おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶テレビは何を基準にして選べば良いかが分かる4つの知識

   

テレビの購入を検討する時、今は液晶を選ぶ人がほとんどではないでしょうか。

では、液晶テレビってどんなものか知っていますか?

液晶テレビは他に見た目が似ている有機ELテレビもあります。

購入に際して、それぞれの特徴を確認して選ぶポイントなどをチェックし楽しいテレビライフを過ごして下さい。

スポーツ観戦やライブ映像などスペシャルなイベントも綺麗な画像で見たいですよね。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

テレビの種類

 液晶テレビとプ有機ELテレビは似ているため、見た目での違いが分かりません。

映像を作りだす光に違いが有ります。

他にも目に優しいのは?

費用はどっちがお得?

など比較したい項目は沢山有ります。

メリット・デメリットなどの特徴を確認して賢く選んで下さいね。

液晶テレビ

色のついたフィルターにバックライトを使って映像を映し出しています。

画面が見やすく、消費電力が少ないのが家計に優しいですね。

また、バックライトを使用しているため黒色が浮く現象が起こりグレーに見えてしまうことが有ります。

動きの早い映像だと残像が残りやすいのもデメリットの一つです。

画面サイズが豊富ですし、液晶テレビの方がまだまだ主流のようです。

有機ELテレビ

電圧をかけると発光する有機物をディスプレイに使用しています。

有機EL自体が光るため色のコントラストがハッキリしているため高画質の映像を楽しめます。

動きの早い映像にも対応していて綺麗に対応出来ますのでスポーツ観戦などに適しています。

デメリットとしては消費電力が液晶テレビよりも係り寿命も短いです。

サイズも小さい物が無いので選択肢が狭くなりますが大画面で見たい!

という人にはおすすめです。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

テレビを知ろう

 テレビを購入しようと思っても色々な単語が飛び交っていて種類なのか機能なのか分からない事が有ります。

ここでは、よく耳にするけど説明するのは難しいものをご紹介したいと思います。

テレビは何年も使用するものなので少しでも理解して選ぶ事も楽しんで下さい。

4Kテレビ

4Kと言う言葉を聞いた事が有るでしょうか?

最近では8Kと言う言葉まで出てきています。

4Kはこれまでの液晶テレビよりも解像度が大きいと言う事です。

つまりは画面が細かく、質のよい画像を楽しむ事が出来ます。

ちょっと前にNHKで4Kをアピールしていた事もありましたね。

フルHDテレビ

フルHDテレビは一般的に主流の液晶テレビです。

解像度が4Kテレビよりも落ちますがサイズが豊富なので選択肢が広がります。

ですが、今後は綺麗な画像が提供出来る4Kテレビが主流になると予想されます。

ダブルチューナー

テレビに搭載される2つのチューナーの事です。

チューナーとはテレビを受診するための機器で、2つあると同時に視聴も出来るし録画も出来ます。

これは液晶テレビにもプラズマテレビにも付いています。

LEDバックライト

液晶テレビはバックライトを使用していますが、そのライトがLEDの物を言います。

白の色純度が高くて発光効率が良いので明るく表示出来ます。

細かい光の調節が出来るので階調性も上がっているので暗い場面でも綺麗に見えます。

3Dテレビ

付属の専用メガネを使用して3Dとして映像を見る事が出来ます。

左右の目に入る映像が交互に入れ替わり表示させるので画質度が高いです。

ただ3Dに対応した番組や映像コンテンツが無いと見れませんので、コンテンツを探すのが大変かも知れません。

録画先は3つある

録画先も選べるのを知っていますか?

