おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

液晶モニタに傷がついたらどうする? 修復のための3つのポイント

   

10枚セット クリーニングクロス マイクロファイバー 凹エッジ良い手触り メガネスマホレンズ楽器拭きクロス ブラック 18x15cm

液晶モニタは、普段の生活で頻繁に使う商品のひとつです。

そのため、汚れたり傷ついたりすることも多く、大切に扱わなければなりません。

しかし、長く使っていれば、思わぬ事故で傷がついてしまうこともあります。

そんなときは、適切な方法を用いれば、傷を消すこともできるのです。

では、液晶モニタの傷を消すときのポイントについて、詳しく説明していきます。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

消しゴムを使おう

液晶モニタの画面に傷がついてしまうと、何か作業をするときでも、動画などを見るときでも、かなり気になってしまうものです。

常に傷がある状態だと、画面を見づらく感じてしまうこともあります。

それを解消するためには、まず消しゴムを使ってみましょう。

このときに用意する消しゴムは、特別なものではなく、普通の商品で構いません。

字を消すときに使う、一般的な市販の消しゴムがあれば十分です。

それを使い、画面についた傷を優しく擦ってください。

丁寧に擦っていれば、画面についた白い傷が、だんだん消えていきます。

あまりひどい傷だと効果がない場合もありますが、ちょっとした傷なら、この方法でしっかり修復することができるのです。

ただし、擦るときは間違っても力を入れないようにしてください。

消えにくい傷だからといってゴシゴシ擦ると、画面を傷めてしまいます。

すぐには消えなくても、優しく擦っていれば、確実に効果が得られるのです。

どうしても消えない場合は、無理をせずに別の方法を検討しましょう。

どのタイプでも安心

消しゴムを使った方法は、どんな液晶モニタに行っても問題はありません。

液晶モニタの画面にはグレアとノングレアがあり、場合によっては不適切になってしまう方法もありますが、消しゴムであれば、画面がどちらのタイプでもデメリットはないのです。

ただし、必ず優しく擦ってください。

強く擦りすぎれば、逆にどのタイプでも痛めてしまうことになります。

手入れをしながら長く使って行くためには、ただ傷を消すだけでなく、液晶モニタに余計なダメージを与えないことも大切です。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

