おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

漫画の専門学校を卒業した後の道は実は険しいことが多い

   

漫画と聞くと今では週刊誌などが代表的ですよね。

その週刊誌で飾れるような漫画家になりたいと誰もが思うはずです。

ですが実際には漫画の専門学校に行ったとして、プロの漫画家になれる人というのは極僅かです。

実は漫画家を目指す場合は少し険しく、卒業後の進路なども様々ですが、多くの人が他の職種についたり、まだ諦めていないというのが現状です。



スポンサーリンク

漫画家になりたい人は多い

漫画家になりたいという人は実は多いです。

それほど自分の思うような漫画を描きたい、漫画が好きだという人も多いということになります。

しかしながら実際に専門学校を卒業してプロの漫画家になった人というのは極僅かであり、ほとんどの人が別の道を歩んでいることも多いです。

漫画家になりたい人というのは多いですが、その分道が険しくなってしまうという事を覚えておくようにしましょう。

また、漫画家になりたくて専門学校に入っているという人もほとんどですが、中には漫画家ではなく別の道に進むために漫画の専門学校に入ったという人もいます。

様々な理由で入る人は多いですが、漫画家になりたい人が多く、別の道に進むことができる人というのは極僅かなのです。

漫画家になるというのはとても倍率が高く、いわゆる連載をするというのはとても道のりが険しいと言っても過言ではありません。

特に有名なところというのは日々漫画を描き続けて、長年連載をしていますよね。

そのレベルまでになりたいという人も多いですが、根気と努力が必要になるのではないかと思います。



スポンサーリンク

漫画家以外の進路

卒業をするということは、就職先などを決めないといけないですよね。

漫画家になりたいけどなることができないのは、実際に描いた漫画を週刊誌などを出しているところに売り込まないといけないからです。

なのでその漫画が仮にダメであった場合は、不採用という事になりますよね。

逆にその漫画が気に入られた場合は採用という形になるのではないかと思います。

多くの漫画家の人というのは、様々な場所に応募をしては不採用の繰り返しなのではないかと思います。

ですが諦めずに応募をし続けたからこそ、今の道があるのではないかと思うのです。

惜しくも慣れなかった人達というのは様々な就職先がありますが、どれも良いというものでもありません。

アシスタントになる

アシスタントとして漫画家の下で働くということもできます。

アシスタントというのは実際に募集している時は募集をしているので、細かくチェックをすると良いです。

給料なども良い場合もありますが、基本的に時間に追われるのがこの仕事なので、辛いと感じる人も多いでしょう。

しかし漫画家になることを諦めていない人であれば嬉しい仕事になります。

何よりその下で働くということは、学ぶことができるという意味でもあるからです。

専門学校に通っていたときとは違ったものを学んだりすることも多いです。

漫画家によっては、様々なことを教えてくれる人もいるでしょう。

アシスタントになることは実は良いことですが、倍率も激しいです。

誰もが漫画家になりたいという夢を諦めていないので、根気よく応募をするようにしましょう。

フリーターとして活動をする

まだプロの漫画家になるのを諦めていないという人で、アシスタントなどになれなかった場合はフリーターとして活動をしている人も多いです。

特にフリーで活動をするという人も多いのではないかと思います。

仕事があれば、それに応募をして、漫画を描いたりするというような仕事です。

基本的にはその漫画やイラストといった絵の仕事をすると同時に、普通にどこかの飲食店などでアルバイトをするという人も多いのではないかと思います。

フリーターとして活動をする人が多いというのは、まだ諦めきれていないからというのもあるのではないかと思います。

一般企業に入ることが難しい

実は漫画の専門学校を卒業した後というのは、基本的に一般企業に入ることが難しいです。

何故なら絵に関するような仕事は受け入れられても、一般企業であったり事務職といったものでは歓迎をされないからです。

この場合は普通の大学生の方が採用をされる確率が高いです。

仮に一般企業に入りたいという場合は、その企業の特徴を見て、面談などでも積極的に発言をしたりする必要があります。

絵に関することでは漫画の専門学校を卒業しているというのは武器になりますが、一般企業では趣味として捉えられることが多いです。

それほど一般企業に入ることが難しいので、なるべく卒業後の進路は早めに探すと良いでしょう。

一般企業に入りたい場合

普通の会社員として入りたい場合は、一般教養などに力を入れて勉強などをすると良いでしょう。

多くの企業が一次試験などを一般教養にしていることが多く、その成績も見られることが多いです。

全く無い状態でも面談がある場合、その面談で気に入られるという事があれば一次試験などを合格することができますが、厳しいです。

面談で気に入られる場合は人柄でということもあるかもしれませんが、その場合も稀な例となってしまいます。

どうしても一般企業から見ると、漫画の専門学校を卒業したというのは、企業側からにとって何もメリットとなるものがないですよね。

多くの企業がパソコンを使った事務作業であったり、書類の作成、売り込みといったものが多いです。

なので仮に一般企業のことを考えているという人は、漫画の勉強をしつつ一般教養についても勉強をしておくようにしましょう。

特にコミュニケーションは大事になります。

漫画家になるには時間がかかる

漫画家になるには時間がかかるということがあります。

言うのであればフリーとしてやっている人達というのは、アルバイトなどをしつつ漫画を描いてそれを会社に送るというような事をしているといるのです。

漫画家になるには、その漫画を気に入られる必要があり、多くの時間をかけてしまうことが多いのではないかと思います。

特に漫画というのは、今では代表的なものからマイナー的なものまで、多くの連載をしているプロの漫画家達ばかりです。

その中に入るということは、それほどの技術を持っていなければいけないという事にもなりますよね。

ただアルバイトをして漫画を描くというようなことだけではなく、もっと技術を上げるために様々な勉強をしないといけないのではないかと思います。

それは漫画の専門学校に通っているときから始まっているものだとも思います。

様々なコンテストであったり、大会というのもあるかもしれません。

積極的に参加をする必要があり、継続することをおすすめします。

勝負は専門学校に入ってから始まっている

専門学校に入ってから勝負は始まっています。

卒業後、プロになれる確率というのは極僅かですが、それの決めてというのは卒業間近ではなく、今までの経験も大事になります。

特に入学をしてからが勝負なのは、いかにどれだけの技術などを教わることができ、自分の漫画に活かすことができるのかというところです。

実際にプロになる人達というのは、ここからでも他の人達との差をつけていることが多く、影ながら努力をしている人達ばかりです。

まとめ

漫画の専門学校を卒業した後の進路というのは多くの人がプロの漫画家になっているという訳ではありません。

フリーターになる人であったり、一般企業に就職をするという人、様々いると思います。

ですが多くの人がプロの漫画家になることを諦めていないはずです。

辛い道のりであり、険しいと思いますが、プロを目指せるように努力をして、根気強くいきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校