おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液タブ初心者の方!初めて液タブ買う人必見の情報教えます!

      2020/01/28

ワコム 液タブ 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD DTK-1301/K0

液タブとは液晶タブレットのことで、専用のペンを使い液晶パネルに置いて使うものです。

画面自体に直接、文字や絵を描ける仕組みです。

紙に絵を描く感覚と全く同じような感じで使うことができます。

デジタルイラストを描けるということです。

漫画家さんやイラストレーターから、最近では一般の方にも多く使われ始めています。

それでも、普及し始めてきた液タブのことを知らない方もたくさんいると思うので紹介したいと思います。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

液タブと板タブの違い

通常、液タブと板タブのことをペンタブと言います。

ペンタブとはペンタブレットの略です。

では、液タブと板タブは何が違うのか説明します。

液タブ

先に説明した通り、液晶画面がタブレットになっていることです。

専用のペンで直接、画面に絵を描きます。

もっと簡単に例えると、パソコンの画面やスマホの画面にペンで絵を描くということです。

画面に直接絵が描けるという点がいい面であり、紙に書くような感覚で使用でき、慣れるまで時間がかかりません。

液晶なので、その分価格が高いというデメリットもあります。

板タブ

板タブのことをペンタブと呼ぶ方が多いです。

板状のタブレットの上でペンを動かし絵を描きます。

タブレット上には何も見えないので、接続したパソコンの画面を見ながら操作します。

手元は見ずに操作するので慣れるまでに少し時間がかかります。

マウスを動かす原理と一緒です。

価格が液タブよりも圧倒的に安いのがメリットです。

安いものでは1万円以下で買えるものもあります。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

初心者が買うなら板タブ

絵を描くのが好きで、購入を迷っている方やこれから購入しようと思っている方に、3つのポイントを説明します。

価格

初心者なのに、いきなり高価なものを買う必要はありません。

買ってみて、全然使いこなせないなんてなってもいいように、初めて買うのは安さ重視で大丈夫です。

安くても、良いものがたくさんあります。

筆圧

筆圧の数値が高いほど、細かい作業もストレスなくはかどります。

スペック

タブレットとパソコンのスペックを調べて合ったものを選ぶことです。

また、機器だけでなく、ご自身のスペックも理解しておくことが重要です。

機器関係が全く苦手な人が、機能満載なタブを買っても使いこなせないないので注意しましょう。

初心者でも液タブを使いたい

上記で説明しましたが、でも、どうせ買うなら液タブを買いたいと思う方もいると思います。

簡単に使いこなせるのは液タブのほうだと思うので、価格を除けば液タブの方が圧倒的におすすめです。

長く使うものだから、最初から良いものを買いたいと思うのも心理ですよね。

初心者が選ぶおすすめポイントを紹介します。

価格

板タブと違って高価で、最新のものになると20万以上したりするので、自分のお財布と相談してから決めましょう。

インチ

小さいものから大きいものまで豊富です。

13インチくらいなら、横になりながら作業できますし、21インチ以上のものとなれば設置して使用するようになります。

筆圧

板タブ同様、筆圧が高い数値ものであれ貼るほど、細かい作業がスムーズにできます。

液タブおすすめランキング

現在、たくさんの種類の液タブが出ていますが、価格も安いものから高いものまで様々です。

種類がたくさんありすぎて迷ってしまいますね。

実際、どんな製品が人気なのか紹介します。

ワコム 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD DTK-1301/K0

ワコム 液タブ 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD DTK-1301/K0

スラスラ描ける、画像がきれい、製品自体のサイズは小さめでも画面は大きい。

機能が豊富なのに、使いやすい。

価格は6万から7万円前後で、初心者のかたにもおすすめです。

XP-Pen 液タブ 液晶ペンタブレット 15.6インチ バッテリフリースタイラス フルHD 筆圧8192レベル 6個エクスプレキー Artist15.6

XP-Pen 液タブ 液晶ペンタブレット 15.6インチ バッテリフリースタイラス フルHD 筆圧8192レベル 6個エクスプレキー Artist15.6

筆圧の感度が高く、大きなコントラスト、シャープで鮮明な画像が自由に描けます。

指でのタッチ操作ができないのがデメリットですが、機能性は抜群です。

価格は液タブの中でもかなり安く、4万円しないで買えるところが魅力です。