コンパウンド剤を使おう

液晶モニタの傷を消すためには、コンパウンド剤を利用する方法もあります。

コンパウンド剤とは、ガラスを磨くときなどに使用されるもので、要するに研磨剤のことです。

これを使うと、物体の表面を少しずつ研磨することで傷を消し、きれいにすることができます。

液晶モニタの傷にも、このコンパウンド剤が優れた効果を発揮してくれるのです。

方法は簡単で、専用のクロスや液晶画面用のクリーナーにコンパウンド剤をつけ、優しく擦るように磨くだけです。

あとは、コンパウンド剤をきれいに拭き取れば、傷はすっかり消えてしまいます。

ただし、拭き取るときには、その辺にあるティッシュで雑に拭ったりしてはいけません。

柔らかいクリーニングクロスなどを使い、液晶画面にダメージを与えないようにしましょう。

ティッシュはとても身近なものであり、つい使ってしまいたくなりますが、液晶モニタの画面に傷をつける原因になってしまいます。

せっかく研磨して傷を消したのなら、最後まで気を抜かず、慎重に対応してください。

また、コンパウンド剤を使う前に、液晶モニタの溝をできるだけ埋めておくことも大切です。

そのまま磨き始めると、コンパウンド剤が溝に入り、とれなくなってしまうことがあります。

マスキングテープを使い、コンパウンド剤が入ってしまいそうな隙間を塞いでおけば、あとから困ることはありません。

ノングレアには注意

コンパウンド剤を使った方法は、基本的にグレアの商品が適しています。

ノングレアの液晶モニタにコンパウンド剤を使った場合、その部分だけが不自然にテカってしまうことがあるのです。

それでは、たとえ傷が消えても、別の意味で画面が見づらくなってしまいます。

一方、グレアの商品であれば、そうしたデメリットの心配はありません。

したがって、コンパウンド剤を使用するときは、液晶モニタの画面がグレアかノングレアか、最初によく確認するようにしましょう。

歯磨き粉を使おう

液晶モニタの傷の修復には、歯磨き粉も有効です。

歯磨き粉は研磨剤が含まれているものが多く、それをうまく使えば、コンパウンド剤のように研磨で傷を消すことができます。

コンパウンド剤ほどの効果は期待できませんが、小さい傷くらいなら、十分に修復することが可能です。

方法としては、歯磨き粉に少量の水を加えて少し薄め、それを傷に塗って擦るというものになります。

あとは、歯磨き粉をきれいに拭き取れば完了です。

使用する布は、コンパウンド剤のときと同じく、なるべく柔らかいものを使用してください。

もちろん、ゴシゴシと力を入れて擦るのも厳禁です。

これは、消しゴムと並んでかなり手軽な方法であり、家庭にある身近なものを利用できることがメリットになります。

コンパウンド剤を常に常備している家庭は少ないですが、歯磨き粉なら毎日使うものであり、用意する手間はかかりません。

必ず研磨剤入りの商品を

歯磨き粉で傷の修復をした場合、「思ったほど効果がない」と感じることもあります。

確かに、コンパウンド剤ほどの効果はないため、ひどい傷だと消すことはできませんが、問題はそれだけではありません。

歯磨き粉の種類によっては、小さな傷すらも修復できないことがあるのです。

そこで注意したいのが、研磨剤の有無になります。

歯磨き粉は、商品によって研磨剤を含まないものがありますが、それでは傷を消すことができません。

液晶モニタの傷に歯磨き粉が役立つのは、研磨の効果があるためであり、それがない商品を使っても、望んだ効果は得られないのです。

したがって、歯磨き粉を使うときは、まず最初に成分の表示を見て、研磨剤が入っているかどうか、よく確認してください。

液晶モニタの保護も大切

ここまでは、液晶モニタの傷を消すための3つの方法を紹介してきましたが、傷をつけないための工夫も、忘れずに行うようにしましょう。

傷の修復方法も大切ではありますが、そもそも傷がつかなければ、余計な手間をかける必要はありません。

最初から傷が少なければ、それだけ手入れが楽になり、時間を節約することにもなります。

そこでおすすめなのが、液晶モニタに貼る保護フィルムです。

これを普段から貼っておけば、汚れや傷がつく心配はなく、画面へのダメージを大幅に減らすことができます。

また、そうした保護フィルムは、単に画面をガードするだけの商品ではありません。

ブルーライトをカットしたり、映り込みを軽減したり、映像をより美しく再現したりと、さまざまな優れた機能を備えています。

保護フィルムを活用することで、液晶モニタをより快適に使うことができるのです。

使わないときはカバーを

液晶モニタの傷や汚れを防ぐためのアイテムとしては、専用のカバーもおすすめです。

むき出しのまま液晶モニタを放置していると、画面に傷がつく可能性は高くなりますが、カバーで覆ってしまえば、その心配はなくなります。

また、カバーを被せておけば埃を防ぐこともできるため、背面への汚れの蓄積もなくなり、液晶モニタを長持ちさせることができるのです。

なるべく大切に使って劣化を防ぐなら、こうした便利な商品を積極的に利用していきましょう。

まとめ

液晶モニタは、いつの間にか小さい傷がついてしまうことも多く、それを消すための方法はとても重要です。

ただし、適切な方法でなければ、逆にダメージを大きくしてしまうこともあるので、正しい消し方をしっかり把握しておかなければなりません。

そんなときは、ここで紹介したポイントを参考にしてください。

液晶モニタを保護しつつ、確実に傷を修復できれば、長く使い続けることができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