おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

漫画の専門学校にはどんなメリットがある?4つの注目ポイント

   

漫画家として働くためには、専門学校に通う方法があります。

きちんと学校に通って勉強すれば、必要な知識や技術を身につけることができるのです。

しかし、それらは独学で学ぶ方法もあるため、「本当に通うべきだろうか?」といった疑問を感じることもあります。

そのような迷いが生じたときは、専門学校のメリットに注目してみましょう。

メリットの中に魅力を感じるものがあれば、学校を選んでも損をすることはありません。



スポンサーリンク

漫画の基礎をしっかり学べる

漫画の専門学校に通うと、漫画制作のために必要なことを一から学べるようになっています。

将来漫画の仕事をするのであれば、基礎を固めておくことは、とても重要です。

土台となる部分がスカスカの状態では、どんな仕事でもうまくいきません。

なんとかスタートすることはできたとしても、どこかで必ずボロが出てしまいます。

仕事で困らないためにも、基本的な知識や技術をきっちりと身につけるべきです。

そのためには、専門学校に通うことを検討してみてください。

独学では難しいことも

漫画の基礎をすべて網羅するためには、独学だと難しいこともあります。

これは、かなり幅広く学ぶ必要があるからです。

漫画制作のためには、ペンの上手な使い方をはじめ、コマ割りや演出、CGによる作画など、多くのことを勉強する必要があります。

それらをすべて習得しなければ、人を惹きつけるような素晴らしい作品は描けないのです。

もちろん、個人のセンスも重要な要素ではありますが、基礎が抜け落ちていたのでは、やはりレベルの高い作品は生み出せません。

漫画の仕事をするなら、基礎となる多くの要素を残らず学んでおくことが大切です。

しかし、さまざまなことを自分だけの力で学ぶのは、簡単なことではありません。

今はネットがあるため、わからないことを手軽に調べたりもできますが、間違った情報を鵜呑みにしてしまう可能性もあるため、注意が必要です。

また、答えの部分だけがポロリと出てくることも多いため、過程がよくわからず、深く理解できない場合もあります。

そうした独学のデメリットも、専門学校なら気にする必要はありません。

順を追って丁寧に教えてくれるので、1人で勉強するよりも確実に学ぶことができます。

授業の内容を確認

専門学校で基礎を学ぶためには、すべての技術を習得できる授業があるか、必ず確認しておくことをおすすめします。

どこか抜けていたりすると、あとで困ることになってしまいます。

例えば、絵を描くための技術は習得できても、ストーリーの作り方が学べないようだと、優れた作品にはなりません。

「絵はすごいのに話はいまいち」という中途半端な漫画家にならないためには、ストーリーについてもきちんと勉強しておくべきです。

そうした失敗を防ぐためにも、どんな授業があるのか、詳しく調べておくようにしましょう。

確認作業を怠らなければ、本当にメリットの大きい学校を見つけることができます。



スポンサーリンク

選択肢を広げることができる

専門学校では、多くの知識や技術を総合的に学べるように、さまざまなコースが用意されています。

キャラクターのデザインを学ぶコースや、シナリオを学ぶコース、デジタル制作について学ぶコースなど、漫画に必要なものがしっかり揃っているのです。

そのため、選択肢もかなり広がります。

漫画の仕事は、1種類だけではありません。

原作者としてかかわる人もいれば、ストーリー面を他の人に任せ、作画だけに専念する人もいます。

有名な漫画の中にも、シナリオ担当と作画担当の人が別々にいる作品は多くあります。

そのように、どこか一部に特化した働き方もあるわけです。

専門学校では、そうした勉強もしっかりできるようになっています。

それぞれの学校によって、特に力を入れている部分が異なるので、選ぶときは慎重に確認しておきましょう。

自分のやりたいことを明確にし、必要な要素をすべて学べる方向へ舵を切ることが大切です。

プロの漫画家が教えてくれる

漫画の専門学校では、すでに活躍しているプロの漫画家が講師になることもよくあります。

たまにある特別授業だけでなく、普段からクラスの担当を務める場合もあるのです。

これは、独学ではどうやっても得られないものであり、専門学校ならではのメリットになります。

独学では常に1人であり、プロとの接点はありません。

専門学校なら、わからないところを質問することもできますが、独学では時間をかけて調べることになります。

そうした違いをよく考え、講師がいることに大きなメリットを感じるようなら、専門学校を選んでおきましょう。

仕事で役立つことをたくさん学べる

プロの漫画家が講師である場合、その授業内容は、かなり実践的なものになります。

実際の仕事で通用する知識や技術を、たくさん教えてくれるのです。

独学の場合は、上辺だけなぞったような勉強になってしまうこともあるため、「仕事で役立つ」という点に注目すると、少し厳しいものがあります。

しかし、プロに教えてもらえる専門学校なら、本当に役立つことをしっかり習得できるのです。

また、プロとして働くための覚悟など、貴重な話もいろいろとしてくれます。

そうしたメリットに魅力を感じるなら、専門学校を検討してみてください。

モチベーションが上がる

憧れている漫画家に教えてもらうことは、モチベーションアップの面でも見逃せない要素になります。

勉強していれば壁につき当たることもありますが、それをクリアするためには、憧れている人や目標にしている人の存在が必要です。

褒めてもらえたりすると、大きな自信にもつながります。

これも独学では得られないメリットなので、進路を考えるときは頭に入れておきましょう。

デビューのためのサポートがある

自分だけの力で漫画家としてデビューするのは、かなり難易度が高い方法です。

新人賞への応募や持ち込みなど、デビューに必要なことはすぐに思いついたとしても、その手段まではわからなかったりするものです。

どうすればよいのかわからず、結局は失敗してしまうことも珍しくはありません。

しかし、専門学校なら安心です。

デビューのためのサポート体制が整っているため、わからないことがあっても、丁寧に教えてくれます。

編集部に評価してもらえる作品づくりのコツなど、デビューしやすくなる指導も多くあります。

そうしたサポートの必要性を強く感じるなら、独学より専門学校にしておきましょう。

持ち込みの場があることも

専門学校では、出版社の人たちを集め、持ち込みの場を設けてくれることもあります。

どうすれば持ち込めるかわからない人でも、それなら悩む必要はありません。

1人では解決できないことも、こうした専門学校のサポートがあれば、なんとか乗り越えられるのです。

確実に漫画の仕事をするためにも、専門学校のメリットをしっかりチェックしておいてください。

就職のサポートも

専門学校のサポートは、漫画家デビューだけでなく、就職もカバーしています。

入学したときから熱心に指導してくれるため、就職率がかなり高い学校も多いのです。

そのため、プロの漫画家以外にも、選択肢はあります。

就職に注目するなら、就職率や実績をチェックして、自分のプラスになる学校を選んでおきましょう。

まとめ

漫画家の専門学校には、独学では得られないような多くのメリットがあります。

どのように勉強していくか迷ったときには、そうしたメリットを思い出し、じっくり考えてみてください。

すでに高いレベルに達している場合は、独学でなんとかなる可能性もありますが、一から学ぶなら、専門学校のサポートはとても助かります。

自分にぴったりな学校を見つけて真面目に勉強すれば、仕事のための準備をしっかり整えることができるのです。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.hamano-manga-club.com/c…
http://www.mangaka-suCCess.com/debu…
https://vocationalschool-choiceguid…
https://www.vantan-game.com/faculty…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校