GAOMON 15.6インチIPS液晶ペンタブ 10個ショートカットキー 8192レベル充電ペンとスタンド付き液タブPD1560

GAOMON 15.6インチIPS液晶ペンタブ 10個ショートカットキー 8192レベル充電ペンとスタンド付き液タブPD1560

コストパフォーマンスが抜群で今、人気急上昇の液タブです。

いろいろカスタマイズでき、自分に合った機能を設定できるので、スムーズに操作ができます。

価格も4万円前後で購入できます。

HUION 液晶タブレット Kamvas GT-156HDV2 アンチグレアガラス搭載15.6インチフルHD超薄型デザイン液晶 スタント付き

HUION 液晶タブレット Kamvas GT-156HDV2 アンチグレアガラス搭載15.6インチフルHD超薄型デザイン液晶 スタント付き

液晶画面が光や反射などをふさぐガラスが使用されているため、光を気にすることなく作業がはかどります。

ペンは充電式で、ペン先も付属として付いています。

価格は5万円前後です。

ワコム Wacom Cintiq Pro 13 液晶ペンタブレット 13.3 インチ Full HD 液晶タブレット Wacom プロペン2付属 Mac Windows 対応 DTH-1320/K0

ワコム Wacom Cintiq Pro 13 液晶ペンタブレット 13.3 インチ Full HD 液晶タブレット Wacom プロペン2付属 Mac Windows 対応 DTH-1320/K0

画面がとても綺麗な上、筆圧の感度も抜群です。

なめらかなフルフラットのガラス仕上げになっていて、紙に書くのと同じ感覚で作業できます。

価格は15万円前後と高いです。

液タブのデメリットも知りたい

良いところばかりではなく、悪い面もしっかりおさえて購入したいところです。

液タブや板タブ、両方にメリットやデメリットはあるので、よく理解した上で購入しましょう。

安物と言っても、決して安い買い物ではありません。

良いところだけでなく、悪い面もしっかりと確認してください。

なんと言っても価格

目に見えてわかるのが、価格です。

液タブは板タブと比べてもやはり高いです。

ピンからキリまでありますが、高いものはパソコンなんかよりも平気で高くなってしまいますので、自分のスペックに合わせて選んでください。

反応が悪い カクカクする

安いものは海外製のものがほとんどです。

中には反応が悪いものもあります。

反応が悪いと、作業ペースが落ちますし、イライラもします。

ペン先の寿命 ペンが反応しない

ペン先は消耗するので、替えなくてはいけません。

替えが付属としてついているものもあれば、ついていないものもあります。

使おうと思ってたとき、替えがないなんてなると作業ができません。

ペンが反応しない理由の一つに、ペン先の寿命もあるので、常に替えがあるかチェックした方がいいです。

手で絵が隠れる

これは仕方ないと言えばそれまでですが、板タブと違って絵が隠れるという事です。

普通の紙に絵を描いていても、手で見えなくなる部分がありますよね?

それと同じ原理です。

気にしない方もいれば、板タブを長年使っていた方などは気になる傾向にあります。

液タブの設定の仕方や使い方

液タブを購入して、さっそく使おうとしても使えないなんてことならないようにある程度知っておくことがあります。

液タブの設定

液タブを買って、梱包を剥がしていきなり使える状況ではありません。

購入したメーカーによって設定の仕方は違うので、説明書をしっかりよんで行いましょう。

海外製品でも日本語の説明書がついてくるはずです。

設定して、作業環境を整えてからようやくスタートです。

使い方

液タブを購入してもパソコンと繋いで作業する方がいいと思います。

タブレットは自分の描きやすい位置に調節します。

ペンの使い方は普通のペンと一緒です。

とにかく、慣れるまでは、自分でいろんな機能を使ってみるということが大切です。

使わなきゃ何が起きるかなんてわかりませんので、たくさん使って慣れるということです。

液タブの購入場所

インターネットから家電量販とさまざまなところで買えます。

ネットならAmazonがおすすめです。

製品も豊富ですし、口コミを見て決めるのもいいと思います、ヤマダ電気やケーズ電気などで、スタッフと相談しながら自分に合ったスペックを買うのもいいと思います。

まとめ

液タブと言っても、板タブのようなものもありますし、いろんなタイプの製品があります。

難しく考えず、スマホやパソコンと一緒だと考えればいいと思います。

スマホも自分に合ったものを選びますよね?

液タブも同じ考えで選ぶと良いです。

Windows7で使えるもの使えないものもあるので、必ず所持しているパソコンを確認してください。

最近はWindows10搭載の液タブも出てきました。

海外製品は、初期不良が多いという声もありますので、口コミなどを必ず隠して納得した上で購入してください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液タブ(液晶ペンタブレット)