

そんな状態では、使いやすさを感じることができません。

使いやすくするためには、手に伝わる熱をできるだけ抑える必要があります。

手袋やアームカバー

絵を描くときの熱さ対策には、手袋やアームカバーなど、肌の保護ができるものを装着する方法がおすすめです。

布で肌を覆っておけば、画面の熱がもろに伝わることはありません。

それなら、熱さに悩まされず、快適に描くことができるのです。

専用の手袋もあるので、熱さを防ぐならしっかり用意しておきましょう。

アームカバーは日焼け対策で重宝されるアイテムですが、肌を隠すにはぴったりなアイテムです。

ただし、夏は蒸し暑くなる可能性もあるため、吸湿発散性の高いタイプを選んでおいてください。

画面を汚さないために

画面が熱くなると、発汗も活発になってきます。

手が汗でベトベトになっていれば、画面をひどく汚すこともあるので、注意しなければなりません。

そのためにも、手袋やアームカバーをうまく利用していきましょう。

布が手汗を吸収してくれるため、画面への影響を防ぐことができます。

夏はかなり汗をかきやすいので、しっかり対策をしてください。

目にかかる負担

目にかかる負担の程度も、使いやすさに大きく影響するポイントです。

あまり負担がかかりすぎると、目が疲れてしまい、快適に描けなくなります。

そうしたデメリットを排除しなければ、本当に使いやすい液タブにはできません。

眼精疲労などを防ぐためにも、目の負担を和らげるようにしてください。

反射はよくない

液タブの画面に光が反射していると目が疲れやすくなるので、注意してください。

板タブと違い、液タブは液晶画面に直接描き込んでいきます。

そのため、反射した光が目を直撃することも多くなるのです。

余計なダメージを与えないためには、そうした反射をなんとか抑える必要があります。

刺激が少ない状態なら、ひどく疲れるようなことはありません。

フィルムで軽減

反射による目の負担を防ぐためにも、保護フィルムが役立ちます。

画面に貼ることで反射を軽減できるタイプなら、目が疲れすぎることはなくなります。

ブルーライトを防ぐフィルムもあるので、長い作業を楽にこなすためには、しっかり用意しておきましょう。

周囲の環境

液タブの使いやすさに注目するなら、液タブ本体だけでなく、周辺の環境にも気を配るようにしましょう。

周りの環境が使いやすさを低下させることもあります。

注意しておきたいのは、狭くて窮屈な机です。

そのような机では、液タブを回したいときに困ってしまいます。

手元の液晶画面に直接描き込む液タブは、紙を動かして描きやすくするように、回しながら作業することができます。

しかし、机が狭いと、あまり自由に動かせなくなってしまうのです。

広い机で

窮屈さによるデメリットを防ぐためには、なるべく広い机を使うようにしてください。

液タブを置いてもスペースに余裕があるなら、回して描きやすくする方法も、簡単にできるようになります。

また、資料などを見やすく配置できる点にも注目です。

狭いと置くところがなく、本を重ねなければならないこともあります。

広い机を使っていれば、余裕をもって並べることができるため、より作業しやすくなるのです。

部屋の大きさと相談する必要はありますが、可能ならL字型などの大きめの机をチェックしておきましょう。

高さもチェック

液タブを使いやすくする机を選ぶなら、高さの確認も忘れてはいけません。

自分に合わない高さだと、肩がこってしまします。

これは、デスクワークなどでよくある失敗なので、液タブを使うときも注意してください。

体への負担を軽減するには、ちょうどよい高さの机を選んでおきましょう。

腕を不自然に上げなくて済むようなら、少しくらい長い作業でも、肩へのダメージを抑えることができます。

まとめ

液タブの使いにくさは、絵のクオリティに影響してくる要素です。

使いにくいものを無理に使っていても、よいものを描き上げることはできません。

それを防ぐためには、ここで紹介したチェックポイントを確認していきましょう。

デメリットを取り払い、できるだけ使いやすくなるように工夫していけば、納得できる絵を描けるようになります。

参考URL・参考文献・根拠など

https://illust-info.xyz/ekitab-pent…
https://illust-info.xyz/ekitab-tuka…
https://world-creation.com/liquid-c…
https://simatei.com/tablet-gloves
http://www.02320.net/arm-cover-for-…
https://pentablet.club/hogofilm
https://www.bauhutte.jp/bauhutte-li…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶ペンタブレット(液タブ)