おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

漫画の専門学校のランキング4選! 短期間で画力がアップ?

   

日本国内には、漫画の専門学校が数多くあるので、どの学校に入学すれば良いのか悩んでしまう方はいるでしょう。

そのような場合には、学ランサイトで掲載されている人気ランキングの上位に、位置している学校を検討してみる価値があります。

しかし、上位の学校は、どれも魅力的な学校が多いので、学校を選びきれない方も多くいるはずです。

そこで、人気ランキングの上位に位置している4校について詳しく紹介するので、参考にしてみて下さい。



スポンサーリンク

アミューズメントメディア総合学院

『アミューズメントメディア総合学院』は、独自のカリキュラムを用意していて、多くの生徒たちの画力がアップできるような取り組みを行っているので、詳しく解説しましょう。

学校の特徴

専門学校で、スキルアップしたとしても、卒業した後にプロデビューできなければ、しばらくは好きでもない仕事をする事になってしまうでしょう。

有意義な時間を過ごすためには、卒業してから短期間でプロデビューする可能性を高める事が重要です。

それでも、長い時間をかけなければプロデビューできない方が多いのも事実なので、注意しなければいけません。

本校では、卒業した後でも『バックアップ』しているので、仮に卒業する際にプロデビューできなかったとしても、安心してデビュー活動をする事が可能です。

さらに『産学共同』や『現場実践教育』を行っているので、実践的なスキルを身に付ける事ができるので、プロデビューの可能性を高める事ができます。

学科の特徴

現代では、漫画を制作する環境が大きく変わってしまって、アナログの画材からデジタルの機器を利用する漫画家が増えてきました。

デジタルのイラストを制作するためには『液タブ(液晶ペンタブレット)』を利用できるようにする事が重要です。

実は、本校の『漫画イラスト学科』では、高い知名度を誇っているWacomの液タブを用意しているので、効率よくイラストを制作する事が可能です。

さらに、独自カリキュラムを用意している上に、講師が『個別作品指導』を行ってくれます。

このように充実した環境を整えているので、短期間で画力をアップしたい方には、おすすめの専門学校です。



スポンサーリンク

東京デザイナー学院

『東京デザイナー学院』では、漫画関連の専攻が多く用意されているので、あなたが特に学びたいと思っている分野で、才能を伸ばせる可能性が高いです。

それでは、どのような学校なのか紹介しながら、専攻の種類について解説していきましょう。

学校の特徴

専門学校は、学習期間が短いとは言え、学費が高いので簡単に入学する事はできません。

学費が安くないので、経済的に余裕がない方は心配になってしまう所ですが、本校では多くの奨学金を用意していて、第一種奨学金・第二種奨学金・東京都育英資金・東京都母子福祉資金・父子福祉資金などが用意されているのです。

さらに、プロの講師が在籍しているので、今まで画力をアップできなかった方でも、画力をアップさせる事は十分に可能です。

ただし、生徒自身も努力をしなければ、画力をアップさせる事が難しいので、ある程度まで努力をする必要があります。

学科の特徴

本校には、漫画に関連する専攻が3つも用意されていて、マンガ専攻・デジタルマンガ専攻・マンガストーリー専攻などがあります。

マンガ専攻では、基礎的なスキルから指導してくれるので、今まで漫画作品を制作してこなかった方でも、マンガ専攻で学べばプロデビューを目指す事が可能です。

さらに、漫画家だけではなくイラストレーターも目指す事ができるので、デビュー活動をする際に選択肢の幅を広げる事ができます。

デジタルマンガ専攻では、デジタルによって漫画作品を制作するための方法を学ぶ事に集中できるのです。

マンガストーリー専攻では、シナリオ制作からキャラクター設定まで学べるので、特にストーリーについて学んでみたい方には、おすすめの専攻です。

代々木アニメーション学院

日本のアニメ業界は大きく変化してきて、漫画家だけが活躍するだけではなく、多くのスタッフによって、漫画の映画が上映されるようになりました。

『代々木アニメーション学院』では、そのようなスタイルで漫画を制作する人材を育成しているので、詳しく解説しましょう。

学校の特徴

今まで入学した事がない専門学校を選ぶ事は、勇気がいる事なので、本校では『全国体験入学&説明会』を行なっています。

普通であれば、希望する専門学校の校舎まで行かなければ体験入学をする事ができません。

出張体験入学してくれるので、あなたの自宅から近い所で、体験入学する事もできるのです(全ての方が近所で体験入学できるとは限らないので注意)。

さらに説明会に参加したら『学生寮無料宿泊体験』もできるので、本校の学生寮が、どのような環境になっているのか確認する事ができます。

学科の特徴

本校は、漫画関連のものとして、アニメーター科・アニメ背景美術科・アニメ監督&演出科・アニメ音響科などがあります。

アニメーター科は、アニメーターになるための指導を行なっていて、魅力的なキャラクターを制作できるようになります。

アニメ背景美術科では、風景を制作できるようになるので、今まで立体的な絵を描けなかった方でも、以前よりは立体的な風景を描く事が十分に可能です。

アニメ監督&演出科では、アニメ業界を牽引できるような人材を育成しているので、多くのスタッフを動かしたい方におすすめの学科です。

アニメ音響科では、音の仕事をするので、漫画を描きたい方は注意しなければいけません。

それでも、漫画に関連する仕事である事に変わりはないので、学んでみる価値があります。

バンタンゲームアカデミー

『バンタンゲームアカデミー』では、多くの生徒たちが授業についていけるような取り組みを行なっているので、義務教育で授業についていけなくて苦労してきた方でも、才能を伸ばせる所です。

今まで、授業に追いつけなかった方にとって、興味深い学校だと思うので、その魅力に迫ってみましょう。

学校の特徴

専門学校によっては、プロの講師が在籍している所もありますが、プロの講師の人数が少ない場合があります。

講師陣が優秀でなければ、短期間で画力をアップする事が難しくなってしまうので注意しなければいけません。

実は、本校では現役のプロの講師が100%になっているので、短期間で画力をアップする事が十分に可能です。

さらに『少人数制』を採用しているので、今まで多人数のクラスで授業に追いつけなかった方でも、本校であれば授業に追いつける事ができます。

なぜなら、少人数のほうが、講師は生徒たちを指導しやすいからです。

学科の特徴

本校の『イラスト・マンガ学部』では、表現力・発想力・企画力が身に付けられるように、指導しています。

さらに『キャラクターデザイン』を行っているので、魅力的なキャラクターを描けない場合には、この学科で学んでみる価値があります。

さらに『コンテンツ制作』では、キャラクターや背景などを組み立てて制作する事ができるので、アニメーション制作会社で働いてみたい方には、学んでみたいと思える授業を受ける事ができるのです。

『企業連携カリキュラム』も行なっているので、在学中にプロの業界で必要とされているものを知る事ができるので、貴重な経験を積む事が可能です。

まとめ

漫画の専門学校は、学費が高くなっているので、入学するのに躊躇(ちゅうちょ)してしまう方は多いでしょう。

しかし、漫画の専門学校で学んだら、短期間で画力を高める事ができますし、デジタルの機器の操作法を学べる所もあります。

自分の好みに合う学校へ入学できれば、学習期間が短くなっていてもプロデビューできる可能性は十分にあるので、学んでみる価値があります。

参考URL・参考文献・根拠など

https://senmongakkou-gakuhi.com/man…
http://www.amgakuin.co.jp/contents/…
http://www.tdg.ac.jp/
https://www.yoani.co.jp/course/
https://www.vantan-game.com/faculty…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校