おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液タブを使うときの机はどう選ぶ?チェックポイント5選

   

液タブは、液晶画面にペンを当てて描くタイプのペンタブレットです。

デジタルで絵を描くときは、とても便利なアイテムになりますが、作業する環境には注意しなければいけません。

設置する机が合わなかったりすると、便利なアイテムを使っていても、不便に感じる点が出てきます。

では、液タブ用の机を選ぶときのポイントについて、詳しく説明していきましょう。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

奥行きがあるか

液タブを使うための机なら、奥行きがあることは外せないポイントになります。

奥行きがない机は、液タブを置くためのスペースを確保しにくいので、かなり窮屈な状態で作業をすることになります。

パソコンの液晶モニタを置き、さらに液タブも設置するとなれば、十分に奥行きがあるものを選んでおくべきです。

特に、サイズの大きいものを使うときは注意してください。

サイズの大きい液タブは、かなりのスペースを占領することになるため、下手をすると設置できないことがあります。

使いたい液タブのサイズを考えながら、なるべく余裕のある机を探すようにしましょう。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

幅が広くなっているか

液タブを使う環境を窮屈にしないためには、奥行きだけでなく、横の幅も必要になってきます。

いくら奥行きがあっても、幅が狭いようでは、気持ちよく絵を描くことができません。

幅が広く、ゆったりと使えるものであれば、狭さを感じなくなるものです。

余計なストレスを防ぎ、楽しく描けるような環境を整えましょう。

資料を置くスペース

液タブで絵を描くときは、いろいろと参考資料が必要になる場合もあります。

それらをしっかり揃えておくためには、やはり幅が重要です。

幅が狭い机を使っていると、液晶モニタと液タブを置くだけで、ほとんどのスペースが埋まってしまいます。

そうなると、他のものをうまく置くことができません。

ちょうどよいスペースがない場合、不安定なところしか使えず、片手で資料を支えながら描くような状態になることもあります。

そうしたデメリットを防ぐためにも、幅の広い製品を選ぶようにしてください。

探し物がすぐ見つかる

机の幅が広いと、何がどこにあるのか、すぐわかるようになります。

これは、探し物をするときに助かるポイントです。

幅が狭い場合、資料などを置くことができたとしても、ゴチャゴチャした状態になる可能性があります。

十分なスペースが確保できないため、重なったり隠れたりしてしまい、必要なものをすぐに見つけることができません。

何かを探す時間が無駄に長くなると、絵の方がなかなか進まなくなることもあるのです。

スムーズに作業を進めるためにも、なるべく広いものを探しましょう。

L字で広々と

幅の広さに注目するなら、形もよく見ておくべきです。

通常の四角い形ではなく、L字型のものを使うと、スペースをたっぷり確保することができます。

面積が広く、大きめのサイズになっているため、参考資料だけでなく、プリンターなどの周辺機器を置きたいときも役立ちます。

マルチモニタ環境の構築にも重宝されているので、液タブを置くための机としてもおすすめのタイプです。

使いやすいものを購入するなら、選択肢に加えてみてください。

高さが合っているか

机の高さが自分に合っていない場合は、絵を描きにくくなることがあります。

高すぎると、腕も高い位置に持ち上げておく必要があるため、疲れやすくなります。

低すぎるものは、描いているうちに背中が丸くなってしまい、正しい姿勢を維持することができません。

姿勢が悪い状態で長時間座っていると、体に負担をかけてしまうことも多いので、高さはしっかりチェックしておいてください。

ちょうどよい高さの机なら、快適に作業を進めることができます。

調節できるものを

さまざまなタイプの机の中には、高さを好きなように調節して使えるものもあります。

そのようなタイプは、疲れないベストな位置を探しやすくなるため、とても便利です。

自分に合ったちょうどよい高さで絵を描くためには、そのような機能もうまく利用していきましょう。

いろいろな位置を試して、最も使いやすい状態にできれば、ストレスを防ぎ、気持ちよく絵を描くことができます。

肩こりを防ぐ

高さが合わない机を無理に使い続けたりすると、首や肩の筋肉に負担をかけてしまいます。

そうなると、肩こりに悩まされることが多くなります。

合わない机を使ったことによる肩こりは、デスクワークでありがちな失敗のひとつです。

液タブで絵を描くときも、筋肉に負担をかける高さだと、同じことが起こってしまいます。

なるべく楽な状態で描くためにも、高さは必ず確認しておきましょう。

棚がついているか

机に棚がついたタイプを使うと、パソコンの液晶モニタと液タブを上手に配置することができます。

棚の上に液晶モニタを置くと、液タブと重ならないため、どちらの画面も見やすくなります。

何もないフラットな机を使った場合、すっかり重なる位置になることが多く、不便に感じてしまうものです。

しかし、棚を利用すれば、位置をうまくずらすことができるため、作業しやすい環境をつくることができます。

角度をつけても安心

棚を使って位置をずらしておくと、液タブに少し角度をつけても、液晶画面の方が見にくくなる心配はありません。

フラットな机だと、角度を変えたことで液晶画面が隠れたりするので、ちょうどよい位置を探すのに苦労することがあります。

棚を利用すれば、そうしたデメリットを防ぐことができるのです。

便利なものをどんどん活用して、なるべく描きやすい状態にしておきましょう。

周辺機器を設置できる

棚があるタイプを使うと、プリンターなどの設置場所も簡単に確保することができます。

これは、机の上のスペースを広くすることにもつながるポイントです。

周辺機器を棚の上に上げてしまえば、机のスペースが空くことになるため、より広々と使えるようになります。

机に置くアイテムが多くなりそうなときは、ぜひ棚を利用してみてください。

スライダーがあるか

液タブを使うときの困る点としては、キーボードの位置もあります。

大きな液タブを設置したりすると、キーボードの置き場所がなくなり、どう配置するか悩んでしまうものです。

これはよくある問題ですが、スライダーがついたタイプを選ぶと、すんなり解決することができます。

スライダーにキーボードを乗せることができれば、机の上のスペースを空けるために悩む必要はありません。

後付けは方法に注意

スライダーは、別売りのものを購入して、あとから取り付けることもできます。

ただし、そのときは方法に注意してください。

スライダーには、穴をあけてネジで止めるタイプと、金具で挟むクランプタイプがあります。

固定力が高いのはネジを使う方ですが、穴をあけられない場合は、クランプがおすすめです。

取り付ける机をよく見て、相性がよい方を選んでおきましょう。

キーボードをきちんと乗せられるか

スライダーは便利ですが、キーボードのサイズと合わない場合は、うまく置くことができません。

そのため、スライダーを使いたいなら、余裕のある大きさを選ぶようにしてください。

キーボードとスライダーの幅をよく見比べて、確実に乗せられるものを用意しておきましょう。

まとめ

液タブは、画面に直接描くタイプなので、普通に紙に描くような感覚で作業を進めることができます。

そうした描きやすさを損ねないためにも、机の選択は慎重に行うようにしましょう。

ここで紹介したポイントを細かくチェックしていけば、自分に合った使いやすい机が見つかります。

作業を妨げない机で、快適に絵を描いていきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶ペンタブレット(液タブ)