「内蔵HDD録画」「内蔵ブルーレイ録画」「外付HDD録画」の3つです。

内蔵HDD録画は、テレビ本体のHDDに録画できる物でリモコンで簡単に操作が出来ます。

内蔵ブルーレイ録画は、本体にブルーレイレコーダーが内蔵されているので別途買う必要がなく操作もリモコン一つで出来ます。

外付けHDD録画は、USBケーブルとハードディスクをつないで録画する物です。

内蔵のHDDでは容量が足りない時などに市販の物で対応出来ます。

比較してみよう

 結局のところ、液晶テレビと有機ELテレビのどっちが良いのでしょうか。

気になるキーワードについて確認してみましたが、もう少しだけ詳しく見てみましょう。

テレビは部屋の一部で生活には無くてはならないものです。

実際に買い物をする時の参考として下さい。

消費する電力

液晶テレビは元々、消費電力は少ない方でしたが、最近はLEDを使用している物が多く更に電力が少なくてすみます。

有機ELテレビは、有機自体が光るため消費電力も大きいし、画面サイズも大きいので電力を消費してしまうのです。

画質が綺麗なのは

液晶テレビは、カラーフィルターとバックライトを使用しているので黒浮きするし、早い動きだと映像が残ってしまいます。

有機ELテレビは、有機自体が発光しているため黒浮きの心配がなく、色表示も再現力が高いです。

寿命も気になります

強いて言えば液晶テレビの方が、寿命が長いと言えます。

今はLEDを使用している物が多いおかげで24時間つけっぱなしでも10年は使用出来るそうです。

有機ELも液晶より寿命は短いとされてきましたが今は同じくらいの性能の物が有りますので、寿命での比較は難しいと言えます。

サイズは

液晶テレビは小さいサイズから大きいタイプまで様々な物が有ります。

有機ELは40V型くらいからしか有りませんので6畳以下の部屋ではちょっと大きすぎるかも知れません。

テレビは部屋の大きさに合わせて選ぶようにすると、画面からの距離や圧迫感などのバランスが取れて良いと思います。

LEDバックライトは2種類

LEDを使用している物は画面の後ろ側にバックライトが配置されています。

この配置方式により見え方が違ってきます。

配置方式は2種類あり「直下型」「エッジ型」で、直下型はパネルの背面にびっしり敷き詰められていて発光量を調整し高いコントラストを表現します。

エッジ型は画面の縁部分にしか配置されていないため、画質が劣ります。

ですが、消費電力が抑えられるし、薄型にしやすいので価格も抑える事が出来ます。

機能をチェック

 普段は気にしてない機能や用語をご紹介します。

そんな事は分かっていると言う人も、なんなくの人も再確認していれば、買う時に迷わず判断出来ますし、知識として覚えておくと参考になります。

基本操作以外にも出来る事がいっぱいあるとテレビを見るのが楽しくなります。

もっと快適な生活で自由を手に入れて下さい。

インターネット接続

テレビとインターネットを繋げて映画やスポーツの生中継などを楽しむ事が出来ます。

また、テレビのクイズに答えたり、地上波では見られないコンテンツなども見れます。

ブロードバンドや動画配信サービスなどに繋げて映像を楽しむなど楽しみは尽きないですね。

画面分割

画面を2種類に分割出来る機能です。

機種によりますが、テレビの番組2つを並べたり、テレビとゲームとか、その場に居る人のニーズに答えて一緒に楽しむ事を目的としたものです。

外部機器

外部機器に繋げると連携が取れるので便利です。

主に「HDMI端子」「ARC」「MHL」の種類です。

HDMIはテレビとレコーダーを繋ぐものですが、その際に光ケーブルが必要になることも有ります。

ARC対応機器ではHDMIケーブルだけで接続が可能です。

MHLはスマホなどのモバイル機器に接続してテレビに映像を映し出すことが出来ます。

VOD

VODという単語を目にした事はないでしょうか。

映像コンテンツを配信している会社から貸与された機器や映像選択画面に登場していると思います。

これはインターネット利用して好みの映像を有料で見る事が出来るものです。

沢山の会社が提供していますので、自分にあった配信会社と契約して楽しんで下さい。

まとめ

テレビを購入しようとした時、種類が沢山あって店頭で即決出来るひとはあまりいないでしょう。

機器類に苦手意識を持っている人には尚更、面倒で嫌になってしまいます。

ですが、液晶テレビもどんどん進化して色々な楽しみ方が出来るようになりました。

知るほど世の中の動きが分かったような気がするし、知識が身について賢くなったようにも思います。

エンテンツも豊富なので楽しんでいる自分を想像しながら選んで見るのも面白いですよ。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